<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 26日

俺の、俺の、iPhoneが。。。!

アイフォンンンンンンンンンンンンンンがああああああ!!!




























割れてしまいました。






















b0028685_1631910.png


orz

アスファルトに落としてしまい、ぱきっ! と。ぱきっ! と。
絶望的なので2回言いました。

。。。幸い背面なので利用上は問題ない&カバーをつければ隠せるので、別にいいっちゃいいんですがね。。。

Apple に電話して、修理代いくらなの? と聞いたら1万7800円と言われました。
高いよ!

ネットだと、フロントはその値段ですが、背面なら3000円って書いていたんですがね。。。ヘルプデスクのお姉ちゃん、あんまり経験が豊富そうではなかったので、そのあたり、勘違いしたのでしょうかね。。。?

今度、アップルストアのほうに行くことがあれば、聞いてみようかと思っています。

みんな、iPhoneにはちゃんとカバーをつけようね☆!







。。。ジョブズさん、裸のまま使え、余計なものつけるな、っていうくらいなら、もうちょっと頑丈にしといてwww(遺憾の意)
[PR]

by netnetnet_78 | 2012-08-26 16:33 | デジタルガジェット
2012年 08月 22日

グラップラー刃牙が終わってもうた

少年チャンピオンで長期連載されていた、ガイキチ格闘漫画、グラップラー刃牙がとうとう最終回を迎えました。

あまたある他の格闘漫画を圧倒し、燦々と頂点に君臨し続ける理由は、シンプル。登場人物たちの、戦いに対する狂った美学です。彼らのひけらかす、闘争や筋肉への愛は、明らかにいっちゃってます。

そんな数々の変人たちがぶつかりあったグラップラー刃牙も、いよいよ大詰め。親父vs息子の地上最強親子対決が始まってしまいました。

そう、地上最強の生物、オーガこと範馬勇次郎と、その息子、刃牙が、ついに拳を交えたわけです。

普通なら、主人公が負けるわけがないのですが、相手はなんといっても、オーガ。秒速で人間をミンチにできるバケモノ、戦い、という言葉を体現した、いや、擬人化した人物です。

なんといいますか、オーガの負ける姿が想像できないですねえ。。。ていうか、勇次郎がバキを殴り殺したところで、ありっちゃありのラストだったりします。ああ、やっぱり、勇次郎は強かったんだね。たぶん、読者納得できますね。。。

で、その勇次郎と刃牙の戦いなんですが。。。

・勇次郎、ボコボコにバキをしばく(ワンサイドゲーム)
・倒れた刃牙に、エア味噌汁を振る舞う勇次郎
・刃牙、味噌汁がしょっぱいといい、エアちゃぶ台返し
・勇次郎「地上最強を炊事場に立たせたお前が勝ちだ!」

勇次郎>「お前が今日から地上最強を名乗れ!」

ええええええええええええええええええええええええええええええええ!?

味噌汁作らせたから、お前が最強?
ぜんぜん理屈がわからねえよ!?

エア味噌汁とか、エアちゃぶ台返しが、読んでいない人にはわからないと思いますね。

なんていいますか、集中力がすごいと、まるでそれが存在するかのように感じられる、と。そして、さらに集中力が極まると、それが他人にも感じられるらしいんですね。

エア味噌汁ってのは、想像上の味噌汁で、ちゃぶ台も想像上です。つまり、ふたりで家族の団欒を(空想世界で)していたわけです。

次週最終回!

ってところで、刃牙がエアちゃぶ台返しをしたとき、はあ、なんじゃこりゃあ!? 全然終わり方が想像できねえ!? と思っていたんですよ。

そうしたら、なんか、ひとりで親父が納得しちゃって。。。脈絡もなく、お前がナンバーワンだ! って。。。おいおい。。。

なんだかなあ、という終わり方でしたね。

親子喧嘩ものは、両者が和解する形に終わっちゃうんでしょうかね。海原雄山も、なんだかまっとうな人間になっちゃいましたし。

結局のところ、話としては刃牙が勝つのが王道だけど、あまりにも勇次郎が強大すぎて、倒せるイメージがつかなかったんでしょうかね。。。

ある意味、もったいないですね。

主人公とラスボスの戦いだというのに、どっちが勝っても読者は納得できる。。。そんなカードです。どちらが勝つか負けるのか、最後までハラハラさせて欲しかったなあ、と思います。実の息子をガチで殺しにくる、そんな往年のギラついたオーガと、ぼろぼろに傷ついていく刃牙の戦い。。。そういうのが見たかったような気がします。

また、読む漫画がひとつ減ってしまったなあ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2012-08-22 21:31 | 雑記
2012年 08月 12日

え? Windowsなんてありましたっけ? うふふふ。。。

Mac book airちゃんが家にやってきて、もう二週間近くたちました。以来、ずっとmac book airだけを使っています。

そして、Windowsマシンは眠りについております。
もう、永遠かもしれないね。。。ありがとう、さようなら。

Mac book airが快適すぎるんですよね。まず、反応が早いです。マシンの起動、アプリの起動、ボタンを押したときに、待たされる感覚がない。

今まで何台もマシンを買い替えていますが、これほどまでにストレスフリーなマシンは初めてです。

これが、SSDのパワーなのでしょうか?

ぶっちゃけ、世の中のオフィスパソコンはすべてSSDに換装したほうがいいです。なぜなら、時間的なコストが相当削減できますから。つまり、生産性が上昇するわけです。

作業プロセスの改善なんて奇跡を考えるより、金で時間が簡単に買えるんだから、安い買い物だと思いますけどね。

ファンの音がなくなったのもいいですね。

今まではCoreDuoだったのですが、もう、なんていうか「ここは空港かよ!?」という爆音をまき散らしていたものです。たかがネット見ているだけなのに。。。

ぶいいいいいいいいいいいいいいいいいん!!!!
見てよ、この高速回転! きゅうりだって切れちゃうよ!

それが今は、とても静かな環境で作業ができます。(※ちなみに、ファンレスではないので、静かですが、音はあります)

あと、Macのインターフェースの、細やかな気遣いもいいですね。なんというか、人間的、直感的というか。小さいところにアニメーションを組み込んでいたりして、それが人間の感覚になじみます。

デジタルだけど、アナログ的な感じ、といいますか。

Windowsの「機能だけを詰め込んでみました」という堅苦しい感じよりも、開放的ななにか、を確かに感じます。

いいわあ。。。買って後悔しない、とはまさにこのことですね。

スピード、機能性、インターフェース。
すべてが高次元でまとまり、コンピューターという概念を、革命しています。

Mac book airを買うの悩んでいる人は、ぜひ、いっちゃってください!
全力リコメンドします!







ちなみに、ひとつだけ悩みがあるとしたら、わたしが愛用する最強無敵のキーボード、RealForceが使えなくなることですね。。。

さすがに、あのキーボードの打心地には、macのぺちぺち安物キーボードだとはるかに届かないです。さて、どうしたものか。。。うーむ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2012-08-12 10:21 | デジタルガジェット
2012年 08月 04日

かいふうのぎとやらが、はやってるらしいよ?

くくくくく。。。ついにわたしは手に入れたぞ、世界を手にするための秘宝を!!!

b0028685_147954.jpg


mac book airちゃん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
幾夜もの眠れぬ夜をすごし、悩みに悩みぬき、ついに僕は、手に入れたぞ!

スペックは
・11インチ
・1kg
・メモリ4GB
・SSD128GB

という、オーダーメイドではない、既製品モデルです。

APPLE MacBook Air 1.7GHz Core i5/11.6/4GB/128GB MD224J/A
アップル (2012-06-13)
売り上げランキング: 2919



メモリ8GBへのアップグレードは、確かに魅力的でした。たった8000円ですからね。
だけど、実際は、8000円じゃなかったんですねw

実は、mac book airは、今、かなり値崩れしていて、ネット通販だと定価より2万以上安くなっております。で、メモリの増量は、Apple本体から「定価」で買わないといけないんです。。。

ようするに、メモリを8GBに増量する代償は、ほぼ3万円(値引き分+メモリ増量コスト)。。。

高いわっ!

と思いました。いや、末永く使えるならいいじゃない? と思われるかもしれません。ですが、来年、Retina液晶搭載のmac book airが出る可能性が高いですからね。。。ここは「見」。。。だろ?

というわけで、7万4000円で買い求めた次第です。

かぱっ

b0028685_1472168.jpg


ついに、ついに、会えたね。。。ぐふっ、ぐふふふふ。。。

かぱっ!

b0028685_1481050.jpg


そんな薄絹一枚はおりやがって! まだ焦らすなんて、とんでもないドSだなっ! この女豹め!

ぴらっ! びりびりびり!

b0028685_1482651.jpg


ついに、おにみきは、まっく ぶっく えあー を げっと したぞ!

持ってみた感触としては。。。このアルミ削り出しの質感はたまらないですね。。。所有欲を満足させる、というか。。。安っぽいプラスティックとは一線を隠した存在感、といいますか。

ぴりぴん留学もともにした、5年前に買ったレッツノートと比較してみましょう。

b0028685_149430.jpg

b0028685_149167.jpg


縦横はワイド化したぶんの影響がそのまま出ていますね。MBAのほうが横長で、少し縦が短い。だけど、薄さは段違いですね。圧倒的にMBAのほうが上です。

この薄さのせいでしょうか、なんというか、重さは同じ1kgなのに、持ってみたときの重みがかなり違いますね。

レッツノートはなんだか、軽いんですが、MBAはずっしりきます。レッツノートで人を殴っても、たぶんマシンが壊れるだろうと思うのですが、MBAだと人が死ぬかと思います。

なんでしょうね、この差は? 同じ重さのはずなのに。。。

接続。

b0028685_1493422.jpg


こんな感じで、外部ディスプレイに接続して使うことにしました。だから、11インチなんですね。単体で使うつもりなら、13インチのほうがいいかと思います。





インプレッションはまたあとで詳細に書くつもりですが、今のところ。。。

最高すぎワロタwww

かなり気に入っております。Windowsなんていらへんかったんや!

これで、MBA片手に、スタバで華麗にドヤ顔ができますね!
[PR]

by netnetnet_78 | 2012-08-04 14:40 | デジタルガジェット