<   2013年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

ARAMにおける狩猟民族の考察

League Of Legendsには幾つかのゲームモードがあります。ARAMもその一つで、最初から最後まで集団戦を行います。5vs5でガシャーンwww と中央でぶつかりあう、この大味な感じが面白いです。

ゲームの特徴としては。。。
・自キャラがランダムで選ばれる
・マップが狭い一本道
・普通のゲームモードよりプレイ時間が短い

b0028685_2044684.jpg



ランダム性があるため、基本的に勝っても負けても、ある程度、運と割り切れます。プレイ時間も短いですし、さくっと遊ぶのにはいいですね。

基本的に細い道で戦うので、遠距離からチクチクと攻撃できるスキルを持つチャンピオンは強いです。だいたい結果ってのは、敵味方のチーム構成を見た時点で判断できたりします。

ただ、そこはあくまでも、傾向なんですね。適切な運用も大事でして、勝率を上げるための作戦はいくつかあります。

最低限、これは守れよ、という手順はこんな感じです。
A.イージスの盾(周囲の味方の防御力を上げる)を早く買う
B.前衛職は基本的にタンク(防御極振り)ビルドを行う

細い道で戦うので、キャラクターが密集します。周囲の味方の能力を底上げするのは非常に有効です。さらに、前述のとおり、遠距離からチクチクする戦法が有効なので、いかに後衛を守るかです。前衛職は後衛を守るための肉壁になるべきなのです。

というのは、少しばかりやっていれば、わかるはずなのですが。。。

狩猟民族は違うんですね!

彼らは常に、攻撃極振りです。俺の全てを! この一撃に! 賭ける!
みたいなw

b0028685_20431251.jpg
イージスの盾!? そんな地味なの、他のやつが買うだろ! 俺は知らん!



b0028685_2043961.jpg
タンク!? 殴られる前に殴ってやるんだ! 俺は俺TUEEEEEしたいんだ!



で、敵の火力の前に耐え切れず「うぼぉぉぁあ」と朽ち果て、前衛が崩れ、後衛が食われていく。
よく見る光景ですねw

わたしが前衛をした場合、イージスの盾を購入し、タンクビルドにしますので、勝率は悪くないですね。

逆に、わたしが後衛だと負け試合のほうが多いかもしれません。。。

なぜなら、わたしが後衛をしていると、誰もタンクをせず、イージスの盾を買わないからw これこそが! 狩猟民族クォリティ! それをしてくれる人が奇跡的にいる場合、非常に試合が安定します。

どうして彼らは常に俺TUEEEEEしたいんでしょうね?

前衛職の時は割りきってタンクにして、後衛職の時に火力を出して楽しめばいいのに。いつも自分が一番、俺が目立つ、俺こそが最強! みたいな感じで始め、結果、負けるわけです。

負け試合なんて何が面白いんでしょうね。。。活躍して負けても頭に来るし、活躍せずに負けたら、もう最悪です。

しかし、それでも彼らは勝率の低い戦いに身を投じます。自分が目立つために!

なかなか、狩猟民族の文化は面白いですね。あるいは、頭の中が。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-30 20:47 | League Of Legends
2013年 06月 29日

会長辞任か。。。

日本の闇を背負い「24時間365日働け」とのたまう漆黒企業ワタミ。参院選に出馬する気まんまんの会長さんが辞任だそうで。

ワタミの渡邉美樹がブラック企業の激務に耐えきれず取締役を辞任
http://hamusoku.com/archives/7940525.html

お、おう。。。

確か、選挙に出るから非常任の会長になるよ応援してね、とか選挙違反スレスレってか、オーバーしていた紙を顧客に送りつけていたと思うんですけど、辞任になっちゃったと。

なんでしょうねえ、これ。
トカゲの尻尾きりってやつでしょうか?

ワタミがブラックだと話題ですが、いかがですか? と訊かれた時、「いえ、もう退職した会社ですから。1個人ですので関係はございません」と逃げるためでしょうか。いや、お前、創業者やんけ。と。会社の歴史、作っとるやんけ、と。

こういうニュースもありますね。

1500人アンケートで渡辺美樹ワタミ会長 自民党公認に反対が80%
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2845

>石破茂・自民党幹事長は「党や私のところにも批判のメールや手紙が山ほど来ています。
>本人にも(ブラック企業か否かについて)きちんと説明するよう何度も言っていますし、
>説明が十分でないとなれば私どもも考えます。その上で有権者が判断されることであり、
>選挙の責任はすべて私が負うべきことです」と答えた。

けっこう圧力がかかっているようで、回避するためでしょうかね。辞めてしまえば「関係ない」と強弁できますからね。それで通るかどうかはともかくとして。。。(笑)小沢さん的な逃げ方ですね。

都知事選では101万票を確保したそうですけど、それって、ワタミのヤバさが表沙汰になる前ですからね。あの時期は、わりと情報速度の速いであろう私も、ブラック度を知らなかったですからねえ。。。今回はどうなることやら。

個人的に今回の参院選、自民党の圧勝は確定しています。興味が有るのは「比例」がどうなるかですね。ワタミブラックを毛嫌いしているネット民は非常に多いです。正直、ネット民の投票が減る、のは間違いないんですが、それが全体的にどこまで影響があるのかなあ、という感じです。

ネット界隈の人は反ワタミを鮮明にしているようですけど、普通の人はどうなのでしょうね。なんだかんだでビジネス上の人脈とかは凄そうなので、総動員して票を集めるのでしょうね。

小沢さんなんかも、あれほど蛇蝎の如く嫌われていましたが、党員が総討ち死にするなかで、悠々と当確してましたからね。

ネット選挙も解禁ですし、今回はある意味で、いろいろと象徴的な選挙になるでしょう。

どっちかっつーと、ワタミブラックは当選後のがヤバい感じです。

いろいろと証言が出てきて、国会で追求されて、安倍ちゃんの支持率が下落っつー形にならないかなあ、と。ワタミブラックを口説いたのは安倍ちゃんなので、本人は納得するでしょうが。政権が不安定になるのは困るのです。

前の政権も、お友達内閣でお友達が自爆しまくって支持率が爆下げでしたからね。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-29 09:16 | 雑記
2013年 06月 26日

今日のガイキチ狩猟民族

いやー、世界はキ○ガイで溢れている!

否、League Of Legendsの世界は、キチ○イで溢れている!

CPU戦でチャンピオンの練習をしようと思っていたわけです。

わたし
b0028685_23502795.jpg「Midやるっす」



Midの良い所は、基本的に1人で守る点。つまり、1人で練習したい場合はMidがいいんですね。それに対して、他のプレイヤは特に何も言わず。CPU戦ですしね。適当にやりましょう。OKOK。じゃあ、Midいくっすね。。。

私がのしのしとMidに移動すると。。。
随分と遅れて、後ろを追いかけてくる影が。。。

狩猟民族A
b0028685_23502991.jpg「おい、ファック野郎! どけや、ゴルァァァッ!」



いきなりです。いきなり。コールのとき、何も言わなかった狩猟民族が、しかも、後からやって来て。いきなりの、ファック。そして、どけ。ファックですよ、お兄さん。

でも、たかがファックです。

正直な所、Fワードなんて、lolをやっていると別に特別な言葉でもありません。狩猟民族どもは「ごきげんよう」のノリで「ファック!」で叫んでいますからね。血と硝煙の私立リリアン女学園。お姉さまがくれた銃弾付きのロザリオ。

それくらいか!
その程度の言葉で、この私を怯えさせることなど。。。

狩猟民族A
b0028685_23502991.jpg「このマザーファッカーが! botにいきやがれ、ボケェッ!」



あかん。こいつキ○ガイや。マジモンや。

マザーファッカーって。なんか、ラップで言ってるじゃないですか。ヘイヨー、ユー、マザファッカー! みたいな。てっきり、ラップの世界だけの言葉かと思っていました。

狩猟民族って、マザーファッカーも常時運行なんですね。。。

わたし
b0028685_23502795.jpg「ok」



わずか2タイプ。

ガイキチは相手にしない。それが僕の生き方。というか、lolで身につけた処世術。ガイキチに言い返しても、なんちゅーんでしょ、ただヘイト値が跳ね上がり、また言い返してくるだけです。

1+1が1の世界の住人と会話してはなりません。

で、わざわざ、ゆずったMidレーンですが。。。

狩猟民族A
b0028685_23502991.jpg死亡確認



狩猟民族A
b0028685_23502991.jpg死亡確認



狩猟民族A
b0028685_23502991.jpg死亡確認



あっという間の3デッド。
CPUに散々ボコられた狩猟民族Aは、そのままスネてゲームを離脱。

これやでえ。。。この横暴と傍若無人さこそが、狩猟民族の真骨頂やでえ。。。

最近、狩猟民族たちのガイキチっぷりが楽しくなってきました。今日はどんなキチ○イに会えるのだろう。胸がドキドキして仕方ありません。このワクワクな気持ち、みんなに分けてあげたいですね。







あー、早く日本鯖できねーかなー。。。
異文化コミュニケーションとかマジ無理。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-26 23:57 | League Of Legends
2013年 06月 24日

KSKSKSKSKS

KSKSKSKSってなんちゅーんでしょう。

キスキスキスキスキス!

とか

好き好き好き好き好き!

とか、女子高生から言われたら、もう人生、ハッピーすぎて辛い。ベッドインしたら、条例的にタイーホされるところがWで辛い。言われないから、いいけど。

ただ、これを、クソったれの狩猟民族どもが言い出したら、もうロマンスのかけらもないんです。

キル・スティール。俺のキルを奪ってんじゃねえぞ、カスが!
という意味です。

狩猟民族って、なんかもう、敵をキルすることに全神経を注いでいます。試合に負けてもいいから、俺がキルできたらいいんだ! みたいな。マジで攻撃極振りのビルドばかりしますからね、あいつら。We need Tank! We need Tank!

最初から、なんか頭がおかしかったんですよね、今回の試合の狩猟民族Bは。

狩猟民族A
b0028685_23585194.jpg俺TOP



狩猟民族B
b0028685_23585391.jpgお前、MIDな。だってコールしてねーし。



狩猟民族Aは間違いなくコールしていたんですけどね。。。脳みそないのかと思いました。しぶしぶMIDに行こうとする狩猟民族A。ガイキチを相手しないってのは適切です。

ただ、いくらなんでも、白兵戦チャンピオンがMIDってのはないわけで。TOPってコールしてるし、チャンピオンの種類的にもMIDはないわけで、二重に狩猟民族Bは頭が湧いています。

わたし(Ashe)
b0028685_2358499.jpg狩猟民族B、Bot行きな。わたしがMIDを守る



わたし、マジかっこいい。。。

さて、そんなわけで、ゲームスタートです。

試合的には、勝ちゲーでした。こりゃ絶対に負けないって感じ。だけど、もう、とにかくクソゲーでしたね。

わたしはDPS。アタッカーなので容赦なく敵を撃ち殺すわけですけど、ともかく狩猟民族BとCがうるさすぎる。

b0028685_23585391.jpgAshe KS! Ashe KS!



b0028685_23584455.jpgAshe KS! Ashe KS!



なんなんだ、こいつら。。。そりゃ、戦闘中なので、まったくKSしてないかっつーと微妙な線もあるんですけど、味方が死にかけているから援護射撃してキルを取ったらKSですからね。。。両方のHPが低いケースなんて、どっちが勝つかわからねーよ。

ちなみに、こういうケースで。。。
1.バトルの帰趨を見守る
2.味方が死ぬ
3.敵、慌てて逃げる
4.そこへ攻撃スキル発動>ミス

ミスすると「何やってんだ!」と言われますw んなこと言ったって、相手も動きますからね。。。なので、相手が足を止めている瞬間を狙いたいわけなんですけど、それで殺ると、KSなわけですw

ちなみに、同時に攻撃しても、うまく狩猟民族がキルを取った場合「nice assist」になりますw 

あいつらのからっぽの脳には、自分が輝くことしかありません。

で、BとCですけど、チーム戦が勃発した時にわたしが2キルを取った時も「Asheはチームから2つキルを奪ったぜ!」などと煽る煽る。あれのどこが、KSなんだ。チーム戦で近接ユニットにタゲとってもらって、DPSがダメージを出すのは当たり前の仕事だろうに。

なんか、自分が殴ったら、もう俺の所有物だ、みたいな。
原始人の論理か。さすがは狩猟民族。

こういうバカは「じゃあ、お前がバトっている時は、攻撃しないから」と言ってやりたいんですけど、それすると、負けちゃうか、勝てても試合時間が長引くだけですからね。。。

不愉快な負け試合なら即サレンダー、不愉快な勝ち試合はさくっと終わらせるに限ります。
というわけで、実に割り切りモードで試合を終わらせました。

面白いのは、こういう残念な連中の勝率を見ると、大抵ひどいんですよね。今回だと、不幸な目にあっても淡々と自分のプレイをしていた狩猟民族Aとわたしの勝率だけが、まともでしたね。。。

60勝100敗とか、どうやれば、そんな勝率に成るんだ。
あ、こうやればいいのか。。。

なんつーか、強い奴に正当な理由で非難されたら、ぐうの音も出ないわけですが、頭がおかしい連中の正しくない理屈で煽られるとイラッときますね。

狩猟民族の、人を不愉快にさせるスキルって、ある意味ですげーと思います。
日本人ってほんとうに素晴らしいですね(遠い目)。

ゲームは本当に面白いのに、プレイヤーの脳みそが残念すぎるのがMOTTAINAI!
勝てたんで、いいですけどね。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-24 00:06 | League Of Legends
2013年 06月 20日

やるなー、ワタミw

週刊文春などマスコミが全力でタゲったようで、ワタミ関連のブラック情報が熱いです。

ワタミ会長が理事長の郁文館夢学園 生徒に反省文100枚書かせるなどして退学者続出
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1765346.html

いやあ、もうね、叩けばホコリがっていうか、墨汁が噴き出る感じです。

>2003年から2年間で100人弱の教員のうち30人が退職した。

ワタミが経営再建に乗り出してから、3割が退職した。。。ここは「百歩譲って」アリとしましょう。なぜなら、環境が変わってますからね。そりゃ、退職はあるでしょう。

ですけどねー。。。

>「私たちの学校経営は先生が生徒のために死ねる経営です。
>その経営についてこられない人はどうぞやめてください」と
>全教職員に話し、教員に携帯電話番号を生徒に教えさせ、
>「365日24時間電話していい」と伝えるよう求めた。

やっぱり狂っているわけです。先生が生徒のために死ねる。どこの昭和だ。

教員のケータイ電話を生徒に教えさせて。。。個人情報的に問題ないですかね、これ。あと、365日24時間、電話していいとか、もう何を言っている。休めないじゃん。電波届かないところに旅行いけないじゃん。

>問題を起こした生徒に対しては、400字詰め原稿用紙100枚の反省文を書かせ、

いやー、いいですね。ちなみに、これはA4用紙30枚くらいになります。大人でも、その分量の資料を書こうと思ったら、軽く死ねるわけです。書かないと授業は受けさせない。怖いですねー怖いですねー。

こういう学校に子供をいかせる親ってのは、どういう感じなのでしょうね? 著作に感銘を受けたとか?

国会で『ワタミ』を告発 : 内容不明の天引き、“死ぬほど残業”しても手取りは十数万円--しんぶん赤旗
http://www.watch2chan.com/archives/29562075.html

いやー、次の情報も熱いですね。

>「所定勤務重複等調整」と称し、多い月には 数万円も内容不明の天引きが行われ、
>“死ぬほど残業”しても手取りは十数万円にしかなりません。

謎の天引きwww
手取り10数万円www

いいですね。搾取する構造ができています。これでこそ、暗黒墨汁企業です。

>休日でもワタミの経営理念や著作の学習・リポート提出を求め、
>「ワタミの森」や「夢プロジェクト」という事業への寄付が半ば強制されていました。

なんだよ、これは。

前から言われていますね。ワタミは、ボランティアを強制しているって。休日まで拘束して、さらに寄付を募るとか、クレイジーですね。

おいおい、マジでこいつが政治家になるのかよ、まじでやめてくださいよ。なんかもう、農業を一生懸命やりたいとか言っていますけど、利権に手をかけて、自分のビジネスを有利に働かせたいとか、そんなとこじゃねーのーと邪推してしまいます。

ブラック企業の経営はもう好きにやってくれって、思います。これだけ話題になっているのです。入社する奴も入学する奴も自業自得でしょう。もう、好きにしろ、と。

だけど、政治家は止めて欲しいですね。せめて、地区選なら、通した地域の連中がアホですむのですが、比例で出てこられたら、食い止められないわけです。

特大のスキャンダルが出て、出馬を断念してくれないかなあ、と本気で願っております。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-20 23:50 | 雑記
2013年 06月 18日

勝率が5割に戻りました

いやー、やっと勝率が5割に戻りました。
そして、これまた、キング・オブ・クソゲーな感じでしたw

b0028685_2334914.png


なんていうかですね、ありえないわけです。

見てくださいよ、試合時間1:07:22秒。

つまり、1時間を超える、これはクソゲーwwww
普通、40分以内には終わるんですけどね。。。

わたしの12キル18デスとか、もう壮絶な成績です。
恥ずかしくて死ぬレベル。

そして、味方のレベル5。
他はみんな18。意味するところは。。。

なんかもう、開始早々で「ラギーから抜けるわ」とかわけわかんないこと言ってるの。しかも、そいつ、わたしの相方だし。ちょっと待て、わたし1人で、どうやって。。。

b0028685_23354782.jpg



b0028685_23355043.jpg



を止めるんだ!? こんな攻撃型のやつ、ふたり、近づいた瞬間、溶けるんだけど!?

なんていうか、彼らが塔をへし折っていくのを見守るしかできなかった。うん。
気づいたら、ボットレーンのタワーが2本とも折れているの。

いやね、たまに、飛び蹴りとか食らわせてみるんですよ。責任感とかあるから。でもね、相手のHPをちょっと削った瞬間、二人がかりで殴られて、こっちのHPがモリっと減るの。

いや、無理ゲーw

わたしのテンションはだだ下がり。地面を舐めているレベル。せっかくの、勝率5割を賭けた戦いだってーのに。なんだよ、もう、また負けかよ、このクソゲーめ、って。

ただ、なんか知らないですけど、全員で本拠地を守り出してから、うまく歯車が回り始めました。
かちっ、かちっ、かちっ。

不思議と誰ひとりサレンダーしませんでしたね。なんとなく、負ける気はしなかったです。。。が、実はわたし、サレンダーしたかったんですが、クソゲーの間接的な原因を作ったので、そうもいかず(笑)

特に、中盤が圧巻でしたね。タンクにビルドした私がすべてのタゲをとり、その後、攻撃フルビルドの仲間たちが一斉に襲い掛かり敵を溶かし去る。。。このあたりは気持ち良いくらい決まっていました。

わたしのデスが多いのは、ひとりで全てのタゲを取りまくっていたからです。
後半は敵の火力も強く、耐え切れなくなって、さすがに死にます。

しかし、よく4人で耐えぬいたなあ、と。敵、5人ですからね。

敵の猛攻をしのぎながら、相手の堅固なMidレーンを突き崩していきます。
少しずつ少しずつ。。。

そして、最後に、敵の本拠地を粉砕した時、いやあ、狩猟民族並みに叫びましたね。

「YEEEEEEEEAAAAAAAAAHHHHHHHHHHHHHHAAAA!!!!」

いや、こんなに早く離脱者が出た試合で勝ったのは始めてですからね。そりゃ興奮しますって。しかも、これで、ついに勝率が5割なわけです。やっと、やっと。。。ようやく。。。

一方、確実に勝てる「はずだった」試合を落とした狩猟民族は。。。

b0028685_2334682.png


叫んじゃいますよねwww

ふぁあああっくwwwwwふぁああああっっくwwww5人でwwww4人に負けたらwwwwwwwくやしいのうwwwwwくやしいのうwwwww

というわけで。。。

b0028685_23341020.png


勝率5割!

ここから、僕は貯金をしたいんだよ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-18 23:41 | League Of Legends
2013年 06月 17日

試合をキャリーするもの

さっきの試合は、もう、なんちゅーか、クソゲーでした。
軍師さまがいらっしゃいまして、メンドくさいんですね。

狩猟民族A
b0028685_21593277.jpg
「ぽっくんの言うとおりにしろ! タンクがいないぞ、タンクが!」


タンクというのは前衛職です。
ないんだったら、お前がやれよ、と思うわけです。が。。。I choose you!

わたし
b0028685_21535828.jpg
My blade is at your service!


さて、わたしと狩猟民族Bでボトム・レーンへと向かいます。で、わたしとともにキリングレーンを作ります。相手をボコボコにしているわけですが、両軍のキル・デスレースが拮抗しています。さて、なぜだろう。。。?

狩猟民族B
b0028685_21594966.jpg
「トップ! お前ら、死にすぎ」


実際、トップは。。。

b0028685_220478.jpg



b0028685_21593277.jpg



さっきの軍師さまと、別のサポートキャラでして、両方ともタイマン力ないんですね。そのコンビは。。。ないなw

状況を見かねた狩猟民族Bがトップへと救援に向かいます。わたしがひとりになるわけですが。。。
ミスってわたし、死亡orz

その瞬間にカウンターをきれいにもらい、ボットのタワーを折られてしまいます。

狩猟民族A
b0028685_21593277.jpg
「なにやってるんだ、B! 持ち場を離れるな!」


わたし
b0028685_21535828.jpg
いや、ごめんな。。。わたしのミスだ。。。


狩猟民族B
b0028685_21594966.jpg
「。。。クソが、俺をディスるのか、てめえ? 足を引っ張ってるA、お前が!?」


今回の試合は。。。普通にやれれば勝てました。楽勝のはず、でした。。。

さっきの軍師様とサポートが足を引っ張っていたんですね。。。サポートに火力がないのは仕方ないですが。。。とにかく、驚くほど火力がない。わたしが敵を半殺しにして後を軍師様に任せ、少し離れた隙に。。。

狩猟民族A
b0028685_21593277.jpg
「うぼぁあ。。。」


ちょwww 敵、別に火力ないと思うんだけどwww
なんで、死んでるのwww

サポートはともかく、軍師様はプライドを見せて欲しかったです。

残りのひとりは、試合後に見たら、なんか異様にお金が余っていそうな装備でした。
ゲームで貯金しても、君のリアル残高は増えないんだよ。。。

わたしと狩猟民族Bだけが、まともなビルドでした。

なので、わたしは地獄でしたね。。。

わたしはタンク装備にしていました。わたしは敵の中央に踊りでるわけですが、後続の火力がアレすぎるため、もうどうしようもなかったです。わたしが支え、稼ぎだす時間の間に、敵のHPが減らないw

もちろん、狩猟民族Bが戦列に加わってくれれば、火力はパワーアップします。

しかし、狩猟民族Bは、バックドア作戦、いわゆる本体と離れてタワーをへし折る作戦へと移行していました。

もちろん、狩猟民族Bがちゃんと戦列に加わっていれば、違う結果があったかもしれませんが。。。ただ、味方がちょっとアレだったので、頑張ることにしたのでしょう。

狩猟民族Bのゲームを支配する獅子奮迅の動きに、ついに軍師様までが。。。

狩猟民族A
b0028685_21593277.jpg
「いけ! いくんだ! お前が、お前こそが! チャンピオンだ!」


狩猟民族B
b0028685_21594966.jpg
「なに、お前も最高のプレイヤだ」


なにこの少年ジャンプみたいな展開www
ちょっと笑いましたw

狩猟民族って、なんか即座に文句ばっかり言ってます。でも、すぐに(本心ではなくても)謝ってしまうと、途端にナイス・ガイに変わります。あれはなんなんでしょうねw

さて、最後。。。
双方とも、本陣はボロボロの状態。

こちら4人は本陣を守り、狩猟民族Bが単身突撃。
敵は本陣を1人が守り、こちらに4人が突撃。

もちろん、こちらのクソ火力で本陣を守れるはずもなく、あっという間に防衛陣は突破され。。。しかし、狩猟民族Bも敵を打ち殺し、本陣にアタックをかけます。だけど、人数が。。。

わたし
b0028685_21535828.jpg
あかん、負けや。。。


そこで本陣が爆発。。。
しかし、画面がカメラが動いて映しだしたのは、敵の本陣でした。

そして響き渡る狩猟民族Bの絶叫!

b0028685_21594966.jpg
「見たか! 俺はこのチャンピオンの使い方は知り尽くしている!」

カッケェ!
あまりに劇的なラストにみんなどよめきましたw

こっちの本陣もHPミリでしたからね。。。

ただ、驚いたのは、かなりスゴいやつだなあ、と思い、ネットで勝敗を調べたら
「111勝146敗」。。。

え?
なんじゃ、その成績は。。。?

同じレーンで戦っていましたが、狩猟民族Bの動きは悪くなかったです。それで35敗マイナス?

まあ、今回、うまく。。。かつ劇的に決まりましたが、あんな強引なバックドア、普通、失敗するよなあ、と。戻るのはリコールで一発なんですから、あの状態なら、誰かがひとり戻れば終わっていました。

こういう強引な作戦は失敗も多いってことでしょうかね。。。

勝てたのはいいけど。。。
なんか、普通にやっていたら、もっと楽に勝てた気がします。

なんてこれクソゲー?
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-17 22:26 | League Of Legends
2013年 06月 16日

ハローワークを『ギルド』って名前にしたらニート来るんじゃないの?

これは面白かったw

ハローワークを『ギルド』って名前にしたらニート来るんじゃないの?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4478154.html

確かに、ハローワークってギルドだねw

説明しよう!

ギルドとは、ファンタジーゲームに出てくる、冒険者たちに仕事を斡旋する組合である!

>どーせギルマスに
>「君のレベルじゃちょっと無理だね・・・今まで何してたの」
>とか言われてへこむんだろ

ワロタwww

ファンタジーゲームでレベルが足りなくて「紹介できない」って言われたとき、冒険者たちもこんな気持ちなのだろうか。。。

>ニートもできた当時は無職よりクリーンな響きがあったがもう駄目だ
>だから新しく冒険者って名称を付けようぜ

冒険者www
それに対する返事は。。。

>危機感を煽る名称だから賛成するわwwww

確かになあ。。。ニートって冒険しているよなあ。だけど、たぶん、ニートは呼称が冒険者に変わっても「今、俺は冒険しているんだ。。。そう、人生のな。。。だから、働くわけにはいかないんだ」と言いそうです。

>資格はなんて名前に変えるの?

それに対する返事は。。。

>スキル
>>やべえ・・・ワクワクしてきた・・・これやべえよ・・・

確かに、スキルって言葉のほうがカッコいいですねw
今後は資格って言葉は廃止にしましょうね。

中二病的な呼び名をつければどうでしょう。
これは、取りたい、と思わせるようななにか。

フラワーコーディネーターなら「百花繚乱(ハンドレッド・フラワー)」とか。

これですよ。
これできっと、ニート問題は解決する!!!






な、わけ、ないw
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-16 22:03 | 雑記
2013年 06月 15日

League Of Legends the クソゲー

League Of Legendsは相手を殺すゲームではなく、陣取りゲームです。だから、キルをとりまくっても、それはゲームの決定打にはなりません。

さて、最近のクソゲーを紹介しましょう。

b0028685_19371716.png


37キル63デッドwwwww
ほぼダブルスコアwww

もう、この結果だけで、いかにクソゲーかわかります。

でも、勝っています。
見よ、画面の上に燦然と輝く「VICTORY」の文字を!

我がチームの惨憺たる状態
わたし/6キル6デス(0)
狩猟民族A/12キル16デス(−4)
狩猟民族B/4キル16デス(−12)
狩猟民族C/11キル12デス(−1)
狩猟民族D/4キル13デス(−9)

なんぞ、この状態www

一方、敵のチームの状態
狩猟民族E/15キル7デス(+8)
狩猟民族F/29キル0デス(+29!!!!)
狩猟民族G/3キル14デス(−11)
狩猟民族H/8キル8デス(0)
狩猟民族I/8キル8デス(0)

もう、なによ、これー、マジ、なによ、これーな状態。

狩猟民族Fの29キル0デスとか、もう、止めてよね、と。殺せる! というタイミングで魔法を打ち込んでも死ななかったので驚いていたら、かなりタンキーなビルドですね。

よく勝てなあ、と思うわけです。

序盤、こっちは、狩猟民族AとBがいきなりケンカですよ。

A「俺を助けろよ!」
B「お前、先にいきすぎなんだよ、ボケ!」

なんか、ダルいわけです。
仲良く。和を持って尊し。お前ら、この言葉を持っていけ!

序盤から、キルの数はダブルスコア差。こちらが13だったら、あっちは26。
流れ続ける、トップレーンの大虐殺ショー。

トップが崩壊気味なので、なんか、29キルのダリウスが何度も何度も私のミドルレーンに流れてきて、実に緊迫感がありましたね。

ボッコボコだったんですけど、敵は防衛タワーを折るのには、さほど意識を向けてないようで、タワーの折り合いは、若干こちらが有利でした。

ですが、もう、ボッコボコで。。。勝てる気がしません。

キルデスレースで負けているってことは、こちらの総合力は相手より弱いです。てことは、当然、レーン戦が終わり、チーム戦に移行しても押されるんですね。

もう、勝てねえよ、と何度もサレンダーするわけです。
狩猟民族のひとりがね。

でも、他の狩猟民族たちは未だ意気軒昂なわけです。「我ら負ける気配なし!」

いやね、確かにね、負けるのか、よくわかりませんでした。タワーの折り合いだとこっちが地味に勝ってるんですよね。こちらは大量に虐殺されるんですが、そのたびに敵のタワーを削っていたんですね。

ノルマンディー上陸作戦か、これ。

なので、わたしも全員が否決に投票するのを見てから、否決していました(テヘペロ)。
気分はサレンダーしてもいいかなあ。。。くらいな感じですね。

それから試合は展開し、互いに防衛タワーはほぼ折れ(あいかわらず、こちらが若干、有利)、ぼろぼろのレイトゲームへと流れこんでいきます。

でも、わずかに保っていたタワーリードも失い、じわじわと追いつかれ、こちらの本拠地は丸裸。

さすがに私もタイプします「/surrender」
しかし、狩猟民族は意気軒昂! 「我らに敗北の文字なし!」

で、敵も疲れていたんでしょうかね。。。
敵が出払っていたんですね。

少数の留守番を本拠地に置き、本体はトップかボトムを進んでいのかと思います。

まさに、わずかに開いた刹那の、勝利への隙間!

わたしと狩猟民族Aが進撃を開始、前に立ちはだかる狩猟民族GとIを粉砕すると、あとは誰もいない、がら空きの敵の本陣があるのみ!!!!

これが! これこそが!
負けるしかない運命を変える、唯一残された奇跡!

surrenderに投票した、わたしと狩猟民族Aが、勝負を決するために(笑)無人の本陣を襲撃します。

。。。で、陥落w
そして、燦然と輝くVICTORYの文字!

29キルしている狩猟民族は「え!? 俺たちが負けたの!?」と驚いていました。

そりゃ29キル0デスだったら、そうでしょうねw

敵の敗因はキルに固執したことですね。

終盤こそタワーを折りに来ていましたが、中盤までその意識がかなり弱かったです。キル/デスレースで勝っていても、最終的に負けるのはこのケースが多いですね。

このゲームは勝ちこそしましたが、展開的にはクソゲーです。
クソゲーでも勝てる。それがある意味で、面白いですね。

あ、ちなみに、わたしも頑張りました。

b0028685_19371996.png


Honorable Opponent3つ。
敵からの投票ですね。いや、がんばったと思いますよ。。。

疲れた。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-15 19:51 | League Of Legends
2013年 06月 12日

そしてぼくはかんがえるのをやめた

結局のところ、League Of Legendsで勝ちを目指すからこそ、クソ味方を掴まされて、What the Fuck! になるわけです。

だから、僕はもう。。。勝ちたいと思わなくなった。

楽しもうじゃないか。もう、いいんだ。ゲーム自体はとても楽しめるのだから、普通に遊べばいい。。。

もともと、ようやく勝率5割が見えてきたので、勝ちたい気持ちが強くなっていたのだね。借金生活を終え、貯金生活を送る。。。ふは、ふはははは。

そこで、やってくる、キチガイ狩猟民族たちですよ。
YEEEEEEAAAAAHAAAAAAAAAAHHHHH!

そりゃキレるっつーの。

というわけで、少しばかり僕は、勝ちにこだわって「きちんとした試合」にこだわりすぎたようだ。

悟りの境地を開き、まるで台風の過ぎ去った青空のような澄んだ気持ちを手に入れ、僕は再びLeague Of Legendを立ち上げる。両頬に笑すらたたえて。

許そう、すべてを。
狩猟民族たちの愚かな蛮行を、仏の心で許そう。

最終解脱をおこなった、私の試合結果は。。。2戦。。。

2勝!!!

これですよ、これ。これこそが、仏に転生したわたしの強さ。ちゃんとした試合なら。。。ちゃんとした試合なら、私は。。。

1戦目/敵が1人途中で離脱
2戦目/敵が1人途中で離脱

ああ、そうですか。そうですよね。敵4人だったんですね。。。
そりゃ勝てますよね。。。

敵が少なかったとして、そりゃ勝てるんですけど、なんか勝っても、ああ、勝てるよねー(棒)みたいな感じ。虚しい。

そして、肝心の試合内容。

1試合目

TOPの2人がケンカ。

「お前、前に行き過ぎなんだよ!」から始まり、仲たがいして、片割れが私のmidレーンに押し寄せる。これは「襲撃」ではなく、単にお引越し。勝手な配置転換。

そこから、メンバーが勝手にレーンを行き来しだし、戦線という概念がなくなる。カオス。いや、これはこれで面白かったけどw

2試合目

「KS!」と叫ぶ狩猟民族。疑いをかけられたほうは「いや、KSじゃないだろ。俺のほうがダメージ与えたし」と反論。その後、2人で延々と言い争い。

。。。
。。。
。。。

勝てたけど、敵が四人だった。
そして、狩猟民族は延々と口げんか。

なんだ、これは。
わたしの慈愛の気持ちを試そうとしているのか、神よ。

つーか、これで負けていたら、もうマジで心が折れるレベル。

狩猟民族。もうちょっと、心の広さを持て。お前たち、ちょっとしたことで興奮しすぎ。日本人って、本当にすばらしいですね。最近、愛国心がマシマシです。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-06-12 22:49 | League Of Legends