<   2013年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 29日

世界で一番ヒットしている(らしい)league of legedsをやってみた

リア充どもには幸福なる連休も、私のようにモノクロ人生を疾走中だと、単に暇なだけなんですね。モノクロのキスなんてものは存在しないのです。

どうやって暇をつぶすか。。。

ところで、昔から暇をつぶすってすごい言葉だなあ、と思っていたんですよ。つぶすって。虫じゃないんだよ、と。だけど、英語はもっとすごいんですよ。kill time。時間をぶっ殺しちゃうの。時間警察に捕まるっつーの。欧米は半端ねーですよ。

で、最近、League of Legendsっつー、ゲームを知ったんですよ。なんか今、世界で一番プレイされているゲームだとか。しかも、無料。

本家
http://na.leagueoflegends.com/

wiki
http://loljp-wiki.tk/wiki/

5対5でオンラインネット対戦するゲームです。リアルタイムストラテジー型、でしょうか。

プレイヤは「チャンピオン」という、キャラクターを操り、マップ内にある3本の道に展開、攻防を繰り広げます。戦術的な勝利を積み重ね、相手を押し切って本拠地を落とせば勝ちです。

最初は、もう1回の戦闘で死にまくっちゃいまして。。。13死とかしちゃったときは、もうなにこのクソゲーとかと思っていたんですけど、押し引きのタイミングを覚えると、なかなか楽しいですね。

基本的には、ミニオンという雑魚兵が勝手に沸き、自動的に敵陣へと突撃していきます。
・自軍のミニオンを助ける
・敵軍のミニオンを殲滅する

その間に、眼前に立つ敵チャンピオンをじわじわ削り、可能であればぶっ殺す、のが進め方になります。チャンピオンを殺せば、リスポーンまでの時間が稼げますし、装備を買うためのお金ががっつりと入ります。

その観点に立ち、スキルの使用を組み立てるわけです。

チャンピオンも死ぬくらいなら逃げますので、確実に仕留めないといけません。加速系で追いかけるか。。。大ダメージ系の必殺技を持っているのなら、それで確殺できるまで削ってからぶちのめす、とか。。。

スキルにはリチャージ時間がありますので、どのタイミングでどうスキルを叩きこむかが重要となります。つまり、自分なりの確殺プロセスの構築――人、それをコンボといいますね。

ただ、殺しているだけだと、ダメなんですね。。。

ついさっきのゲームで、こっちの軍勢は60kill、相手は30にも見たないkill数でした。確実に勝ったな、と思っていたわけですよ。それが終盤に大逆転を食らってね、もう、ぽかーんですよ。

なにがダメだったのか。。。こっちのチームは5人のうち、2人が対人で殺しまくる側に回っていたんですね。こっちは3人しか攻めていない、と。そのせいで、kill数は稼げましたが、攻める力と守る力に欠け、一瞬のすきを突いて、一気に攻めこまれて負けてしまいました。

確実に勝てた試合だったのになあ。。。それもまた、このゲームの妙味ですかね。

ゲームに関して、気に食わない点は、以下の2点です。
・全世界展開のゲームなので、英語の勉強にいいかと思ったのですが、英語、関係ないw
・1ゲーム40分くらいかかるので、ちょっと長い

せめて、1ゲーム20分くらいならなあ。。。わたしのヘボパソコンでも動く、数少ないネトゲーなので、続ける方向で考えたいのですが、さてどうしたものか。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-29 15:37 | 雑記 | Comments(2)
2013年 04月 27日

コレは、チチブクロでしょうか

なんか、ネットを見てたらこんな広告画像を拾いました。

b0028685_22482729.jpg


え。。。?

たぶん、女性キャラだと思うのですけど、なんといいますか、胸がすごいことになっています。ていうか、え?

人体的におかしくないでしょうか?w

長さを眺める限り。。。人間の肘から指先くらい飛び出しているように見えます。それだけの体積、すなわち、超重量。普通は垂れるはずですが、しかし、ロケットです。

重力に抗っていますよね、クーパー靭帯にも限界はあります。となると、服でしょうか。

胸の部分に添え木とかしているのでしょうか。コルセット的ななにかとか。

それなら可能でしょうね。

でも、そのロケットおっぱい型コルセットを装着するのって、すごいですね。さながら、某民族の男性がジュニアにケースを付けるように、コルセットに推定Zカップを挿入する。なかなかにキモいです。

なんちゅーんでしょうね。

最近、こういう女性的な部分を強調するゲーム広告が多いですね。スマホに表示される、ソシャゲーとかも、かなり、アレな感じのイラストと煽り文句です。

やり口がワンパターン&低俗なんですね。。。

でも、イラスト1枚でサイト訪問者の気を引かなければいけません。ゲームプレイヤーは男性が多いので、女性のセクシーイラストを使うのが、一番、効果的なのでしょう。

今回のイラストは、女性らしさを超越して、アホさ加減が突き抜けていて、私は笑える、という意味で好きですがねwww

結局、2000年を掛けて文明を積み上げても、人は本能には勝てない、ということでしょうか。高尚な理念も、革新的なウリも、信念を込めたプレゼンも、「おっぱい」の一言に勝てないわけです。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-27 23:07 | 雑記 | Comments(0)
2013年 04月 25日

ユニ○ロとワタ○が何を言うのも自由なのだ。そして

なんつーんでしょ、ブラック企業ぶっちぎり一等賞はワタ○だったわけですけど、負けてなるものかっ! とユニ○ロが大外から猛烈に追い上げております。互いに「いかにブラックか」とアピールしあうあたりに、プライドを感じます。

そこまでしてブラック企業大賞が欲しいのでしょうかね?

悪名とはいえ、有名になれば広告費が削減できるから、とかそういう感じでしょうか? タレントの出川が「抱かれなくない男」に選ばれて「待ってくださいよおおお!」って叫びながらも実はオイシイと思っているみたいな?

この2社の最高に面白いところは、ブラックではない、と否定しながら、その否定のための材料が、ぶっちぎりで「頭おかしい」認定されるレベルなんですよね。

まず、王者ワタ○ですが、いきなりぶっとばしてくれるんですよね。

「我々はブラックではない。先日も日本中を出張し、社員たちに「ありがとう」名刺を配った」

全力でぽかーんですよね。

労働時間が長いだの、離職率が高いだのをインタビュワーは聞いているのです。そこの抗弁として出てきたのが、「ありがとう名刺を配った」です。え? 離職率とか聞かれるってわかっていましたよね? なのに、考えに考えてでてきた言い訳がそれ? そぉぉぉれぇぇぇ?

ちなみに、ありがとう名刺というのは、単にありがとうと書いているだけの紙切れです。その、ありがとう名刺というもの自体が、普通の人の感覚だと「ない」んですよね。

働きまくってくれてありがとう。金も休みもやらないが、名刺やるから喜んでくれ、と。それ喜べるの、経営者だけだよなー、そうだよなー。みたいな。これ、ブラックですよね。

いきなり全裸になって目の前でオ○ニーを見せつけてくる勢いのワタ○。このドライブ感は半端じゃないです。さすが、ブラック業界の頂点に立つ大物です。

しかし、そうはさせないのが、ユニ○ロ。

グローバルだ! 全世界共通給料だ! と叫び、給料は100万円になっても仕方あるまい! と喝破するわけです。100万円。まず日本だと生活すらできません。いいですね、ユニ○ロ。見よ、この奇跡の末脚を。一人旅状態のワタ○に、たった一言で肉薄です。

さらに、離職率が高いのも「グローバル化を進めたからだ!」と言ってます。グローバルって言ってたら、多少、ムチャしてもいいよね? 感が出ていて、実に香ばしいです。ポストが赤いのも、きっとグローバルのせいでしょうね。

ワタ○と同じく、ブラック企業ではない、と否定しておきながら、この第三者から見る限り、まじヤベー感のあるメッセージを全方位360度に向けて発信してくれるズレは上質のコメディと言っていいでしょう。

ワタ○にしろ、ユニ○ロにしろ、もう明らかに、黒いですよね。

だからこそ、明らかに黒いからこそ、いいんじゃないか、と思うんですよ。彼らは許されたと。

彼らは叫んでいるのです。声を大にして、日本中に届けと言わんばかりに「俺たちはブラックだああああああああああ!」と。

つまり、今、あの会社に入るのは「ブラックと知りつつ入るから」です。そこになにかの理由があるのでしょう。少数のサバイバーとなり、勝ち組に入る自信か、あるいは創業者への憧れか、企業のブランドか、他の何かが。

小さい、無名な会社のブラックこそが厄介です。だって、入らないとわからないですからね。そして、転職のしにくい日本ですから、ヘタな会社を踏めば命となります。それに比べれば、ワタ○やユニ○ロを避けるのは容易です。だって、自分たちで教えてくれていますからね。行きたいのなら、自分の人生を賭け、自己責任で入ればよいでしょう。

隠さずに我々はブラックだと宣言しているのなら、そういう会社があってもいいんじゃないでしょうか。

そう、彼らは存在してもいいし、ブラック哲学を全開にしてもいい。同時に、消費者には就職する、しないを選ぶ権利があり、そして。。。利用する、しない、という権利もある。

店舗を利用しない、彼らの利益に貢献しない、という選択肢を忘れてはいけません。

彼らの考えに賛同できず、不快ならば、簡単です。利用しなければいい。その小さな声が束なれば、大きな鉄槌となるでしょう。むしろ、彼らの店を使うということは、遠回しながら、彼らの意見に賛成していると言ってもいい。

なので、私は使わないわけです。簡単な理屈ですね。

ちなみに、しまむらは優良企業らしいので、ユニ○ロの代わりにいかがでしょうかw
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-25 21:50 | 雑記 | Comments(0)
2013年 04月 24日

アクマで、執事ですから

黒執事(北米版)BDを買いました。

黒執事ファーストシーズンBD+DVD BOX(北米輸入盤)
Fanimation Entertainment
売り上げランキング: 19,205


買った理由は、シンプル、少し前に買ったHELLSING(北米版)の会話内容が、とても、日常会話で使えないから。。。

死んだプロテスタントだけが、いいプロテスタントだ、うははははははははは!
A good Protestant is only a dead Protestant, Weeeehaaaaaahaaaaa!

死刑執行!
Execute them all!

我々は神の代理人!
We are instruments of God!

お見事、我が宿敵
Nicely done, my nemesis.

。。。ではありません。使えなくても、使うのが、作品に対する愛。HELLSINGへの愛は無限大。いつか必ず使うわけです。アンデルセン神父がアーカードたちを「いつか必ず殺す」と言った、いつか、と同じくらいの重さです。

黒執事を買った本当の理由は「英国発音」だからです。この作品は英国紳士たる坊ちゃんが主人公のストーリーですからね。ヤンキーの下品な英語は坊ちゃんには似合いません。

おおざっぱに英語の発音を分けると
・アメリカ英語
・ブリティッシュ英語

になります。中身はけっこう違います。

まず発音。有名な話だと、eitherが。。。
・イーザー->アメリカ英語
・アイザー->ブリティッシュ英語

言葉自体も違ったりします。同じケータイ電話でも。。。
・cell phone->アメリカ英語
・mobile phone->ブリティッシュ英語

現在、米国が世界の中心のため、日本で出回っている音声教材の多くは米国準拠です。でも、TOEICは両方の発音が出てくるんですね。となると、全編英国発音の本作品はなかなかに貴重な存在ではないでしょうか?

黒執事、面白いしね!

ただ、本物の英国発音ではなく、米国人がマネしているパチモンらしいですがw

「英国紳士の発音ではないね。。。だけど、まあ、がんばってはいるんじゃない? 英国発音っぽくはあるよ、うん」というのがネイティブの評価らしいです。

なんといいますか、この上から目線。関西人が関西弁のドラマやアニメを見たとき、関西弁のチェックを自動的にしていまうのに似ていますねwww

一応、ひととおり、見てみましたが、なんつーんでしょ。

坊ちゃんが「young master」ってのはどうなんでしょうね。坊ちゃん、という、ちょっと、からかった感じの妙味がない気がします。ちなみに、ヤクザの息子の「若」も「young master」っぽいです。このあたりの、言葉の選択肢の少なさが、英語は微妙だなあ、と思います。

あと、あの名言はこんな感じです。

あくまで、執事ですから。
You see, I'm simply one hell of a butler.

a hell of/〜かなり凄い
butler/執事

なので「ご存知の通り、ただのちょっとした執事ですよ」が直訳になるでしょう。おや「アクマで執事」というのが、このセリフの妙味ですが、それはなくなってしまったのでしょうかね?

一応、hellってのがありますね。地獄。ここがかかっている感じなのでしょうかね? 英語の微妙な感覚ってのはよくわかりませんが。。。まあ、あくまで勉強中ですから。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-24 00:03 | 雑記 | Comments(2)
2013年 04月 21日

電王戦雑感ーGPSが示したもの

大盛り上がりだった電王戦が終わりましたね。プロ棋士vsコンピューターの将棋対決。

将棋は複雑なゲームであるため、たやすくコンピューターでは人を超えられない、と言われ続けましたが。。。その伝説がとうとう4月20日に終わりを告げてしまったわけです。

5戦して、結果は1勝3敗1分。コンピューター側の圧勝ですね。

圧勝という表現は、おそらく5戦目の内容があまりにも衝撃的だからこそ、適切なのでしょう。

私は将棋に詳しくないですが、最終戦に出てきた人はA級棋士というランクの人です。サッカーで例えるのなら、サッカー代表選手に呼ばれるレベルの人たちって感じでしょうか。

その一流選手が、ほぼワンサイドゲームで、コンピューターGPSに敗北を喫したわけです。

深刻なのは、人間側が「ほぼミスらしいミスもしていないのに」「なすすべもなく一方的に負けて」「負けた本人すら敗因がわからない」ということでしょうか。

プロ棋士が先手で、出だしは悪くなかったそうです。万全の状況で試合を展開していたのに、気がついてみれば。。。

「触れれば攻撃するハイエロファントの結界は! すでにお前を包囲している! 喰らえ! 半径360度エメラルドスプラアアアアアアアアッシュ!」
「ふん。お前はすでに、自分が死んでいることにすら気づいていない。そして、時は動き出す。。。」
「な、うごおおおおおああああああああ!」

みたいな感じでしょうか。

これ、彼我の戦力差は、もはや、紙一重とかそういう次元じゃないですよね。2chのスレで、将棋に詳しそうな人のレスを見ていると「もはや羽生はもちろん、他の連中でもGPSには勝てない。化け物だよ」という悲観論が多かったです。

実際、GPSは化け物なんですね。700台近いパソコンを同時に稼働し、超高速演算により、一秒間で3億手を読み込む。「正確に試合の展開を読み」「状況判断を的確にした」ものが将棋の勝者となるのなら、こんなのに勝てるはずがないです。

GPSに敗北したプロ棋士の会見を見ていましたが、魂が抜けていましたね。それだけ、圧倒的だったのでしょう。

1台のコンピューターとやるべきだ、という考えもありますね。対戦する人間はひとりですからね。次に電王戦が行われるなら、その制限が課せられるかもしれません。

ただ、それをどう考えるかですね。

というのも、大量のコンピューターを並列稼働させる、というのは単に演算速度を強化しているだけ、なのですね。そして、コンピューターは年々、性能を増している。つまり、GPSは未来の力を具現化しているだけに過ぎません。

未来の力、すなわち、いずれくる時代なのですよね。

ここで棋士側が一台制限をつけ、トップ棋士を投入して来年、勝利をしても、結局のところ、5年後か10年後に敗北が伸びるだけです。加えて、観戦者たちは、異次元レベルのGPSの強さを知っています。ここでプロ側が制限をつければ、逃げた、と見られるでしょうね。。。

せめて今回、A級棋士を二人、入れておけばよかったですね。GPSは異次元クラスの強さとしても、他の、いわゆる普通のコンピューターにはプロの意地を示せたかもしれませんからね。ただ1人のA級棋士が、凄惨な負け方をしたのが厳しい。

コンピューターは「過去の棋譜をすべて丸暗記し」「正確に手を読むことができる」。

人の持つ直感という力、無意識のうちに情報を取捨選択する力を、コンピューターのベタ読み超高速演算が凌駕しつつあるのでしょうね。そこに誰もが畏怖する神の一手はなく、ただ計算の結果だけがある。

今回、興味深かったのは、コンピューター側が「新しい定石を生み出したり」「普通のプロ棋士なら使わない手を指し、結果的に正しかった」ことでしょうか。

コンピューターは冷静に損切りしますからね。そこに感情はないわけで。人間が持つ「もったいない」「つまらない」とは無縁です。

コンピューターの力は、将棋レベルの向上にとって有用でしょう。
うまく双方が協力しあえる未来があればいいですね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-21 12:19 | 雑記 | Comments(0)
2013年 04月 20日

リトルウィッチアカデミアが面白かった

どこかの作品賞をとった? アニメ「リトルウィッチアカデミア」がネットで公開されています。

リトルウィッチアカデミア


短編作品です。これが、まあ、面白いですね。なんといいますか、わずか30分の間に、これでもかというほど、ワクワクとドキドキが詰まっています。

いいなあ、これ。まったく退屈しません。王道のシナリオに、ぬるぬる動くアニメーション、魅力的なキャラクター。ああ、これですよ。これこそが、正当なる傑作です。

これは、ただのトレーラーらしく、劇場版も視野に入れているそうです。
ぜひ、期待したいですね。

新しい時代に目を背け、古い歴史に固執する魔女たちに絶望し、ついに全魔女大粛清を決意するシャイニーシャリオ。。。「このわたし、シャイニーシャリオが粛清しようというのだ!」その彼女に憧れ、そして今、彼女を止めるために戦場へと飛び立つ、古の魔女の血に覚醒したアッコ。。。「貴女ほど急ぎ過ぎもしなければ、人類に絶望もしちゃいない!」

ふたりの世界を掛けた大戦が今、始まる。。。
ってそういう話じゃないです。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-20 15:32 | 雑記 | Comments(0)
2013年 04月 16日

やふぱ?

なんだか、知り合いの知り合いが結婚するそうでして。ともかく、メデタイわけです。

で、どうやって知り合ったの?
と聞いてみると、表題の答えが返ってきたわけです。

「やふぱ?」

なんといいますか、ヤフーパートナーとかいうお見合いサイトだそうです。
最近はこういう形のカップルも増えているらしいですね。

出会いがない人にはこういうのもいいらしいですが、噂によると、スペック勝負になるそうです。
男性に必要なのは、年収という名の実弾。すなわち、戦闘力。

「私の月収は53万円です。でも、ご安心ください。これは手取りで、ボーナスも別で支給されますので」

こんなフリーザ様が降臨すれば、一個大隊が「抱いて!」になるらしいですが。。。
通常は戦闘力5のおっさん並の扱いになるらしいです。

「ゴミめ。。。」

現実は残酷。砂糖菓子の弾丸では、撃ちぬけない世界が確かにある。

b0028685_2026362.jpg


某所で見つけた年収別の既婚率です。

すばらしい、実にすばらしい。いかに年収というものが、強大な壁として立ちはだかっているか、これで一目瞭然ですね。

その程度の、ちんけな源泉徴収票で、よくも、わたしの前に立てたな、カスが。。。! 貴様がわたしの視界を塞いだせいで。。。イケメンの年収1000万円を見逃したら、どう責任を取る。。。この、ダニめ。。。! 失せろ。。。!

年収という絶対的な基準をどう乗り越えるのか。ノルマンディー上陸作戦にも似た、これは地獄。





b0028685_20281057.jpg


持たざるものにチャンスは与えられていないのだろうか?
否、断じて否である。

一時的にでも、現実主義の権化たる女性たちの年収センサーを撹乱し、わずかに精神の隙を作り出せれば。。。錯覚と勢いで道は切り開かれる。

それが持たざるものに与えられたただひとつの道、希望。

必要なのは、残酷な世界を一瞬だけでもバラ色に染め上げる、神の業にも等しい奇跡。

「いつから俺が、リア充でコミュ力抜群のハイスペック男だと錯覚していた?」

情報によると、このサイトが役に立つそうです。

スゴレン
http://www.sugoren.com/

結婚する彼はこのサイトを見て勉強し、運命に触れたそうです。
なるほど、では、試しに見てみましょう。

オタク系男子に対して、女子が「カッコイイ!」と胸キュンする瞬間9パターン
http://www.sugoren.com/report/2670/

>【1】興味の対象を前に目をキラキラとさせたとき

別のサイトで読んだことありますよ、ええ。
「意味わかんないのに目をぎらつかせてるの、きもい」って言ってました。

>【2】複雑なパソコン機器を軽々と組み立ててくれたとき

別のサイトで読んだことありますよ、ええ。
「パソコン組み立ててドヤ顔とかマジキモイ」って言ってました。

>【3】映画を観た後の感想が驚くほど深い内容だったとき

別のサイトで読んだことありますよ、ええ。
「男子って細かく説明するの好きだよね。うっとおしいんだけど」って言ってました。

>【4】熱中しすぎて趣味とは思えないほど真剣な表情を見せたとき

別のサイトで読んだことありますよ、ええ。
「わたしが退屈しているの、わからない?」って言ってました。

>【5】得意分野に関する質問をしたら、感動するほどわかりやすく教えてくれたとき

別のサイトで読んだことありますよ、ええ。
「ちょっと得意分野の話を振ったら、調子に乗るの、うざい」って言ってました。

>【6】仕事場にアニメのキャラクターを飾る姿を見て癒されたとき

別のサイトで読んだことありますよ、ええ。
「常識、疑う。マジきもい」って言ってました。

>【7】普段は無口なのに、趣味については熱く語り始めたとき

別のサイトで読んだことありますよ、ええ。
「人格変わるの、きもい。ついていけない」って言ってました。

>【8】好きなことを何年も続けるところに一途さを感じたとき

別のサイトで読んだことありますよ、ええ。
「なんか、結婚後も趣味ばっかりやってそう」って言ってました。たぶん、正しいです。

>【9】オタクな趣味を公表する潔さを見たとき

別のサイトで読んだことありますよ、ええ。
「キモ! そんな人とは思わなかった!」って言ってました。




ダメじゃん!!!

ほんとうに役に立つのでしょうかね、このサイト。なんていうか、適当に思いつくことを並べただけのような気もします。あるいは、結局のところ「※」のような気もします。

いずれにせよ、少なくともヤフパで一組のカップルが生まれたのは事実のようです。

年収、あるいはメールテクニックに自信がある人はエントリーしてみてはどうでしょうか。運命がそこにあるかもしれません。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-16 20:43 | 雑記 | Comments(6)
2013年 04月 14日

劇場版ドラゴンボールZ神と神が面白かった

劇場版ドラゴンボールを、ちょいと観てきました。

だって、ドラゴンボール直撃世代ですしー、なんか劇場版、評判いいみたいですしー、映画1000円だしー。

みたいな!

で見た感想としては。。。

面白かったですね!

ドラゴンボール世代の人は見ていいでしょう! さすが、脚本に鳥山明がかんでいるだけありますね。

なんか、某実写版がクソすぎてダメだったので、怒りの鳥山明が動いたそうです。見せてやろうじゃないか、本物のドラゴンボールを!

全編的にコメディタッチなストーリーです。こきざみにコミカルなシーンを入れてくるので、退屈せずに見せてくれます。サービス精神の密度がすごいです。

でも、戦うときのガチ加減。ここはもうガチガチの後期ドラゴンボールです。CGで描かれた背景を、ぐりぐりと動かした立体感のある戦闘は迫力があります。

どういう感じかというと、3部JOJOのカイロを舞台とした対DIO戦のような躍動感とスピード感があります。

ふと思ったのは、ドラゴンボールってのは、悪役の魅力があってこそなんだな、ということです。

今回、コメディタッチな展開の大きな理由のひとつは、破壊神ビルスの性格があります。悟空もベジータも登場していない時間帯があるのを考えると、全編にわたって出ていたビルスこそがストーリーを動かしていたと言っていいでしょう。

思えば、永遠の悪役フリーザさまにしても、セルにしても、魔神ブウにしても、やたらと存在感がありましたよ。そして、個性的。

そういった悪役の魅力があって、結局のところ、それを乗り越えようとする悟空やベジータたちの苦闘が輝くのでしょう。そして、読者、あるいは観客は、そんな彼らを応援し、共感していくと。

今回のビルスの魅力も、それに迫るものがありましたね。いいキャラ造形でした。

あと、面白かったのは、悟空が仲間の力を否定することですねw

詳細は省きますが、ビルスに勝てない悟空は仲間の力を得ることで一時的なパワーアップをし、ビルスといい勝負に持ち込みます。ただ、彼は、それが不満ですねw

彼の発言からすると、どうやら1人の力でビルスとの戦いを楽しみたいと。でも、修業をする時間もないし、今の時点では勝ち目がない。なので、仲間の力を借りるわけですが、それは悟空の本意ではない、と。

普通、主人公って、仲間の力を結集して勝つ、それが普通なんですね。自分一人の勝負にはこだわらないわけです。でも、悟空は1人で戦いたい、というのが本音なんですねw

仲間の力によるパワーアップを「気に食わない」という主人公www

亀仙人が評するところの「純粋な格闘バカ」というのは、悟空の二つ名としてぴったりですね。某所で書かれていたとおり「劇場版は、ドラゴンボールとは悟空が自分の強さを求め続ける物語である、と再定義した話」というのは、適切かと思います。

1時間30分という尺からもわかりますが、おそらく、テレビでやるでしょう。3年後かな。。。劇場版の続編がそれくらいにあると思うので、それにあわせてやると思います。興味がある人はそちらで見るのはどうでしょうか。

最後にメモ。
ブルマ/38歳
マイ/41歳

だそうです。。。が、ネットで調べると、ブルマはサバ読みらしく、45歳だそうです。

ところで、ブルマがベジータに「サイヤ人は年を取らなくていいわね!」って嫌味を言っていたんですが、なんでしょうか、あれは外見上の話なのでしょうか、ガチで年を取らない、という意味なのでしょうか。

なんだ、その「エヴァの呪い」みたいなのはw
これからも映画化を続けるための伏線でしょうかね。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-14 21:57 | 映画感想 | Comments(2)
2013年 04月 12日

アベノミクスでどうなる?

黒田ハルヒ驚愕の日銀バズーカにより、華々しくアベノミクスが始まりました。実際のところ、どうなるのでしょうね?

確実なのは、ある程度まで、円安とインフレが進む、という点ですね。個人的には、少なくとも8月くらいまでは、この勢いで行くかと思います。

なんでかっつーと、参院選があるからです。

まず、円安とインフレ自体は、日本国の総意です。安倍首相の選択を、国民は支持したわけであります。内的な理由でこの流れが終わることはないでしょう。

なので、終わるとしたら外圧以外にないでしょう。海外の国が「懸念」を発表し始めるわけです。そのとき、安倍首相がどうするのか。。。?

実際のところ、「懸念」はしばらくないでしょう。ここで参院選が理由になるわけでして、海外の国としても自民党に負けてほしくないのです。

民主党の暗黒の3年間は海外、まず間違いなく、特にアメリカにとって(笑)、もう「ARIENEEEE!」な状況だったでしょう。

ここで変に外圧をかけてアベノミクスが終わってしまうと、日本の世論がどうなるか読めません。最悪、わけの分からない政党が勝ち、衆参で再びねじれる可能性があります。

また、世界経済自体が微妙な状態にあり、アベノミクスがどのような化学反応をもたらすか、誰にもわかりません。

自国にとって、プラスになるかマイナスになるか。。。品定めの期間が必要です。

というわけで、参院選で自民党が大勝するまで、外圧による動きはないでしょう。

某北の無慈悲な宣戦布告もカーテンとなり、アベノミクスの密やかな進行を援護してくれております。まさにデコイ。ナイス、カリアゲ。半島の騒乱は、60年の時を経て、また再び大日本国を利することになるのでしょうかね。

それはさておき。

円安とインフレはある程度まで進行するでしょうが、それで大日本国の景気がよくなるかは未知数です。。。というか、実のところ、関連性がない気すらします。

まず、円安円高というのは、天秤でしかありません。景気のいいも悪いもありません。円高なら輸入が有利になり、円安なら輸出が有利になる、それだけです。

インフレはお金の価値を下げる施策です。お金の流通量が増えるから、価値が下がるのです。

これがどう、景気浮揚に関係するのでしょうね?

可能性があるとすれば、国民がお金を使いだせば、でしょうか。

不景気の理由のひとつに、会社も国民もお金を使わなくなった、というのがあります。会社は内部留保を貯め続け、国民は銀行に貯金をし続ける。市場にお金は流通せず、景気は沈み続ける。

ところが、インフレになると、お金を使ったほうが有利になります。お金の価値が下がりますからね。貯めていてもいいことがありません。

これが需要喚起となり、景気回復への着火点になるかもしれません。私のプアな経済知識では、それくらいしかシナリオが思いつきませんね。。。

果たしてそううまくいくか、よくわからないです。

うまくいけばいい、と思いますがね。

別に億万長者になれなくてもいいんですけど、一度くらいはバブル、というのを味わってみたいものです。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-12 20:58 | 雑記 | Comments(0)
2013年 04月 09日

ブラックまいん代打ち

政府がブラック企業の公表を検討だそうで。

自民が「ブラック企業」公表提言へ 参院選公約
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0803G_Y3A400C1EE8000/?dg=1

労働力の搾取をしている企業には、ぜひ天誅を!

「無理は嘘つきの言葉」ことワ○ミはどうなるのでしょう。

政府>「では、ブラック企業を発表します! ワ○ミ!」
2ch>「知ってた」

知ってた、だけで2chのスレが埋まりそうな勢いですねw 

まいんちゃんー>まいんさん
http://www.youtube.com/watch?v=VEctJwqk31w

まいんちゃんから、まいんさんに華麗に進化、特定の人達にとっては退化した記録だそうです。

印象的なのは、がんばって可愛らしくキメゼリフを言おうとしている最初の時に比べ、最後は照れ、というか、「おいおい、いつまでこんな恥ずかしいセリフ言わせんだよ、ざけんなよ」という本音があふれそうなところ。人の成長って、純真さを失うってことでしょうか。

出退勤「代打ち」横行、静脈認証に市職員猛反発
http://www.yomiuri.co.jp/net/news1/national/20130409-OYT1T00381.htm?from=main8

公務員の、なかなかのクソっぷりが熱いです。

>職員証を機械にかざして出退勤時間を打刻していたが、
>職員証をほかの職員に預けて帰ってしまい、同僚に打刻させる「代打ち」が横行。

もう、この時点で、いろいろダメです。貴公にはジャンピング土下座がお似合いです。で、対応のため、市側が「手のひらの血管の情報を読み取る「静脈認証」」を導入しようとしたら。。。

>組合側は「職員を犯罪者扱いし、個人の身体というプライバシー
>情報を収集するのは許せない」と猛反発。

いいですね。素晴らしい。この悪あがきっぷり。愛すら感じます。

犯罪者扱いというか、勤怠の虚偽報告ってガチで犯罪行為だと思うのですが、私の日本語辞書がおかしいのでしょうかね。

人権シールドは実に便利ですね。自分たちの利権を守るために、その言葉を使うのは辞めて貰いたいものです。ゲスすぎて、人権が汚れますね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-09 23:59 | 雑記 | Comments(4)