<   2008年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

足音が聞こえる

今日、病院でママンの衣類をコインランドリーで洗っていると、婦長さんが謝罪に現れた。内容は一昨日、昨日と連日、ママンを負傷させた件である。過ぎたことは仕方がないので、今後は気をつけてくださいな。

他にも会話したなかで、印象に残った会話が。

婦長さん
「今、栄養が全然とれていない状態なんですね。食べても点滴しても身につかないというか。筋肉も維持できないんです。食べる量よりも食べられるほうが多いんです」

食べる量よりも食べられるほうが多い。

針の穴を通すようなピンポイントな表現だ。

ママンの病気はガンである。ガンという病気は、宿主から栄養をかっさらって成長する。だからこそ「食べる量よりも食べられるほうが多い」のだ。

栄養を摂らなければ死ぬ。でも栄養を摂るとがん細胞が活性化する。生きるために食べるのか死ぬために食べるのか。

ママンは痩せた。痩せに痩せた。もともと細い人だったが、今では骨と皮だけだ。骨と皮だけなんて冗談のような表現だが本当にあるんだな。頭蓋骨の形状に輪郭がくぼみ、血管が浮き出ている。

今日、そんなママンの横顔をじっくり眺めた。

ママンはきれい好きである。去年、荷物が増えるからやめろよといっているのに、化粧品やら何やらを病院に持参し、身奇麗にしていた。

そんなママンだが、今では髪も顔も手入れをしていない。髪はバサバサで皮膚はカサカサに荒れ、眉毛も伸びてうっすらとヒゲも生えている。

「手入れはしないの?」ときいたら、疲れた顔で首を振った。

「しんどくてできない」

ママンは最近しんどいしんどいとよくいう。あれだけ気を使っていたのに、もう自分の体の手入れもできないくらいに弱ったのか。ああ、ゆっくりと何かが終わりに近づいている。それが現実なのか。

死。そんなものに姿形はないだろうけど、あるとするなら足音が聞こえるようで嫌な気分だ。願わくば、その到来が遠い日であることを。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-30 23:26 | 看病日記 | Comments(0)
2008年 04月 30日

KAITOの本気

これ、すごいね。
ニコ動なんだけど。

【ニコニコ動画】【KAITO】VIP★STAR

最初、平井堅そっくりの歌を歌うVIPの人(ライブドアのころに有名になった、あの人だれだったっけ?)と思っていたが、KAITOらしい。

KAITOというと、初音ミクの前に出ていて、まったく売れていなかった、歌唱ソフトじゃなかったかな?

で、職人がKAITOを使って、平井堅のPOP・STARの替え歌であるVIP・STARを歌わせたのがコレ。

すげーね、これ。

たまーに苦しいところあるけど、ほとんど最後まで普通に歌っている。たぶん、事前情報なしできいたら、普通に平井堅が歌っていると思うんだが。

なんか、KAITOって実はすごくない?



と思ったら、初音ミク自体もなんか始まっているね。

【ニコニコ動画】【初音ミク】 PROLOGUE 【ぼかりす】

公式ページを久しぶりにふっとみたら。。。
こちらはボカリスとかいう技術で、チョーなめらかに歌っているらしい。
確かに、チョーなめらかである。

どうやら、人間の歌声をサンプリングして、初音ミクのパラメタを導出して歌わせているらしい。へえ。面白い。

これなら、音とりはバツグンにうまくても、声がパッとしない人とかが作品を作りやすくなるのかもしれない。。。

音痴なわたしには関係ないわけだけどwwwwworz
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-30 16:48 | 雑記 | Comments(0)
2008年 04月 29日

あしがなえたむねをうった

電話が鳴った。とった。「オニミキさんですか。病院のものですが」と緊迫感あふれる声が聞こえてきた。

ママンは補助器を使ってひとりでトイレにいっている。そのときに足の力が抜けて「カクン」となり、転んで顔を打ったらしい。

別に顔をうっただけで、本人は元気なんだそうだ。おおげさだから連絡してほしくなかったそうだが、病院側の決まりで連絡したらしい。あとで本人のケータイにかけると、思いの外、元気そうだった。

それが昨日。
で。今日。

電話が鳴った。とった。「オニミキさんですか。病院のものですが」と緊迫感あふれる声が聞こえてきた。

車いすに座ってもらおうとしたら、体勢を崩してしまい、机で胸を打ったとのこと。触診では肋骨にひびが入ったか、折れたかしているっぽい。レントゲン技師が休みのため、明日にならないと詳細がわからんとのこと。

車いすか。そういえば、今日、病院に行ったら補助器が撤去されていた。今は看護師さんにお願いしてトイレにつれていってもらっているらしい。こういうの病院は、はやいんだよね。

顔を打ったくらいなら、へー、ですむが、さすがに肋骨折れてそう、といわれると、こちらとしても焦った。本人にあとで連絡すると、胸の痛みも今はないといっていた。折れてなければいいんだが。

連日こんな不幸な話を聞かされると気が滅入るね。一度目はママンの自爆だから仕方がないが、二度目はなー。看護師さんがいるときっぽいし。そのためにチミたちは歩行器を撤去したのだろう、と。

今の病院は、前の病院に比べて居住環境は良くなった。点滴しか許さなかった前の病院に比べ、食事を許可してくれている。

ただ、看護体制に不安を覚えるのだな。夜間なんて、看護師ふたりの体制らしい。いやいや、それ人手不足だから、みたいな。

なかなかパーフェクトな病院ってのは難しいのかもしれないね。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-29 22:45 | 看病日記 | Comments(0)
2008年 04月 27日

DIVEがステキすぎる件

DIVE!! というスポーツ小説が面白いと聞き、手に取った。

うひゃー。これ面白いわ!

「一瞬の風になれ」以来の、さわやかな胸の高揚を感じた。
というわけで紹介。

DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)
森 絵都
角川書店
売り上げランキング: 6897


DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)
森 絵都
角川書店
売り上げランキング: 8733


DIVEの舞台は「高飛び込み」。
高さ10m。着水までわずか1.4秒。

その圧縮された1.4秒に、選手たちは鍛錬に費やした膨大なる時間のすべてを捧げる。

冒頭からぶっ飛ばしている。

傾きかけた弱小ダイビングクラブに女コーチ夏陽子(カヨコ)が就任。彼女はこう喝破する。「来年のオリンピックに選手を出す」。それが親会社からつきつけられた存続条件だった。

はあ?
1年後に、オリンピック?

スポーツもので大きな目標をぶち上げるのはよくあることだが、オリンピックはないだろ。それ世界だろ。しかも4年後じゃなくて1年後。無理無理。

彼女のもとでその舞台を目指すのが主人公の天才3人。

トモ:成績は凡庸なる少年だが、内に秘めた才能は未知数。
飛沫:津軽の海でダイブしていた野生児。迫力ある演技がウリ。
要一:両親ともオリンピック選手。スキルは非常に高い。

名コーチのもと、彼らが自分たちの才能を磨き上げ、誰にも届かない高みへと目指していく姿は、ああ!! と叫ぶだけで言葉にならない快感である。

彼らは彼らで悩む。スポーツ選手にはつきものの故障に悩み、スポーツに、スポーツだけに捧げた青春に後悔し、仲間と雌雄を決する現実に迷う。

それでも彼らは10mの高みにたち、1.4秒の世界に身を投じる。何のため? 自分のため。その一瞬の燃焼で得られる快感を求めるため。

そんな彼らの挫折と栄光と友情の物語。

正直なところ、ちょっとご都合主義的だろとか、やっぱ無理だろと思うところもないわけではないが、この小説の輝きは、そんなものが些末にすぎないと思えるくらいに、まぶしい。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-27 22:22 | 雑記 | Comments(2)
2008年 04月 25日

11連休ですが何か?

夢の11連休突入である。
そう。来週の4日勤務をすべて有給で埋め立てたのだ。

ふはははははは!
今、わたしは世界を征服したぞ!!!!

え? いや、さしものわたしといえど、4つの勤務を有給をつぶして、11れーんQQQQQQQQQ!!! なんてのたまう勇気はない。もともと出勤するつもりだったのだ。これには深い理由がある。

今、わたしは某大手企業にお邪魔して仕事している。そこにはうちのような怪しい会社と違い、ちゃんとした「労働組合」がある。

なので。。。

上司
「ここは5月1日やすみなんだよ」

わたし
「どうして?」

上司
「メーデーだから」

めえええええええでええええええええ!!!!!???

あれって都市伝説じゃなかったのか。本当にあったのか。
そそそそそそそれって、たたたた食べられるんですか?

上司
「さらに、ここは5月2日も休みなんだよ」

わたし
「どうして?」

上司
「さあ? 会社としての特別休暇らしい」

特!別!休!暇!!!

そ、そんな!!! 会社から休みなさい? そんな天の声、聞いたことナイデスヨ! むしろ休みも出ろとかいわれr

なんというんでしょ。4日勤務のうち、2日が埋まっちゃったわけで。じゃー、ここはもひとつ頑張っちゃうよ!!!! と有給を突っ込んだのだ。あ。5月1日2日もわたしは有給ね。労働先が休みなだけで、わたしの会社は休みではないから。。。

あーあ。
有給休暇とかも「使いきらないと怒られる」らしいですぜ?
いやはや。一流企業が一流企業と呼ばれるゆえんがわかりましたw

労働組合がしっかりしている会社に勤めろ。
これ鉄則ですな。

さてさて。
そんなわけで夢の11連休なわけだが。。。

同僚
「どっかいくの?」

わたし
「とりあえずは病院ですかな」

内容は病院通いなので、別に夢でも何でもないですな。次の長期休暇はお盆。それまでママンが生きている保証は特にないので、まー、がんばろうと思う。

。。。
一日中、張り付いているわけでもないので、小説でも書いてみようかな?
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-25 22:05 | 雑記 | Comments(4)
2008年 04月 22日

貴様それでも真のヌコ好きか

結婚退職したくせにフリーの技術者として
舞い戻ってきた後輩との会話。彼女は重度の
ヌコ好きである。

わたし
「む。ケータイの待ち受けがヌコじゃないか」

後輩
「いま飼ってるんですよ~。かわいい~☆」

わたし
「へえ? ついに飼ったんだ?」

後輩
「わたしが家にいるときは一緒に遊んで
 あげていたんですけど、今は働きに出たから、
 寂しいと思うんです。イエネコだし」

わたし
「そりゃ寂しいね」

後輩
「だから、相手を作ってあげようかと思って。
 この子メスだからオスを飼ってあげました」

わたし
「ちょwwwおまwwwオスとメスなんて
 同じ部屋に置いたら、子供量産して大変だろ」

後輩
「大丈夫ですよ。
 オスは去勢しますから」

去勢? 去勢だと!!!!???
男の子の象徴が! 男の子の象徴が!!!

わたしは激怒した。

わたし
「きっさま! それがヌコ好きのすることか!
 人間の都合で動物の体を勝手に切り刻むなど、
 ヌコ好きのすることではない!」

後輩
「えー。でもー」

わたし
「どうしてもというのなら、貴様の旦那も
 去勢してから、するんだな!」

後輩
「人間と動物は違いますよー」

その後、聞いたところ、去勢はやめる
予定なんだそうだ。よかったよかった。

ヌコ好き! であるのに、ヌコを去勢する。
うーむ。わたしには許せないラインである。

それとも、ヌコ好きにとって、好きなのは
外見だけであって、ヌコ自身ではないのだろうか。
それって、ちょっとかわいそうじゃないか?

痛いじゃん。そんなとこ手術されたら。

世間一般のヌコ好きは、こういうのは
どう思っているんだろうね?

なんかほら、人間の都合を押しつけている
みたいで、あんまり好きになれないのよね。。。





後日談。

わたし
「つーかだな。ネコの子が生まれたら、
 君の旦那のコネで配ればいいじゃないか。
 ちゃんとした血統なんだろ? 旦那の仕事の
 コネ作りに使えるんじゃね?」

後輩
「ああ。それ名案ですねー。って、
 オスとメスで品種が違う! 生まれてくる
 子供、雑種です!!!orz」

わたし
「おまwwwあわせておけよ、そこw」
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-22 00:44 | 雑記 | Comments(0)
2008年 04月 19日

いいお嫁さんになれますね

わたしは仕事でスーツを着用している。
先日、こんなことが起こった。

シャツのボタンが机の引き出しに引っかかった。
気づかずに体を動かしたら。。。

ぷちん!

うお!
ボタンがはじけ飛んだ!!!!

ボタンを財布にいれて回収した。

そして、数日する間もなく。。。
上着のボタンがとれかかってますうううう!!

あまり負担をかけてはいけないので、しばらくは
前を止めずに運用していた。でも、ボタンと生地を
結ぶ糸のほころびはだんだんと大きくくくくくくく。

そんなわけで。

入院中のママンに教えてもらい、病室で
臨時裁縫教室を開催することになった。

ボタンの止め方はこんな感じ。

1.針に糸を通す。
2.生地裏からボタン穴に向けて針を通す。
3.隣のボタン穴から生地裏へと針を通す。
4.2~3を同じ穴でもう1セットする。
5.残りの2穴で2~4の手順を繰り返す。
6.生地裏から生地表(ボタンの裏)に針を通す。
7.ボタンと生地を結ぶ糸に、糸を三周巻き付ける。
8.再び、生地表から生地裏に針を通す。
9.針先を生地裏の糸の出ているところにあてて、
  糸を巻き付け、針を引張って結ぶ。

終わり。
おおおおおおお!!!

ついにボタンの修復をマスターしたぞ!!!
昔、手芸部だった技量は衰えていない!!!

とうとうボタンの修繕まで覚えてしまったか。
これはもう、花嫁になるしかないなwwwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-19 21:23 | 雑記 | Comments(0)
2008年 04月 17日

キョウヘイとキョウエイ

上司
「柴田どうなんだろうなー?」

わたし
「柴田? キョウヘイしかしりませんが?」

上司
「キョウエイの」

わたし
「ああー。え? キョウヘイ? キョウエイ?」

同僚
「俳優の柴田恭兵と競泳の柴田まざってるwwwwww」



しょーもないことだけど、
キョウエイとキョウヘイって似てるね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-17 22:37 | 雑記 | Comments(0)
2008年 04月 15日

青年海外協力隊にいきます

「青年海外協力隊にいきます。」といった後輩くんの発言に、こいつこんなキャラだったっけ? と驚いた。

今日、件の後輩くんが職場を去る。去るといっても辞めるのではなく、もといた部に戻るだけである。とはいえ職場が違うので会う機会も少ないだろう。で、最後にいろいろと話していたら。。。

「IT業界に飽きたら、青年海外協力隊にいきます!」とすごいことを言い出した。数学の教員免許を持っているので、いけなくはないそうだ。

「給料は今の倍くらいもらえるんですよ。ただし、命の保証はないですけど。生命保険、全部解約されるらしいです!」

へえ。ていうか、けっこう金がもらえるんだね。ぼらんてぃあですううう!という雰囲気だったが、そうでもないんだな。住居費・食費も全部タダ。でも、命を賭けるにはちょっと安い気もするな。そこまで命の危険があるわけでもないだろうが。

「1年くらい研修したあと、3~4年周期で日本と外国を往復するんです。日本にいる間は新人に教育したりとかします」

へえ。ずっと行きっぱなしで、帰ってこれないわけじゃないんだ。そんな生活、キツくないか? 4年おきに海外生活って。結婚して子供とかできたら、無理じゃね?

「そんな先のこと考えていません! それに死んだら、そのときです!」

えええ!? そんなキャラだったっけ? なんでそんなに人生、捨て鉢なんだよ、こいつはwww 故郷に帰って両親の面倒を見たいとか殊勝なこといってなかったっけwwww

「青年海外協力隊は辞めたいときはいつでも辞められるんで、またそのとき考えますよ」

「えーおいおい。これから10年くらいやってだなー、いい年した人間が、いきなり職を探しても大丈夫なわけ?」

「あ。厳しいかも。。。」

「あーいや。地元の言語を覚えて帰ってきたら、役に立つかもな」

などと話をした。しかし。。。青年海外協力隊か。いきなり後輩くんが意味不明なことをのたまうので驚いてしまった。

「オニミキさんは、IT業界を辞めたら、何をするんですか?」

う~ん。。。何だろう。
とりあえず小説家でも目指すかなwwwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-15 21:11 | 雑記 | Comments(4)
2008年 04月 13日

ママンが転院した。

先日、ママンが転院した。

転院先の病院は先だって見学済みである。
場所は地元の駅の真ん前。場所は近くなった。

転院は非常にあっさりしている。

早朝、病院に向かって、支払いを済ませる。
病院が用意した搬送車でママンを運ぶ。
ストレッチャーに乗せたママンをベッドに運ぶ。

ママンはストレッチャーで運ばれるので、ずーっと寝ているだけである。運ぶのも病院側の人間がしてくれるので楽だった。

そういえば、ママンが外に出るのは、2ヶ月以上ぶりだ。
1月の終わりに倒れて、ずーっとベッド生活だったからね。

新しい病院はどうなのか。
なかなか良い感じである。

第一に広い。

前の病院が大部屋に6ベッドなのに対し、今回は4ベッド。
内装も白くて汚れが少なく、なかなか雰囲気が良い。

「古い病院なんですけど、このフロアは2年前に改装して、そのときに床を4つにしたんですよ。」

古い病院である。わたしが子供のころ、入院していた場所だからな。少なくとも、それと同じだけの時間が流れているわけだ。

子供のころに見上げた病院は、とてつもなく大きくて。病院という存在感をずっしりと感じさせてくれた。大人になった今から見ると、それほどでもない。

背丈が伸びるって、そういうことなのよね。
それはママンも老いるという意味だ。

今、ママンは病状の関係で絶食している。プリンやゼリー、アイスといったお腹に負担のかからないものだけを食べている。栄養のほとんどは点滴から補充している。

前の病院の指示だったので、そうしていたのだが、ママンとしては何かを食べたいそうだ。そりゃそうだな。

新しい病院になると、そのあたりの方針もリセットするようで、お医者さんたちは「少しずつ食べられるように考えたい」といっていた。点滴だけというのも体に負担なのだそうだ。

前の病院は自称「治療するための病院」なので、医師の態度は「患者というより病状に向かい合う」感じであった。今回の医者は治る見込みのない患者を引き受けるだけあって、なるべく患者の満足を考えよう、という姿勢が見える。

おそらく、ママンは最期をこの病院で迎えるのだろう。できれば、残された時間を満足のいく形で過ごしてもらいたいものだ。

看護師さんはいった。「子供さんも毎日きてあげてください。家に近くなりましたし」

いわれなくても、だ。
わたしにはそれくらいしかできない。ならば、それをするしかあるまい。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-04-13 22:01 | 看病日記 | Comments(0)