<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 23日

ぼくのどくしょにっき 2014-5

今年は再び、活字の世界に舞い戻る!

というわけで、読んだ本とか映画を書き込んでいきます(現在進行系で更新)。点数は
5/絶対にオススメ!
4/わりとオススメ。そのジャンルが好きならば
3/そこそこ楽しめたけど、別に他人にはオススメしない
2/あんまり。。。
1/不愉快
?/面白さが評価軸ではない本

過去ログ
ぼくのどくしょにっき 2014-4
ぼくのどくしょにっき 2014-3
ぼくのどくしょにっき 2014-2
ぼくのどくしょにっき 2014-1

54.5/23GOSICK1 2点

ひたすら「ビクトリカちゃん、はぁはぁ」する作品。一応ミステリ小説に分類されるが、正直ミステリ小説と呼ぶには底が浅く、厳しい。ビクトリカちゃんにひたすら萌えるだけの作品。

桜庭一樹の作品だが、彼女らしい刺さる文章は特になく、完全に普通のラノベ。超美麗イラスト効果で人気があったのだろうと思うのだが、新装版からは作者の桜庭一樹が直木賞をとったため、イラストが除外されてしまった。とっちゃダメなのでは。。。?

桜庭一樹初の、恐らくは唯一の? シリーズ刊行もの。あとがきで新装版についてのコメントがあるが、思い入れのある作品というのが伝わってきて、なかなか良い。

GOSICK ─ゴシック─(ビーンズ文庫) (角川ビーンズ文庫)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-10-01)
売り上げランキング: 19,252


53.5/23ネイチャー<映画> 2点

大自然に生きる動物たちの姿を撮影した映画。

基本的には「厳しい自然環境の紹介>動物の食うか食われるか>箸休めに動物の子どもたちの姿」というパターンを延々とループしている感じ。別に起承転結があるわけでもないので、特に盛り上がりはない。たまに、どうやってこれ撮影したの、というシーンがあるくらい。

子供の頃、親が動物番組が好きで良く一緒に見ていた。よって、わりと多くのシーンに既視感があり、あまり新鮮味がなかった。この動物知ってるわー的な。日本の動物番組もなかなかすごいんじゃないでしょうか。



52.5/19はたらく魔王さま! 3点

異世界からやってきた魔王が、わりとリアルな手続きを経て住居と仕事を獲得していくさまは、これ系の話としては珍しく興味深い。だいたい、権力者のパワーで無理やり戸籍を作るとかなので。とはいえ、前半パートはあまり物語が動かないので微妙。面白くなるのは、半分超えてから。

魔王が魔力を取り戻すトリガーが「物語的にピンチな状態」にリンクしている点と、覚醒後の無双でカタルシスを作っているのがうまい仕組み。ピンチをチャンスにできるってのは、いい設定かと。

まだ魔王や勇者がバイトをしているという話がテーマ的にさほど意味を持っていない感じがするので(ぶっちゃけ、今回の話だけなら働いてなくてもいい)、今後に期待。

はたらく魔王さま!: 1 (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013-04-04)
売り上げランキング: 286


51.5/16バカとテストと召喚獣7 2点

今までずっと抱腹絶倒だったバカテス。すごく久々だったので期待していたんですけど、あ、あれ? これは微妙な。。。?

今回は野球で戦うのだが、1球1球くらいのノリで描いているため、試合展開に抑揚がなく、すごくテンポが悪い。そのためかギャグの密度が薄くなっていて微妙だった。ネタ自体も、ムッツリーニのエロ無双、姫路さんの毒弁当など、いつものネタのストレートな焼き直しばかりで、二番煎じ感が拭えず、爆発力が足りない。

坂本の作戦もどうかなあ。。。坂本は今回、最終回直前まで戦意喪失状態で、復活してから必死に作戦を考えたりするのだけど、最後に発動した作戦は「試合前から準備していた」ってのはどうなんだ。

何だか、笑いも寂しく、終盤の燃えもないバカテスは、評価が厳しくなる。

3点でも良かったのだけど、ドクロちゃんやハーモニーと一緒ってのはなあ、と。あっちは3点でも上だけど、こっちは3点でも下っていうか。なので、差異をつけるため、2点。

バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫)
KADOKAWA / エンターブレイン (2012-09-07)
売り上げランキング: 14,565


50.5/15デート・ア・ライブ 3点

十香デッドエンドというサブタイトルから察せられる通り、化物語風の漫才を織り込んだテンプレラノベ。

実に量産型の作品で、特筆するアイディアはないが、各テンプレ芸はそれなりにコピーできており、ある程度の(お約束的な)面白さは担保されている。これに綺麗なジャケ絵がついていれば、売れるよね。

あと、Amazonでも書かれているが、シリアスの中にいきなりギャグが入ってくるのは読んでいて微妙だった。

デート・ア・ライブ 十香デッドエンド (富士見ファンタジア文庫)
橘 公司
KADOKAWA/富士見書房 (2011-03-19)
売り上げランキング: 87,849


49.5/12ノーゲーム・ノーライフ 5点

ああ、なんというか。。。始めて「く、悔しい、でも感じちゃう……」みたいな本に出会った。すごく5点を付けたくないのだが、つけざるをえない、というか。

なんつーか、もう色々とダメなんですね。まず、文体。妙なところで改行を打ってくる、体言止めを使いまくるので読みにくいことこの上ない。さらに。。。

>もみゅもみゅもみゅ。もみもみもみもみ。
>もみゅもみゅもみゅ。もみもみもみもみ。
>たゆんたゆん。たぷたぷたぷたぷ。
>たゆんたゆん。たぷたぷたぷたぷ。
>むにょむにょ。ぽよっぽよっ。ぐにーにょーん。

これは、主人公が女キャラの乳を揉むシーンである。ラノベも色々と呼んでいますが、こんな直球で低俗な擬音を炸裂させる作品、すごく久しぶりにみた気がします。視点もブレまくりで小説としては問題ありまくり。

他にも、タイトル通り、これはゲーム勝負ものなので、ゲームで勝負するわけですけど、そのゲームもなんつーか、すごくご都合主義なんですよね。戦略ゲームとしては底が浅いっていうか。あと、色々と出てくるゲーム知識も、この歳になったら「それ知ってるわー、それ知ってるわー」レベルな感じ。

敵も甘々ちゃんで、主人公が「俺たち二人一組だから、途中でチェンジしてもいいよね?」みたいな条件をあっさり呑んじゃうし。

文章も荒いし、シナリオもひどいし、登場人物は下品だし。。。しかし、5点。

それはこの小説の勢いの凄まじさにある。

なんちゅーか、ひたすら文章にハッタリが聞いていて、読んでいてカッコいんですよね。『 』に敗北は許されない、みたいなフレーズが実に良い所でドカーン! って決まりまくる。また、主人公の大言壮語も、ゲームに対する絶対の自信が背景にあって、カッコいいんですよね。

このあたり、文章のハッタリで読ませる手法は、ザレゴトを書いていたくらいの西尾維新に通じる気がしますね。あの芸を、さらに先鋭化した感じ。たぶん、ザレゴト時代の西尾が好きな人にはあうでしょう。妹も「うにー」を彷彿とさせるしね。

なんつーか、色々とヒドいんですが、シビれるシーンが多く、ついつい、こちらも熱くなってしまう。だから、「く、悔しい、でも感じちゃう……」みたいな気分。

すごく底の浅いカイジを、初期の西尾維新の文体のハッタリ部分を拡大して書いた感じ。かなり早い段階でアニメ化が決まったそうですが、なるほど、これは確かに中高生に刺さるだろうな、と。

個人的には、先入観なく楽しめる中高生のときに読みたかった作品ですね。今だと、どうしても文章やシナリオの酷さが目について、素直に面白いと思えないわけです。

でもね、文章の勢いに乗せられている自分が、実に悔しい。。。なので、5点はつけておきながら、すぐに次巻が読みたいとは思わない、実に不思議な作品。

激しく人を選ぶので、5点はつけましたが、別に勧めません。ザレゴト好きならあうかもね。



48.5/10撲殺天使ドクロちゃん 3点

まさに、これぞライトノベル、というくらい、恐ろしく軽い。読みやすい文体で、ひたすら軽妙なボケが描かれ続けていて、そのブレない様は素晴らしい。たまにすごく笑える。

まさにスナック菓子感覚で読めて、ポテチをつまみつづけていたら、あっという間に袋を開けちゃったという勢いで読み終わる。ぼうっと気晴らしに読む本として良い。またセールスになったら続きを買おうかな。

撲殺天使ドクロちゃん (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013-10-02)
売り上げランキング: 21,738


47.5/9ハーモニー 3点

>「向こうって、どんな場所だったの?」
>「こことは真逆な場所。向こう側にいたら、銃で殺される。こちら側にいたら、優しさに殺される。どっちもどっち。ひどい話だよね」

前半はほんとうに素晴らしい。医療用チップによって病気から解放され、完璧な健康の維持を「強制」される、異常な優しさが充満する世界観に圧倒される。それを、夭折した天才少女との思い出話を交えながら、辛辣に皮肉る主人公の語りも魅力的。

この女主人公が実に良い。「昔は隠れて喫煙をするならトイレに行けばよかったが、今は戦場まで行かなけばならない」と言って、武装化したWHOの将校として戦場で不良な生活を送っている。まさにロック。

ただ、後半が。後半は、ひたすら主人公がキーマンに話を聞いて回り、キーマンが独特な理論を延々と語るというスタイルのため、説明過多すぎる。別につまらない、というわけでもないが、主人公の魅力的な独白も影を潜め、スピード感も下がるのが残念。

話の締め方次第では5点いくで! と思ったが、後半で少し下がって3点という感じ。ただ、作者がこれを遺作に若くして亡くなったのを割り引いても、界隈では有名なのがうなずけるほど強い個性がある作品。気になるなら読んで損はない。

>「映画とか、絵画とか。でも、持久力という点では本がいちばん頑丈よ」
>「持久力、って何の」
>「孤独の持久力」


ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
伊藤 計劃
早川書房
売り上げランキング: 8,203

[PR]

by netnetnet_78 | 2014-05-23 21:47 | 読書感想
2014年 05月 20日

J( 'ー`)し ゆうちゃん。。。

というわけで、全ての犯人はゆうちゃんでした。ゆうちゃんが真っ黒なのはわかっていたことですが、逃げ切るのかな、と思っていただけに。

天網恢恢疎にして漏らさず、とはこのことです。

スマホを土に埋めるって! と思っていましたが、どうやら、空港に売っているらしい、自動販売機で買える旅人用の使い捨てスマホだそうです。それなら、身元はわかりませんよね。

そういう意味では、ゆーちゃんはなかなかクレバーでした。ただ、掘り返されて、指紋というアナログな証拠を押さえられたようです。「掘り返されなければ」絶対に安全だったんですけどね。。。

警察の執念を甘く見ていたのが弱点でしょう。

相手が勝ち誇ったとき そいつはすでに敗北しているッッッッ!!!(どぎゃーん!)

しかし、身分証明なしのプリペイドケータイは犯罪の温床だからあかんやろ、となったのに、スマホで解禁かよ。この事件で多くの人間が知ったから、絶対に使われるんじゃないかと。

ゆうちゃんは「自分は精神病」と言って、そっちからの無罪を狙っているようですが、すでに事件の真相が明かされた以上、これからはエピローグより先の話、という感じですね。

今頃、警察上層部は旨い酒を呑んでいることでしょう。

ただ、今回の事件で警察の取り調べがかなり問題あるってのがわかりましたね。被告人の親に息子と縁を切れと迫り、印鑑を押させて、それを取り調べの席で被告人に見せるとか、狂気の沙汰です。

ゆーちゃんの遠隔操作でやられた明治大学の学生ですが、彼はやってもいないのに、最終的には自分がやりましたと認めていました。そこに至るまでの、強烈な取り調べがあるんだろうなあ、と思うわけです。心を折る、というか。

むしろ、ゆうちゃんが耐えたのは、彼自身が真犯人だったからかもしれません。全てを知っている以上、心の準備はできている。むしろ、無罪の人こそ、恐怖に心がへし折られるのかも。

警察は日本最強の利権団体とか、国家ヤクザとか言われていますから、さもありなん、という気もしますが、改善してもらいたいものですね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2014-05-20 21:26 | 雑記
2014年 05月 19日

J( 'ー`)し ゆうちゃん、どこ?

もう遠隔操作事件は終わったものだと思ったんですけどね。

まさかの、まさかの。。。!

「真犯人」メール、被告自ら送信か PC遠隔操作事件
http://www.asahi.com/articles/ASG5M42ZFG5MUTIL01F.html

先日、遠隔操作の真犯人を自称する「小保方銃蔵」からメールが届いたんですよね。なんちゅーか、捜査官たちを嘲笑するような。

これを見たとき、さすがに愉快犯だと思ったんですよね。

ぶっちゃけ、被告人のゆーちゃんは遠隔操作事件で、限りなく黒に近い白なわけで。真犯人が送ったとしたら、それはゆーちゃんなわけですが、まさか逃げ切り確定の状況で、こんな危険なことをすると思えないわけです。

それに、彼は逮捕されるとき、各報道機関から人権蹂躙を受けています。仕事も失いました。これが冤罪確定なら、きっと告訴の連続で億を超える賠償金が手に入ったでしょう。

わたしなら、絶対に沈黙を守る。

そう思って、ゆーちゃんじゃない、と思っていたんですね。どこかの誰かが愉快目的でやったんだろうと。

それがまさか。

一応、捜査官の捏造という意見もありますが、厳しいなあ、と。今日の昼にゆーちゃんは会見の予定だったそうですが、逃げちゃったんですよね。。。つーか、連絡がつかないという状態。

むぅ。

これは捜査側の執念が勝ったということでしょうか。

どうしちゃったんでしょうね、ゆーちゃん。勝った! って気持ちから、ちょっと自己顕示欲が爆発しちゃったんでしょうか。

ただ、なあ。。。いくらなんでもずさん過ぎる気もするんですよね。

スマホを川辺に埋めるか? みたいな。ITを使った犯罪の行方は、なんつーか、アナログな自爆と、アナログな追跡捜査という決着とは。リアルの世界で勝負したら、人海戦術の警察に負けたのか、みたいな。

あと、そのスマホの契約者は誰なんだと。

捜査令状がまだないから、キャリアへの照会ができないのか、と思いますが、ここまで情報が出ているのなら、ゆーちゃんの持っているのと同じ型かどうかのアナウンスくらいあってもいいだろうと。

それに、ゆーちゃんが行方不明ってのも不気味です。

スマホを埋めるのを確認してるわけだから、24時間尾行してるはず。その状況下で行方不明ってのがよくわかりません。もちろん、行方不明ってのは警察ではなく弁護団の話なので、警察はロックオンしている可能性は高いですけどね。

あまりにも急展開すぎて、いきなりのクライマックスに全国民がびっくり。あまりにもな展開すぎて、ゆーちゃんがやったんだろうなあ、とは思いつつも、本当か? と不安になります。

さて、どう決着がつくんでしょうね?
[PR]

by netnetnet_78 | 2014-05-19 23:01 | 雑記
2014年 05月 09日

おぼちゃんの実験ノートが熱すぎる

おぼちゃんが記者会見して、さすがにもう終わるだろうと思っていたSTAP細胞の件。まだまだ燃え盛っております。

この騒ぎを堪能するには、それぞれの立場を把握する必要があります。複数の項目について、それぞれの立ち位置が違っていて、話が全く噛み合っていないのが面白いです。

理研
・STAP細胞については、有無を断定しない
・オボちゃんは「故意」に「研究不正」をしていた
・論文は信用性がないので、撤回するべき
・全部オボちゃんのせいだぞ、理研は関係ないからな!

オボちゃんの弁護士
・STAP細胞あるとかないとかどうでもいい
・オボちゃんは「過失」でミスっただけ
・論文の撤回もどうでもいい
・オボちゃんのクビを阻止することしか興味がない

オボちゃん
・STAP細胞はありまぁす!
・ミスは認めますが、過失じゃないでぇす!
・論文は撤回しませぇん!
・うっかりミスだから、わたし悪くないもん!

なんか面白いんですよね、並べているだけで。それぞれの思惑が透けて見えて。

理研は組織上の問題には触れずにオボちゃんを切り捨てたいわけです。だけどSTAP細胞が万が一あったとき、その権利を逃したくないので、STAP自体の否定はしません。この辺りのあざとさが理研のうさんくささをかきたてます。

オボちゃんの弁護士も実にビジネスライクで、彼らはオボちゃんの主張には全く興味がなく、法律上の問題のみ扱っています。彼らはオボちゃんの権利を弁護をしているだけで、STAP細胞や論文の擁護をするつもりはありません(職分でもありません)。

一番、意味不明なのがオボちゃんです。オボちゃんは最も自分にとって都合のいい主張をしています。そのせいか矛盾を感じるんですね。論文のミスを認めているのに、撤回しないというのは筋が通りません。

さて、そんな最中、弁護団からオボちゃんの実験ノートの一部が公開されました。

小保方氏側、実験ノートを一部公開
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0705Q_X00C14A5CC1000/

感想は。

あかん。

それだけです。

同業者曰く「らくがき」。ネット民曰く「女子力高すぎ」。「陽性かくにん! よかった。」という記述とか、そうよかったね、と小学生の頭をなでなでしているような気分になります。

オボちゃん擁護派ですら心が折れる実験ノート、何でこんなものを弁護団は出したのか、とても不思議でした。彼らもプロですから、普通の実験ノートがどんなものか調べているはず。これが公開したらあかんものくらいわかっているでしょう。

で、ネットを探していたら、興味深い見解がありました。

とあるサイトで「もう弁護団は正攻法での勝利を諦め、オボちゃんがいかにバカかを証明し、バカだからSTAPの存在を信じた、ゆえに過失であると持っていきたい」と書いていました。なるほど、それは信ぴょう性がありますね(笑)

オボちゃんは「落書き」と言われたことに対して「見せなければ、ないと言われ、見せたら、こう言われるのは納得いかない」と怒っているそうです。

このコメントはヤバいな、と思うのですね。

これは自分の実験ノートが完璧である、という自信がなければ出てきません。それが演技なのか、本気でそう思っているのか、どちらなのでしょうか。

オボちゃんはもうどうでもいいですが、オボちゃんだけにはとどまらず、理研の組織態勢を見直すところまで踏み込んでもらいたいですね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2014-05-09 23:03 | 雑記