<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

あー、くそ。傑作ってレベルじゃないぞ、これ「向日葵の咲かない夏」

今日は本当のところ、スポーツジムについて書くつもりだった。
でも、そんなもの中止だ中止。

今ここで、これをぶちまけなければ、わたしの胸の内は破裂してしまうだろう。それくらいの傑作に出会った、というか、ぶち当たった、というか、はね飛ばされた。

もう頭がぐらんぐらんして、今日はこのことしか考えられない。

今まで読んできた本のどれとも違う斬新すぎる衝撃。ああ、世の中にはこういった切り口のシナリオも許されるのか。世界はそこまで広い器量を持つのか。



向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
道尾 秀介
新潮社
売り上げランキング: 13988



向日葵の咲かない夏。

なんつーか、ヤバい。ヤバすぎる。これ書いたやつ、頭キレすぎだよ。
すげーよ、よくこんなの書けるよ、思いつくよ。

最初は展開がたらたらしていた。★2くらいかな。それが読み進めるうちに★3となり、★4となり、最終的には★5となってしまった。

なんなんだろう。まずジャンルが斬新だ。
ホラー・ミステリーというのだろうか。

ホラーというと、サスペンス系で、なんかキ○ガイ系の人に命狙われる感じなのだけど、これはクラスメイトの首つり死体と、その死体が消えた謎を追う感じなので、ミステリである。

死体が消えること自体は、別にただのミステリでもよくあることなのだけど、この小説の異常たるところは、その脇を固める人物たちの特異性である。

・主人公をゴミのように扱うお母さん
・クモに生まれ変わったクラスメイト
・怪しげな宗教に入れ込んでいるお婆さん
・少年好きの男子教師

などなど。
マトモな人間がひとりもいないんじゃないか、というくらいのラインナップである。

この世界観の異常さが、読者をだんだんと狂った世界へのドライブへといざなっていく。怒濤の展開となるのは中盤を過ぎたあたりからかな。

かろうじて正常点でとどまっていた物語の、その前提条件が一気に崩壊する。

この手のやり口は、実は斬新ではない。類作はある。ただ、ここまで徹底的にやりきったのははじめて見た。ここまでやれるのか。ネタバレするので書かないがね。

ついていけねーよ!!! と叫びたくなる言葉を押さえながらも、次々と書き換わる真実の解釈を追いかけ続けてしまうのだな。

読んでいて何度か吐きそうになるほどにきわどい作品だが、その破壊力は折り紙付き。読んだあとは、もう呆然とするしかない。台風に吹き飛ばされた世界を眺めるようにね。

などと書きながらも。
別にオススメしませんw

あまりにも濃すぎるから。この濃さは「バトルロワイアル」みたいな、好き嫌いがはっきりする系と同じにおいがする。だから、万人におすすめはできない。わたしの宣伝文句に惹かれるものを感じた人だけ読んでみてくださいw

ホラーを描くのに、包丁も、チェーンソーもいらない。
人の狂気があればそれで充分。

人間が本当は一番コワイ。
それがよくわかる作品だ。

この小説にはひとかけらの救いもない。そんな甘いものはいない。
残るのは絶望と狂気だけ。震えるほどにバッド・エンドだ。










。。。もう今日はこれしか考えられないとか書きつつ、実は、この記事を書いた後、ガンダムの0083をみて、もう今、頭の中は0083でいっぱいだったりwwww


このアナベル・ガトーは3年待ったのだァッ!
カッケーwwww

シンプルで熱いのもいいなw
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-31 18:07 | 読書感想 | Comments(0)
2009年 10月 30日

さらば愛しの×××

今日は、わたしの青春時代を蹂躙し尽くしてくれた某社への最後の出社である。
貸与物の返還だな。社員証とか保険証とか。

10末で退職。これで悪縁と完全に切り離されるわけだ。
ふふふ。なんというか。

最ッッッゥ高ニイイイイ!
ハイ! ってヤツダアアアアア!

何年も働いて、一度も定年までいたいと思わなかった会社だからな-。
実にすがすがしい気分である。

ひとつだけよかったとするなら、入社してからずっと最前線で地獄を見続けたおかげで、技術屋としての根性というか、目標を必達する腕力みたいなのはついたことかな。

今まで解決できなかった案件はないよ。
すべてねじ伏せてきたしね。

むろん、これは地獄を生き抜くために、身につけざるを得なかったというのが実情なので、某社にはまったくもって感謝するつもりはないけどな。

この技術屋の根性というか、ものごとを分析して解決策を考案するスキルは、いろいろとわたしの人生の武器となってくれるだろう。

さて。今後のスケジュールはこんな感じで考えている。

とりあえず4月まではお休み。
これは確定。

そこで、さらに10月まで休むかどうかを考えるってところ。そのあたりは、わたしが今進めていることの進捗具合やモチベーションを眺めながら決めていこうと思う。

ただ、まー、人生の夏休みをとるのは今回が最初で最後のチャンスだと思うので、なるべくなら後悔のないように1年くらいはとりたいところだけどな。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-30 23:39 | 雑記 | Comments(0)
2009年 10月 28日

風邪ひいてもうた

喉が痛い。ひー。
別に生活に支障はないのだけど。

もうすぐ保険が切れるのが微妙にいやだなw

保険に入るつもりだけど、切り替え期間とか、ねえ?
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-28 23:33 | 雑記 | Comments(4)
2009年 10月 24日

熱すぎワロタwww

ボーカロイドで作った「メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト」を歌のうまい人たちが歌った「歌ってみた」をあわせて、合唱スタイルにした動画である。

なんかもう、推敲しながら、エンドレスで聞き続けたw
ずーっとリピート。うはwwww

熱すぎるわwww



歌声の本質的な部分も充分にすばらしいのだけど、動画編集もヤバいね。
アバターをカードのように投げつけるアイディアはとてもよい。

バックミュージックとして聞いているんだけど、たまにふっと動画を見て見ほれているw
作業にならねーよw

こういう曲を聴くと、男子の声もいいねーと思うね。
や。女子組がダメというわけではないよ。

男子組の低音の声の迫力がね、すばらしいの。ノリのよい楽曲とぴったりあうというか。その迫力があるから、ふいっと切り替わりで出てくる女子組の透き通った声も引き立つよね。

なんか、必殺技を打ちそうな動画だ。
いいなー。これ。今までみたやつで一番気に入ったかもしれないw

ちなみに、オリジナルはこれ。


[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-24 19:18 | 雑記 | Comments(2)
2009年 10月 23日

人生の夏休みを意義深くとるには

人生の夏休みを取得中なわけだけど、こいつを充実、少なくとも後悔がないようにとるにはチョイとしたコツがいる。

それは、自分の「やりたいこと」を明確にしておくことだ。
そして、その「やりたいこと」によってできたものが「形として残ること」。

たとえば、わたしは小説を書いている。

一日にあたりのノルマがあるため、絶対に書き進めなければならず、さらに書き終わったあとには、それなりの量のテキストファイルが完成する。

毎日のノルマの達成には充実感がある。別にこの駄作が一次選考で落選したところで、形として残っているため、あー、これだけやったんだなーと無駄ではないわけだ。

逆に形に残らないものは微妙だ。

今は小説を書き終わったので、この4日間はDTMの勉強に時間を費やしているのだけど、小説を書いているときほどの充実感がない。

勉強なので、しょせんはサイトを眺めたり楽譜を読んだりしているだけなので、アウトプットがないのよね。よって、なにかが進んでいるという感じがしない。見識は確かに増えているんだけど。

作曲をはじめて、1日何小節か作るとかまで縛ればできるんだろうけど、今の段階でそこまでやれないしなーといった感じ。

この4日ほどは小説は横においてDTMをメインに回しているのだけど、なんだかダレてるように思えるね。MOTTAINAI!

このダレっぷりはなかなかすごい。一ヶ月続いたら、絶対にわたしは夏休みを中断して、仕事を探すだろうなw

少なくとも、なにかやりたい明確なこと、それも数値や形でだせるものを準備してから突入しないと、あっという間に時間がすぎちゃうね。

あと、1日OFFにしたら、いろいろとできるような気がしていたんだが、そんなにはできない。せいぜいメイン1つとサブを1-2つってとこ。どうしても、みっちりやると1日4時間以上はかかるからね。それくらいしか無理。

読書が誤算だ。1日か2日に1冊くらい読んでやるぜ、ベイベ! と思っていたのに、いまだに日課に組み込めないw 11月は必ず組み込んでやる。必ずだ。

人生の夏休みの間は自分で自分を管理しないといけないので、自分が時間を無駄にしてないかをどうやって把握するか、それが大切だよ、という話。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-23 23:59 | 雑記 | Comments(0)
2009年 10月 22日

GNO2雑感

だいたい前のクールから一周した感じなのでメモ。
30日目くらいまで。

・陸ザクでた時点で前線が主戦場
・最上位陣はPドムくらいで最前線ぽい
 >でも大半はまだ前線ぽい。
 >全体的にはイフ改からグフカスあたりと予想?

わたしが以前にやっていたころは。。。
・Pグフで前線にあげるかどうかくらい
・レロ乙からグフカスあたりで最前線

だったような気がする。
だいたい1週間以上早いイメージかな。

これは階級が高くなって、MSの搭載量が増えたことと、専用機が使いまくれることによって、能力差をMSの性能で埋められるようになったからだろう。

上位陣の専用機の回し方とか強烈である。
専用陸ザク>専用Pグフ>専用Pドム>専用イフ

みたいな。
なんか毎週専用機が変わってるようにみえるw
シャアも真っ青だ。

あと将級のプレイヤーなら、すぐ後衛全機を陸でそろえたりできるのはデカい。陸のマゼラ砲による命中率はすさまじーからね。あれは前線以上にいくなら必須だ。

運用についてのメモ。
搭載ショボ目の少尉用なので、ほとんどの人には役に立たないw

・ザクI(ランバラル型)はあったほうがいい
 >搭載が少ないので調整にザクIをよく使うため
 >先制値がショボいので、ザクCのカスタマイズ型もありかも

・壁3枚はあり
 >序盤は壁の近接戦闘がけっこう当たる
 >後衛にマゼラが入る程度なら、壁3枚体制必須
 >逆にいえばマゼラ入る程度で壁2枚だと火力不足

・ザクタンクはけっこう使える
 >ホントはザクキャがいいんだけどね。。。
 >陸2機とザクタンクで最前線でもなんとかいける

・陸ザクはさっさと最低2機そろえる
 >寒ザクがあったので悩んでしまった
 >寒ザクを入れる搭載の余裕などない!(笑)

・序盤の盾スキルは隊長だけでいいかもしれない
 >部下パイの回避力ががががががががががががが。
 >フル振りすると、序盤だとパラで10近い差が。
 >たぶんMSの運用次第。盾なし入れるなら不要。

・部下が盾を取る場合
 >格闘特化をとるパイと盾をとるパイでわけたほうがよさげ
  >あくまで3壁想定
  >すなわち(隊:盾+格、部A:盾、部B:格)
 >部Aが両方一緒にとったので、けっこう大変だった

・個人的にはこういうフローがいいかも(中尉想定)
 >陸ロールアウト時(通常のまま我慢)
  >前衛に専用陸入れても、火力不足で前線にはいけなさそう
  >専用陸、ザクIRR、ザクC壁で粘れば前線もいけるか?
  >専用陸とるなら盾部下。盾ないけどグフ出るまでだから無問題

 >Pグフロールアウト時(3壁のまま前線あげ)
  >Pグフ(隊長専用)、グフ(盾部下)、ザク系(格闘部下)
   >グフ出るまでは陸ザクかザクCとかで
   >ザク系が低壁になる。低狙いのサーベルに対抗するため

 >前線で安定してきたら(前線末期から2壁)
  >Pグフ(隊長専用)、グフRR(格闘部下)
   >格闘部下は盾スキルなし。サーベル対抗必須なので格闘

 >イフロールアウト時(2壁で最前線あげ)
  >イフ(格闘部下専用)、グフRR(隊長)
   >イフの鬼回避に祈りを込めろ!(笑)

 >グフカスNPロールアウト時
  > グフカスNP(隊長)、グフRR(格闘部下)
   >この直前に格闘部下には盾をとらせるくらい


ちなみに、少尉の場合は専イフで勝負が正しいと思う。前線はただのPグフでもなんとかなると思うのだが、最前線は高狙い対策にイフの鬼回避が必要になる気がするので。わたしは専Pグフとったので、最前線がキツいw

・今クールの方針
 >NT5枚、気力1枚で育成予定
  >気力はEXAM用に様子見。
  >イフ改いらねなら不要
 >前衛は、3距離格闘(NT・気力)、2距離射撃(NT)
 >後衛は、3距離1枚、4距離2枚
  >3距離は搭載調整用
  >ドムキャをなるだけ早く2機いれたいね

・今クールの目標
 >中尉に昇進する
  >部下の専用機が使えないとかないわー
 >先生、一度でいいからVPで100位以内に入りたいです。
  >100位の壁が厚いよーw
  >今作戦は70位でいけると思ったら、編成変更でストップ安w
  >でも、もう大丈夫だと思うんだ。。。

今は作戦終了中なので、最前線にあげて様子見。
勝率は平均すると70%くらいに思われる。

経験値効率は前線よりよいと思われるのでガマン。

もうすぐガンダムが出てきたような気がするなw
ビームライフルでボコボコにされる悪寒wwww

現時点で最速の上位陣とは3程度のレベル差あり。

問題ない。
前のクールはその時点で10あったからwwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-22 21:23 | GNO2(更新終了) | Comments(2)
2009年 10月 18日

スーパーでの買い物料金と本代の困った関係

わたしはiPhoneを買った7月中旬だったかな、それくらいからiPhoneのアプリで家計簿をつけ始めた。その習慣は今も続いている。

今日ふと家計簿を眺めていると、
・スーパーの買い物料金
・本の代金

がイーコールになっていた。

およよよよよよよよ。

スーパーでは飲み物や食品のような生活必需品を買っているのだけど、それとライフラインとは関係がない本の代金が同等とはこれいかに。

本を買いすぎているのか、スーパーでの買い物を安く済ませているのか、どっちなのか判断に困るところだなwwww

本をそんなに買っている記憶がないんだがなあ。。。

こういうふうに、数値で確認できるのはいいね。思ってもいない事実があぶり出されてくるので、たまにのけぞりそうになる。

最近、数値って重要だなーと思うんですよ。
何事も数値化して管理すると、判断にも便利だし達成感もありますから。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-18 22:39 | 雑記 | Comments(0)
2009年 10月 17日

これが! これが彼我の戦力差ッッッ!

あまりにも、あまりにすぎた動画があった。
言葉すら失ったので、紹介しておこう。

タグが秀逸
・始めから終わりまで笑うしかない動画
・光速

それに偽りはない。

プロによるDTM講座


DTMプロが、8小節を適当に作曲する動画である。
作業の展開スピードが、もはやジョークの世界。
DTMに興味がない人が見ても、わりと面白いんじゃないかな。

適当に作ってるだけあって、わずか6分程度で完成。
しかも、しゃべりながら。もし本気でやったらカップラーメン並みのスピードだろう。

で、ちゃんとしたものを作ってるんだよね。
もうね、ホント笑うしかない。

講座じゃねーよ。シロウトをおいていかないでくれwww

最後のオルガンをパーッと入れるのだけど、「自称鍵盤を弾く人」なので、手の動きがきもいw
力を入れずになでるように、ふーわりタッチでタラララ~。

いやはや。。。
やっぱプロってすげーわ。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-17 00:06 | 雑記 | Comments(0)
2009年 10月 14日

これが最後の送別会

出社しなくなって一ヶ月になるわけだけど、遅ればせながら所属していたチームの送別会がとりおこなわれた。

なぜか親睦会という名目だったので、参加料徴収されたけどwww

個人的には送別会というより、小説でいうところのエピローグ的な感じで参加した。
わたしが去ったあと、どうなったのかな、という心境である。

その後が見れるという点では、ディレイで送別会するってのはありかもね。

みんなの表情を見たり、話を聞く限りでは、想定の範囲内で順調な様子。
出だしだけが心配だったので、この調子ならいけるだろう。

役割は果たしたので、この物語は終わり。
少し気になっていたのでね。これでわたしは、自分の物語に集中できるわけだ。

とりあえず、今日の名言を置いておきますね。

「この一ヶ月間どうでしたか」と聞かれて。
「就職して以来、はじめて幸せという言葉の意味を知ったね」






ちなみに、作曲に挑戦中ですよ、というと、驚かれた。
「え? オニミキが音楽の分野に? ありえん!!!」

音痴で悪かったなwwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-14 23:10 | 雑記 | Comments(0)
2009年 10月 13日

最近の日本の底力に9割のめまいと1割の感動をおぼえる

そらとぶパンツ映像がYouTubeで再生数1位に
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1323243.html

最近、ちまたで有名な「そらとぶパンツ」映像。
ようつべで再生1位らしい。

ニコ動じゃなくて、ようつべかよwww
世界中に発信かよwww

見たときは、バカなことをバカさ100%でバカまっしぐらにやったことに、大笑いしてしまったけど、さすがに、これは、その、ヤバイ。

おもに日本的にwww

ちなみに、そらとぶパンツ映像の回がどんな話かは以下のスレのほうがわかりやすい。

そらのおとしもの 第2話の “パンツ” が2ちゃんねるで大絶賛!!!
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52044960.html

一応、展開がさらっと書いてある。

いや、その、これ見ても、なんでぱんつが飛ぶのかようわからんけどw
そういうアニメなのか? これ?

ちなみに、ほかにも日本の底力を感じたのはこれである。

新ジャンル 「女体流しそうめん」
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52040379.html

見るとわかると思うが、いやー、すごいよね☆
もう、なにがなんだか、発想と直感がわたしの四次元くらい先をいく。

調べたら、これ原作ラノベなのね。
こういう発想がうけ、る、のか?

さらに、最近、ニコ動で作業用BGMを聞いていると、妙に耳につくフレーズがある。

ふぃぎゅあっと♪ふぃぎゅあっと♪

とか

はーい。ほしいものがあるときは、三回お願いしてから、
やさ~しく レバーを回してね~☆
ああ、ダメ、そんなに激しくしたら、こわれちゃうよー!

もう、なんなんだよw

あまりにも気になるので調べてみると、エロゲーらしい。
で、その設定がなかなか衝撃的だった。

Wikiによると

> 主人公「渡馬景護」は「阿騎馬町」のアパートで一人暮らしをしているオタクの青年。
> あるフィギュアに精液をかけてしまった所、突然フィギュアが動き出してしまう。
> そのフィギュアは「炎道イフリナ」と言う異世界の魔法少女で、
> フィギュアから元の体に戻すためには自分の精液をかける事が必要だと言われる。

そうか。
世界は、否、日本はここまで進化していたのか。

ここまで・・・・・・!

これが。。。これが、日本の底力。。。!
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-13 23:37 | 雑記 | Comments(0)