<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 26日

百合

三国志大戦というカードゲームで、UCホウトクというカードがある。
先日、それを引き、裏の武将説明を読んだ。


「魏軍の勇将。かつて馬超の腹心であったため、蜀との戦いに赴く際、同胞から裏切りの疑念を向けられたが、自らの棺を用意することで、不退転の意思と国への忠義を示した。戦場では関羽と百合余りの間互角に打ち合うなど、その武勇をいかんなく発揮した。

「本気になった俺を止められるか!?」」

百合(ひゃくごう)を普通に


ユリって読んじゃったYO!


本気で人生について考えてしまったね。

いや、言い訳すると、最近忙しいんだよ。ブログの更新もできないくらいに。。。ちょっと正常な思考が保てなくなっているんだ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-01-26 00:38 | 雑記 | Comments(4)
2009年 01月 23日

キング・クリムゾン!

先日の話である。

パソコンの時計を見ると、20時少し前。
仕事は追い込みだが、なんか疲れたので、同僚に「帰ったら軽蔑する?」ときき「だいじょうぶです」といわれたので帰ることにした。

部屋を出ると、リフレッシュルームで別の同僚2人が難しい顔で話し込んでいる。開発内容に関する打ち合わせだったので、わたしも参加することに。

で、いろいろと話して、さー帰るぞーとケータイの時計を見ると、19時20分くらいだった。

ありゃ?
20時だと思っていたんだが。

次の日。出社してパソコンを立ち上げ、パチパチと作業をし、ふと時間を見るともう10時30分。

はや!!!
1時間30分経過はや!!!

と、驚いた。
でも、ケータイの時計を見ると、9時30分。

ありゃ?
ひょっとして、もしかして、1時間進んでる?

ザッツ・ライトォッ!!!

そこで思い出したね。
あー、1時間すすめたわw と。

なぜ進めたのか。

わたしの仕事はブラウザから利用するサイトを作る仕事である。

Webサイトにはセッションというものがあり、そこでデータの管理ができるわけだが、これはデフォルトだと無操作で30分経過後に消滅する特徴をもっている。

むろん、セッションが切れたあとに操作すると、まともに動かない。とはいえエラーにするわけにはいかないので、それなりの回避処理が必要になる。

当然、それのテストをしないといけないのだけど、テストをするためにはセッションを切断しないといけないわけで、30分ぼんやり待つよりは、さっさとパソコンの時間を進めてテストをするほうがよい。

30分すすめるより、1時間のほうが1クリックでできてラクである。
そんなわけで、時間を進め、戻すのをキレーさっぱり忘れていたw

意図的に時間をすすめても、進んでいる時間を意識していると、時計を見たときに進んだぶん計算してしまうのであまり意味がない。

今回みたいに、完全に気づかずに時計を見ると、いろいろと驚くねwww うわ! みたいな。

まさに時間が吹っ飛んだ感じw
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-01-23 01:21 | 雑記 | Comments(0)
2009年 01月 17日

今度は若い子を担当にしてあげよう

今日、お客さんと話していると、来期の仕事の話になった。

家族を亡くし、絶賛さみしい身の上中のわたしに、お客さんは「オニミキさんのために、次の担当は、僕じゃなくて若い独身の子にしてあげよう。ハッハッハ」といった。


じつにありがたい!
これからはじまるのか!?
小さな恋の物語!!!



ねーよwwwwww

お客さまはエクセレント・カンパニーであるため、すなわち、次の担当も、神の住まう世界の住人である。神の世界の住民にとって、わたしなど塵芥のようなものだ。

人がペンギンを恋の対象とするか?
すなわち、そういうことだ。

もしも、相手がたまたまペンギン・フェチだとして、首尾良くことを運んだとしても、エクセレント・カンパニ-の鉄の掟が立ちふさがる。

なんとエクセレント・カンパニ-は、接待(とみなされる行為)禁止!

取引先の会社と飲みに行ったり遊ぶのは原則禁止で、いちいち上司に了解を得なければならない。

ということは、決してバレてはいけない恋なのだ。人目を忍び、他人のふりをし、ひっそりと会い続ける! 現代社会にあるまじき、禁じられた恋!

あるいは完全公開制にして、遊ぶ約束をするたびに、上司に了解を得るという、半分いやがらせのような展開もありえる。どこまでオープンなんだ。

これ、どっちも面白そうだねwwww

まー、にんげんなので、惚れたはれたってのは、あると思うわけだが、エクセレント・カンパニーでは、神の世界の住人とペンギンの恋が始まった場合、どのようにしているんだろう?

神の住む世界にも、それなりの法律があるんだねえ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-01-17 00:43 | 雑記 | Comments(4)
2009年 01月 12日

分岐点

そろそろ人生の見直しをする時期だろう。なんとなく走ってきたが、覚悟を決めないといけない。

マッキントッシュのCEOジョブズはいった。2日間、鏡のなかの自分が浮かない顔をしているなら、やり方か環境を変えろ、と。ジョブズは超多忙だから2日だ。凡人のわたしもそろそろ動くべきだろう。

愛すべき勤める某社への想いはこんな感じ。
・給料が安い
・残業が多く、残業代が出ない
・トップダウンの締め付けがウザい
・将来性がまったく感じられない
・仕事の割り振りがその場しのぎで適当

平たくいうと
全否定なんだけどなwww

某社でやりたいことはやったので、もう用はない。ただ、今の仕事だけが心残りかな。まだ働いているのはこの仕事があるからだ。でも、スパンで見ると何年も続くからねー。どこかで降りないと、終わらないんだな。

さて。IT業界については。。。

書くと長くなるので省略しよう。一言で言うと「なんかもうこの業界ダメじゃね?」って感じ。しょせんは人間売買業界だからね。ブラックなのさ。人間をこき使って、マンパワーで逃げるのにも限界がある。

ひとついいことは、人間の出入りが激しいので、いつでも出戻りできるってことか。たぶん数年くらい業界を離れても、今と同じ程度のサラリーならいくらでもあるだろう。

戻りたくはないけど、戻ろうと思えば戻れるよな!
というのは、これまた転職を後押しするwwwww

次に家族面。
・独身なので後顧に憂い無し
・両親ともに他界しているので迷惑はかからない

もうお前旅人になれよという完璧な条件だねwww

そもそもママンに心配をかけちゃいけない、と思って働いていたってのもある。ママンがいなくなった今、どうにもやる気ががががが。

で、辞めるにしても、したいことってあるのか?
・小説を書く
・ネットのサイトやサービスを作る
・山ほど本を読んで蔵書を整理
・株式投資

だいたいこんな感じか。
テラ・ひきこもりwww

小説もネットのサービスもそれなりにいい線いける自信があるんだよね。せっかくだから、一度くらいは挑戦してみたい。失敗してもイイじゃないか。仕事をしながらやっている人もいるけど、わたしにゃ、どうも無理くさいw

いろいろとやりたいなーと思うこともあり、会社にはうんざりしていて、業界で働くことに疲れ、家族に心配をかけることもない。1~2年なら別に問題ないんじゃないか。

なー、人生の羅針盤。
これって、明らかに指す方向、わかりきってるよな?
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-01-12 12:46 | 雑記 | Comments(4)
2009年 01月 08日

年越し派遣村

年越し派遣村について書く。

みなさまご存知、輸出が大幅に冷え込んだため、
自動車産業の期間工たちがばっさりと人員削減され、
寮から追い出されたために住む場所もなくなった。
そんな人たちを支援しようというやつである。

別に、わたしは支援される側には特に何も思わない。

よくネットでは手取り25万円の寮生活でなぜ
当座をしのぐ貯金がないのか? というツッコミがあるが、
人それぞれ事情もあるだろうし、いきなり仕事を失った点
については大変だろうなーと、同情すべきだろう。

イラッとくるのは彼らではなく
年越し派遣村の発起人である。

とりあえず開いてみた

なんか人大杉。もうムリぽ

おいこら国も手伝えやこら

国が期間限定で場所提供

うはwオレ国動かしたwスゲw

オレが面倒みるの1月5日までだから。
あとは国とか自治体でよろしくwww

この責任を他人に押し付けまくった感じの運営が
とてもとてもとてもとてもとても嫌いである。

そこに困っている人がいたら助けてやろう、
というのは別にいいのだ。好きにすれば。

でも、自分の手に余るから、それを他人に
押し付けるという姿勢が実にムカムカする。
それが当然と胸をそらすのが、なおさら。

これは国が派遣に関する緩和をしたためで、
人災だ。ゆえに失策をした国にも責任がある
という論法を聞く。

正直いって、いまいちよくわからない。
自動車業界が期間工使ってたなんて、昔からだろ。
そことここに関連性がいまいち見えないのだが。

人を集めといて、後はしらんとさっさと
手を引くのも理解に苦しむ。面倒を見るなら
最後まで面倒みろ。

結局のところ、何かしらのアピールの
ためのイベントをしたかった
だけなんじゃないのか。

自分の主義主張を宣言するために、困っている
人たちを集めて利用し、あげくは、その面倒を
丸投げする、という姿勢が実にイライラする。

やらない善よりやる偽善とは某掲示板でよく
いわれているけど、これは偽善というより、
人の弱みにつけ込んだセレモニーだよな。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-01-08 23:32 | 雑記 | Comments(4)
2009年 01月 05日

百合百合にしてやんよ☆

一年の計は元旦にあり。。。
さて。オニミキさんの正月はどのようにすぎたか。

「百合が咲き誇っていたな」

百合。百合なのだよ。
時代は薔薇でも純愛でもない。百合なのだ。

百合とは乙女同士の愛をさす隠語。
すなわち、ガールズ・ラブ!!!

去年から読み進めていた本はこれである。

姫百合たちの放課後 (ハヤカワ文庫JA)
森 奈津子
早川書房
売り上げランキング: 20436


姫 百 合 た ち の 放 課 後

もう名前が直球である。
ストライッ! バッターアウッ!

表紙のかわいらしさから、ソフトでカワイイものを想像していたら、これがかなりハードで、正直おどろいた。ほとんど根性だけでなんとか読了w

あー、表現が難しいんだけど、なんていうか、手とか足とか縛ったりとかー、足と足の間をダイレクトに触ってみたりとか-、それも触れるというより、なんか、こう、いじり倒しちゃうというかー。てか、出し入れするというかー。

ぶっちゃけ、
女性同士の官能小説です、これw

表紙がかわいらしいから、女子中学生とか手をとりそう。いろいろ問題あるだろ、これwwww あとがきによると作戦らしく、表紙はカワイくても、中身はオオカミらしいw

誰が幸せになるんだよ、それw

何がイヤかというと、お風呂で読んでいたために、微妙に湿気ていて、微妙にシミができていること。うーん。何か変な用途に使ったとか勘違いされないだろうか。。。

違う!
わたしは無罪だ!

えー、この本はオススメしませんw

さて。で、次に手をとったのが、これ。

マリア様がみてる―未来の白地図 (コバルト文庫)
今野 緒雪
集英社
売り上げランキング: 3183


マ リ み て
みなさまご存じの、リリアン女学院を舞台としたお嬢さま小説ね。

いや、たまたまだったんだけど、なぜ、これを手に取ったのやらw たぶん、もうちょっと甘くて柔らかい世界に逃亡したかったのだろう。姫百合はあまりにもビターすぎた。

これは。。。いやー。面白かった。ひょっとすると、今までのマリみてシリーズではナンバー1かもしれない。1巻に比肩する面白さ。登場人物たちの人間関係がわさわさ動く。

また、いいところで終わるんだよねー。これが。
オクテの祐巳ちゃんがついに。。。でも!

ええええええええ!!!!
そこで終わるのかよ!!!

みたいな。
作者に殺意を覚えたのはホント久しぶりw

そのあとにちょっとした短編が入るのだけど、そんなのいいから! いいから! 本編を書け! 書くのだ! と興奮した。いや、この短編も、ふたりの薔薇さまの友情を描いた、いい話だとは思うんだけどねw

で。次は。。。
まだ続くんだよ、この百合の大攻勢w

百合系で萌えてしまうんだが
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-317.html
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-318.html

今度は2チャンのスレまとめ。
これが面白く、ついつい読みふけってしまった。

大学生のスレ主(女)が、親友(女)に恋心を抱いてしまい、告白するべきかどうかを悩んでいる、という内容で、住民の応援を受けながら、彼女との日常をつづっていく話である。

何よりも文体がイイ。

理知的でクールな文体であるため、わりと恥ずかしい心情や行動もバカっぽさがなく、ひきしめられていて、読んでいて甘みがあとを引かない。

あと、同性同士ということで、スレ主がいろいろとためらっている点が興味深い。本人がオクテなのもあるが、それ以上に同性であるため、踏み越えられない一線で迷い続けている。

その手が届きそうで届かない距離感が、実にモニュモニュする。スレ住民もモニュモニュするよ! とのたうち回っているが、気持ちはわかるw

暇なら読んでみてもいいかもね。
実話でも創作でもいいじゃない? 面白ければ。

と、いうわけで。
新年、読んだのはなぜか百合百合百合。。。
まったくもって計画したわけではないのだけど。。。

これがわたしの2009年なのか?

ぶっちゃけ、
どう転ぶんだよ、これwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-01-05 21:57 | 雑記 | Comments(2)
2009年 01月 03日

リベンジするかどうか。それが問題だ

1月1日は有志各位とともに初日の出を見に行った。残念なことに灰色雲の完璧なるブロックにはばまれ、ご来光とはいかなかった。

帰り際、有志のひとりがいった。「来年リベンジだ」

そのとき、一瞬だけ微妙な空気が流れた。流れたんだな。

この初日の出の会は大晦日からのロングランなわけだが、メンバーのひとりが土壇場で欠席となった。

理由は「先日つきあう人ができたから。。。」という実に殺意を覚える喜ぶべきものであった。きっと心と体の温まる出来事がいろいろあったのだろう。不愉快きわまりない。喜びの拍手を送ろう。

すなわち、このご来光参りの参加条件は、基本的に「そういった理由を持たない人たち」である。なので、リベンジを誓うのは、その、なんだ。いろいろ問題がある。

独身宣言ですか? みたいな。

さて、来年リベンジの資格を持つ人間は何人残るんだろうねー。
うふ。うふふふふ。うふふふふふふふふ。






ところで。
ブログに書きながらふと思ったんだが。

不幸組=IT業界
幸せ組=IT業界「外」

とキレーに境界がひかれていたような気がする。
いや、気がしただけなんだけどw

なにか世界の真実をひとつ発見した気がするんだ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-01-03 12:42 | 雑記 | Comments(0)
2009年 01月 01日

年賀状に代わり

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくね☆
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-01-01 00:00 | 雑記 | Comments(6)