<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 29日

サヨナラ、天涯孤独

というわけで、入籍しました。

b0028685_22573793.jpg


まさか、この私が左手に指輪を装着する日がこようとは。。。

つけ慣れていないので、違和感バリバリw

あまり自分のことは書かない本ブログですが、これくらい大きなことはメモ的に残しておいたほうがいいかな、と思うわけであります。

4月29日を選んだのは、たいした理由はないです。単に祝日を記念日にしたかった、というだけです。

加えて、どうせなら長期休暇の一発目にぶつけたほうが、テンションアップ率が高い(うおー! 休みだー! 結婚記念日だー! 的な)という判断で、この日になりました。

実に適当ですねw

母親を亡くしてから数年、マンションを借りることすら苦労する天涯孤独の身の上でしたが、それも、とりあえず卒業となります。

よかったよかった。。。

ちなみに、お相手がどんな人かというと。。。英語を話す人です。

え!? 日本人なの!? という大きな疑問を残しつつ、本記事を終わります(笑)
[PR]

by netnetnet_78 | 2016-04-29 14:19 | 雑記
2016年 04月 07日

真田丸 第一部完

真田丸の第一部、青春編が終わった。

第一部はずっと、え、これ、主人公、堺雅人の親父の草刈正雄じゃね? という感じで始まり、そして、終わった。そもそも、主人公は曲者系で頭がキレる設定なのだが、親父がそれに輪をかけてキレまくっていて、キャラがかぶっているのだ。これでは主人公が光らないのは無理もない。ナルトだと、ガイ先生が出てくるとロック・リーが活躍できないのと同じ理屈である。

堺雅人がにやにやしているだけで空気、長澤まさみがウザすぎる、と酷評されまくっているが、最終回直前の2話、西村雅彦が暗殺される話と、上杉家の話はなかなか面白かった。おお、これは。。。! と少し期待して第一部の最終回に望んだのだが。。。

な ん だ こ れ は。

わりと大きな合戦で、序盤の数少ない見せ場らしいのだが、堺雅人がにやにやしながら、がに股で旗を振っていただけである。いや、いいのだ。私は歴史オタクではなく、さほどこの戦に対して期待度はなかった。だから、いい。

ちょっと待て、と言いたいのは堺雅人の嫁、おうめちゃんである。

長澤まさみもいずれは堺雅人の側室になるらしいのに、おうめを娶った時点で「お前以外には嫁はとらん」と堺雅人に言われ、びんびんに死亡フラグが立ってしまった、おうめちゃん。死ぬのは死兆星が見えるくらい確実だったが、ようやく、ここでフラグが消化される。

別に死ぬのはわかっていたので、死ぬこと自体はどうでもいいのだが、いくらなんでも殺し方に無理がある。

側室扱いとはいえ、真田家の嫁であり、堺雅人の子供まで産んでいる。そんな人間が最前線で戦おうとしているシチュエーションがそもそもありえない。普通、戦場に出ようとしても家来に止められるだろう。

百歩譲って戦うなら戦うでもいいのだが、お乳をあげなきゃ、とか言って、ふらりと城に戻ったりするあたりも、何がしたいのか覚悟が見えない。最前線の兄からも、城内の長澤まさみからも、城にいろ、と言われているのに、それを無視してふらふら前線に出て、勝手にピンチになっているとか、もう救えないレベルである。

別に、戦いに無理して出ていく、そして、死ぬ、でもいいのだが、せめて何か、堺雅人のピンチを助けるでもして、意味のある死を迎えるべきだろう。ところが、おうめは勝手に最前線に出ていって死んでいくだけ。堺雅人はおうめの遺体を抱いて泣いていたが、こっちはぽかーんである。死に至るまでの展開がむちゃくちゃすぎて、まったく共感できない。いくらなんでも、キャラクターの扱いがずさんすぎる。

おうめはここで死ななきゃいけないから、脚本の都合で無理やり殺した、という解釈しか成り立たない。正直、がっかりである。

ネットだと、長澤まさみが調子に乗るおうめを暗殺した、というジョークもあるが、むしろ、その仮説もありかな、と思えるほどに、おうめの死は強引だった。それがとても残念である。
[PR]

by netnetnet_78 | 2016-04-07 21:47 | 雑記