<   2007年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 31日

燃え燃えプロジェクトの名言

「今さらがんばっても部の評価はあがらない。
 ボーナス最悪。今年はがんばってもムダ」

赤という言葉で表現できない、流血色の赤字を
出し続ける燃え燃えプロジェクト。昼食のとき
などにいろいろと面白い話が聞ける。

エラい人の名言にはこんなものがあるそうだ。

「みんな疲れているから、今日は終電で帰ろう」

終電で帰るのが優しさです。嬉しくて涙が出ますね。

「会社の研修があるんで今日ははやく帰ります」
「研修は22時に終わるの? じゃあ、それから来て」

22時はそろそろ睡眠を意識する時間だと思います。

「疲れているだろう。明日は朝の9時30分でいいよ」

30分。

いやー。。。恐ろしいね! 働け働け死ぬまで働け。
お前たちの寿命が縮もうが家庭が崩壊しようが精神が
傷つこうがそんなものは!

そんなのかんけーね!
そんなのかんけーね!
そんなのかんけーね!

このプロジェクトにのみこまれるとヤバい。
なんだかしらんがとにかくヤバい。はやく
抜け出さなければ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-31 00:27 | 雑記 | Comments(4)
2007年 08月 28日

拝啓 部長さま

新しい職場に赴任した。スポットのお手伝い
らしいので、仕事が終わり次第、抜けるらしい。

今はだいぶ落ち着いたとはいえ、大燃えに
燃えたプロジェクトである。不吉すぎるので
可能な限りはやく撤収したい。

10月から本番らしい。少なくとも、それまで
には卒業したい。本番が始まったら阿鼻叫喚の
地獄絵図が容易に想像できる。

今日、昔からいるエラい人に「本番を無事に
迎えられそうですか」と聞いてみた。

へんじがない。
ただのしかばねのようだ。


ふーむ。これは不吉である。エラい人の
背中から「そんな直球質問はやめて」と
いう空気が立ち上っている。

さて。

入った初日に仕事をしていると、白髪頭の
よくしらないおじさまが近づいてきた。

「オニミキ。よろしく頼むぞ」
「はい。がんばります!」

と返事をしつつもふと思った。

この人は誰だろう?

「すいませんが、どちらさまでしょうか」
「部長だ」

BUTYOOOOOO!!!

部長にフーアーユーって言っちゃったYO!
ファックユーよりはマシなんだぜ?

仕方がないのだ。だって、部長を見たの、
ホントはじめてだもん。去年までは違う
部の人だったわけだし。

職場があわないと部長だろうが
マネージャだろうが、あんた誰状態だね。

さすが人身売買企業w
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-28 22:21 | 雑記 | Comments(2)
2007年 08月 25日

ママンが入院した

世の中、いろいろなことが起こる。道は前途洋々にして開けていても、知らぬ間にぽっかりと穴が開いていたり、大きい石が転がっていたりする。それに気づくのは落ちてからか転んだ後。泣いても後悔しても時間が巻き戻ることはない。すばらしき日常は終わり、新しい現実に対処しなければならない。痛みと涙をこらえながら。

ママンが入院した。それも重篤な病で。あまり状態は芳しくない。最悪の事態も想定しなければならない。ずっと実家に住み着いていたので、わたしの年齢とママンと過ごした時間は等しい。母子家庭という環境もあり、憂鬱という言葉では片づけられない気分である。

ママンは7月初旬のころから寝込んでいた。食欲もなかった。わたしはママンに早く病院に行くように言っていたが、それほど重要視はしなかった。ヒドい夏バテ程度に考えていた。ようやくママンが行ったのが8月10日。その日に重い病気であることが判明した。

わたしのお盆休みも8月10日からはじまった。初日に病気が発覚。そこからが長い。病院の予約はいっぱいで検査がはかどらない。詳細な状態がわからない。入院もできない。

「なにやってんだ。重病人なんだぞ! はやく治療しないとなおらねーだろ!」そんな叫びが頭をグルグルと回る。仕事をしていたほうが気がまぎれる。休みがツラいと思ったのははじめてのことだ。何もしていないときは何時間もボンヤリとしていた。

お盆休みの前は「10日間のお盆をフル活用! そして人生の勝者になるwwww」などと実に呑気なものである。お前には見えていない。そうら。明るく楽しい日々の終わりがすっと近づいていることに。

初診から2週間がたち、先日ようやく入院することになった。病院というのは。。。何というか時間がかかるところだね。なにかをするにしても予約をとるのが大変だ。いちいち2日待ち3日待ちとなるので遅々として進まない。ここらへんがどうにかならないかしら。

親が自分よりも先に死ぬのは当然のことだ。逆よりは正しい。しかし。。。こんな展開は予想していなかった。親が死ぬにしても10年は先と思っていたから。いや、それすら欺瞞だ。親が死ぬなんて考えてすらいなかった。まだ助からないと決まったわけじゃないんだけど。「奇跡をあてにせず希望をもてる」程度には見込みがあるんだけど。

わたしが悔やんでも悔やみきれないのは「早期に発見していれば助かる病」だったこと。なおらない病気なら割り切ろう。しかし、なおる病気だけにね。。。

ママン曰く自覚症状が1年ほど前からあったそうだ。さっさと病院に行ってくれよ! と思わずにいられない。それより、なぜ定期検診に行かせていなかったのか。心配だったので「金なら出すからいっといで」とは言っていた。でも、結局いかなかった。定期検診にいっていれば簡単になおったのに。ムリにでも行かせるべきだった。

それに1ヶ月前に寝込んだとき。ここも強引に連れて行くべきだった。今よりは多少マシだったかもしれない。入院直前は本当に弱っていたから。

肉親が死んだとき「こうしていたら」「ああしていたら」と遺族は思うそうだ。なるほど。その気持ちがわかる。まだママンは健在で助かる見込みはあるけど、そのわたしですら後悔にうちひしがれている。

そんなわけで。こんな鬱なエントリを読んでいる人がいるかどうかはわからないけど。家族が定期検診を受けていないなら、受診するように強く勧めたほうがいい。年間数万円で家族の健康が買えるなら安いものだ。

つまらない油断によって落とし穴に落ちてしまった。あまり面白くない現実だけど、手元のカードでなんとか「いいように」歩いていこう。「未来は明るく楽しいものだとお気軽に考えなさい」と言ったのは天野遠子さんだったか。なんとかなるさ。たぶんね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-25 21:13 | 雑記 | Comments(20)
2007年 08月 23日

祭り・それはキセルから

最近、ネットの界隈で大きな火事が起こっている。
人はそれを「祭り」と呼ぶ。

今回の祭り、それは「埼玉大DQNキセル事件」
である。ご存じの方も多いだろう。

祭りの広がり方、燃焼の激しさ。その点で
この事件は記念碑的なスピード感を持つ。
情報と展開も出尽くした感じがするので、
その流れをまとめておこう。

もともとは「Mixiで自分のプチ犯罪行為を自慢げに
書いちゃうイタい日記がある」として某掲示板に
とりあげられた。

【mixi】コミケ会場の駅でDQNカップルがキセル乗車→それを疑った駅員に罵声
http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/50966461.html

キセル乗車がバレたDQNカップル。ヤッベーと思っていたら、
検査した改札カードはなぜか「問題なし」。そこを笠に着て、
駅員を容赦なく罵倒した、という悪者日記である。

> 俺様・そらちゃん「それは?だからそれはって
> 何だよって言ってんだよ!頭下げろっていってんだろー!!!」
> 明らかに俺らが悪いのにね(^ε^)-☆Chu!!
> その駅員「●●」っていう名前だったんだけど
> 俺様「おら●●あやまれよてめぇー!!!お前のぼんくらな
> 目のせいでこっちは恥かいてんだろがーがよ!!ボケが!!」
> って駅構内に響き渡るような声で文句いってた(^ε^)-☆Chu!!

(^ε^)-☆Chu!!という顔文字がチャームポイント。
この事件が風化してもこの顔文字は残るだろう。

そして。。。この日記の記述者はMixi上に
・自分の写真とフルネーム
・自分の在学している大学名
・自分が内定をもらっている会社名

という三点セットをドーンと公開していた。

慌てて当人はMixiの日記を削除するが、それは
すでに「後の祭り」。彼の情報はネットの海に
無限繁殖を繰り返す。

むろん。。。ただのキセルだけなら、それほど
事件は大きくならなかっただろう。というか、
わたしも最初のころはスルーしていた。

でも、次で完全に火がついた。

【2ch祭り】キセルして駅員に逆ギレしたDQN男、他にもブログから数々の犯罪行為が発覚!!内定取り消しは確実に
http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/50967753.html

> ①未成年(女子中学生)を淫行で孕ませる。
> ②1年前の腐った卵を隣のアパートの郵便受けに入れる
> ③バイト先で自慰行為
> ④テストでカンニング
> ⑤ガチガチに固めた雪を近くの車に思い切り投げつける
> ⑥医師の診断書偽造

別の日記サイトに犯罪自慢が書かれていた。
それを住民たちが見つけ出したんだな。

> 33 : 酒蔵(長屋):2007/08/20(月) 23:27:10 ID:xvWEN8rk0
> 起きたら罪状増えてるのかwwwwww
> おまいらは本当に無駄な行動力があるんだな

なんじゃこいつはあ!! という衝撃。
特にいただけないのが中学生をハラませて
ポイ捨てしたという話。

これが「人々の倫理」に火をつけた。

この次々と明かされる犯罪行為。大学と内定企業に
勇気ある住民たちが電話突撃を開始。さぞ電話室の
電話が鳴りまくったことだろう。内定取消は
ほぼ確実なようだ。

さらにスネークたちがMixiに掲載されたアパートの周辺
写真から位置を割り出し、潜入捜査まで開始される。

【恐怖】ネットで多くの犯罪行為を暴露したDQN男、ねらーの捜査力によって住んでいるアパートを特定!!埼玉のスネークが活躍
http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/50967885.html

これが。。。大炎上の恐怖だねー。。。さすがにコレはやりすぎ
だと思うんだが、このあたりまで「踏み込ませてしまう」、その
空気が醸成されるというか。それが「祭り」の恐ろしさ。

さらに他の板を巻き込んで祭りは拡大していく。もー、
今ではあちこちに同様のスレが立ちまくっているそうだ。

「ウソかもしれない日記の内容だけで確証もなく
 叩くのはいかがなものか」。

という擁護意見もあるが、激しく燃え上がる
祭りを止める力はなかった。

今回の事件の感想。祭りは本当に怖い。

内定は取り消され、大学は声明文を発表し、
ネット上には彼の写真と本名が永遠に残り続ける。
とにかく悲惨の一言である。

普通の祭りは「人格否定」のような展開になるが、
今回のコレは「人生破壊」になっている。

キセル乗車の得意げな自慢話が、よもやこのような
展開になるとは思いもしなかっただろう。人生は
本当に、何が起こるかわからない。

ネットは「みんなが見れる場所」。
書いてしまえば「絶対に削除できない情報」。
それを忘れちゃいけないんだよな。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-23 23:04 | 雑記 | Comments(0)
2007年 08月 21日

IT業界の「規模を縮小」

A子さんは、現在、あるプロジェクトに
関わっている。わたしもタッチしかけた
関係でその件についてよく話をする。

オニミキ
「君のやってた仕事、設計だけで
 開発ストップしたそうだね」

A子さん
「そうなんですよー。お金がないらしいです。
 でもお客さん的には規模を縮小してでも
 続けたいそうなんですけど」

オニミキ
「規模を縮小ねえ。。。
 どっちの意味?」

A子さん
「???」

オニミキ
「規模を縮小には2つの意味があってね。
 設計内容を縮小して継続するケースと、
 設計内容はそのままで人員だけを縮小
 するケースがあるんだよ。
 規模と人員、どっちの話?」

A子さん
「規模でしょー。内容そのままで
 人員削るなんて、ありえないですよー」

オニミキ
「ありえないよねー。でもありえるんだねー。
 ふふ。たぶん人員削減で設計そのままだと
 思うよ。ふふふふふはははは」

予言者オニミキは怪しげな笑みを浮かべて、
さっそうと立ち去った。それがお盆前。

お盆明けて、A子さんと再会したので聞いた。

オニミキ
「その後、どうなったんだい?」

A子さん
「いやー。リーダー頭かかえてましたわー。
 設計はそのままで人が減っちゃうみたいです」

オニミキ
「ほーら。わたしの言ったとおりだろ?www」

A子さん
「ああああ!!! 言ってましたね!!!」

オニミキは予言者なのか。否。否である。
IT業界の流れを見ているとそうなのだ。

予算と見積もりが釣り合わない場合、たいていは
見積もり側が「設計内容そのまま」で「工数だけを
削減されて」対応することになる。

なんたるこの大理不尽!!!

そのあたりは、IT業界も土建会社も変わらない。
下請けは弱い。それだけである。

実際は工数が足りないのだから、設計内容から
優先順位の低いものを削減して対応する。
それが正しき道である。

でないと。。。
・工数足りずに失敗>見積もり側は当然、大損
・意外といけちゃった>最初の見積もりは何だよw

となっちゃう。

どっちにしても、あまり見積もり側は面白くない。
でも、そうなっちゃうんだよね。下請けの命なんて
虫けらですか。そうですか。

規模を縮小。お客さんには便利な言葉だ。
こっちには死の宣告みたいなもんだが。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-21 22:04 | 雑記 | Comments(0)
2007年 08月 20日

女性警官に「姉妹」制度

こんなニュースが。

気軽に悩み相談して 女性警官に「姉妹」制度 島根県警
http://www.asahi.com/national/update/0818/OSK200708180180.html

> 島根県警がこの夏、警部補クラスの5人を「姉」役に任命、
> それぞれ10人前後の「妹」を受け持つ制度をスタートさせた。

やってくれるな、アサヒ・ニュース。わざわざ姉妹を
カギカッコでくくりますか。

マリみて読みとしては反応せざるをえまいwwww
そこ! 姉妹をスールと読んだ人間は挙手だ!
ぜひ「ごきげんよう」と「お姉様」を忘れないでもらいたい。

ただ、記事を読んだ限りでは、実際に「姉妹」制度なのか、
先輩が後輩を支援する関係を、記者が便宜的に姉妹と勝手に
名付けたのか、いまいちピンとこない書き方だね。

前者なら、発案者がマリみて好きなのか気になるところ。
後者なら、そこからスール制度を連想する記者の才能に嫉妬。

マリア様がみてる (コバルト文庫)
今野 緒雪
集英社 (1998/04)
売り上げランキング: 38970

[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-20 20:39 | 雑記 | Comments(0)
2007年 08月 19日

ゲーセンでみた不思議な光景

今日、ゲーセンにいった。そこで見た
不思議な光景について書いておくとしよう。

1.
パチンコ・コーナーで
よおおおおおしゃああああ!!!
とゲーセン中に響く声で叫んでいた人がいた。

たぶん、フィーバーがかかったのかな?
あまりに大きい声でやたらと叫ぶものだから、
ななななななんじゃあ!? と叫ぶたびに
気になった。

あそこまで感情を爆発させる人も
なかなか珍しかろう。実に楽しそうだった。

2.
三国志大戦には一騎打ちというシステムがある。
一騎打ちの強さは武力の大小と勇猛の有無に
関係する。あとはプレイヤの腕次第。

で。R呂布とSRシンラクの一騎打ち。
R呂布のクビが飛んでいた。

R呂布(武力10+勇猛)
SRシンラク(武力2)

普通は呂布が楽勝である。なのになのに。。。
なして、R呂布のクビがとんでるですかー!!

わたしがやらかしたわけじゃないので。
念のため。

今まで見た一騎打ちで一番の金星だった。
飛ばされたプレイヤの顔の引きつり
具合がなかなかステキだった。

3.
なぜかゲーセンに「おうちのない人」が現れた。
ボロボロの服装。伸び放題の髪。顔の半分を覆うひげ。
手に持ったゴミ袋。

なんだろう? と思っていると、その人は
シューティングゲーム「R・TYPE」の
筐体に座っておもむろにプレイしだした。

「おうちのない人」はお金がないと思っていたので、
ゲーセンでゲームをしたことに驚いた。

顔を見ると30台くらいに見えた。若そうである。
ゲームが好きだったのだろうか。どうしても
R・TYPEがしたくてしかたなかったのだろうか。

====

衝撃を受けたのは3番かなー。

おそらくは苦労して手に入れた1プレイぶんの
お金でゲーセンにやってきた「おうちのない人」。

それに対して、わたしは別に金持ちではないけど、
それなりに暮らしていて、こんな感じにゲーセン
にきて好きに遊んでいる。

うーん。こうやって平凡に生きて、それなりに
楽しんで暮らせているということはすばらしい。

それをもうちょっと自覚しないといけないね。

お金がもらえる労働があって、ちゃんとした
帰るべき家がある。それって当然のようだけど、
当然じゃあないんだな。

そんな風に思ったお盆の最終日なのでした。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-19 21:49 | 雑記 | Comments(6)
2007年 08月 18日

病院に通ってみると

先日「泌尿器科でも検査してねー」と
言われたので、泌尿器科に行ってきた。

泌尿器科。実に隠秘な響きである。

順番待ちをしていて、ボンヤリと壁を
見ると、そこに一枚の資料がとめてある。

紙自体はどうでも良いのだけど、問題は
その止めているマグネットである。

「バイアグラ」

実に男らしい文字が躍っている。

ああ。バイアグラを処方して欲しい場合は
泌尿器科に行けばいいということか。

でも、カルテをつくるときにどう症状を
伝えればいいんだろうね。

・バイアグラくれ
・EDってやつなんですよ
・ちょっと男性機能が低下気味なんです
・夜の生活に満足ができなくて
・先生! 俺のジョニーが息してないの!

という感じだろうか。どの案もなんか、
ちょっと微妙だな。通じるとは思うが。

みなさんがバイアグラのご厄介にならないよう、
みなさまのジョニーが健やかであるように
お祈りしておきます。はい。

。。。
なんか、下品なエントリーだなw
最近、熱いから魔が差したんだYO!
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-18 22:46 | 雑記 | Comments(7)
2007年 08月 17日

痛チャリだそうだ

古いニュースで恐縮だが、痛チャリ紹介スレがあった。

秋葉原で「痛チャリ」オフ クドリャフカ、ななついろ、シャナ、なのは
http://imihu.blog30.fc2.com/blog-entry-2974.html

痛チャリ、痛車とは、アニメやゲームへの愛情が高まりすぎてしまい、
それらをペイントしてしまった自転車や車のことをさす。アニメキャラが
笑顔を振りまく車体は、周囲から見て「イタイ」ので「痛チャリ、痛車」と
呼ばれている。

で、1に何枚かの痛チャリが紹介されている。でもね、今回、
とりあげたのは、そのためじゃないのよ。

19を見てくれ。
そこに「神」が降臨しているから。

なんなんだろう。この胸を打つ、打ち抜く熱い感動は。

はっきり言おう。見てくれはむちゃくちゃだ。なんか、もう、
フランケンシュタイン? みたいな。つぎはぎだらけ。

でも、1のキレイに塗装された痛チャリよりも、
途方もない、世界法則を越えた、自然数を足し合わせた
合計値のような言葉で表現できない膨大な何かを感じる。

ああ。神々しい。夕日が後光に見える。

なぜだろうな。外見はできが悪い。中学生の自由工作か、
と思えるような雰囲気。でも、その手作り感からあふれ出す、
爆発する何か。何かがそこに存在する。

突き抜けちゃったものを見ると、感動するね。
ベクトルの向きは関係ない。絶対値の大きさに。

でも、この自転車、強風のときにのれるのだろうか。
なんか、次々と分解されちゃうような。。。雨の日も
きついんだろうなー。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-17 08:20 | 雑記 | Comments(0)
2007年 08月 13日

オフ会とやらにいってきた

1ヶ月前、GNO2オフ会という企画が立ち上がった。キャリ鯖ジオン軍で遊んでいる有志で会おうという内容。わたしはすでに引退していたが、所属していたチームが主催とのことで声を掛けていただいた。参加者は18人。多いよ!

予定はこう。
14時:先発組集合。ゲーセンへGO!
18時30分:後発組集合。飲み屋へGO!

さて。14時に待ち合わせ予定。14時30分。わたしとチーメン1人しかいない現実。完全にメンツが合流したのが15時を越えていたという幸先のよい出だし。

た だ よ う 暗 雲 。
広 ま る グ ダ グ ダ 感。


この感覚、たまらねえ!
いや、いいんだけどさw オフ会は集合が難しいところだ。

ゲーセンにいって「戦場の絆」をやってみた。コックピットのような筐体でMSを操り、4名でチームを組んで相手のチームと対戦するゲーム。ガンダム好きのようにみえるわたし。実は戦場の絆ははじめてだったりします。お恥ずかしい限り。

見せてやろう! キャリ鯖ジオン兵としてVPの末席にいたものの実力を! ザクへの愛が違うのだよザクへの愛が! 泣け! わめけ! 死ね! いい連邦兵は死んだ連邦兵だけだ!

フルボッコタイム開幕!





。。。
フルボッコにされましたが何か?

こりゃキツいわ。操作がわからないうちにボコボコにされた。4人のうち、やりこんでいる人は1人だけ。他は初心者。どこにいけばいいかわからず。行こうと思っても操作がわからず。襲われても反撃の仕方がわからず。

無理ゲーw という感じだった。やり込んでいた人に申し訳なかったねー。ほとんど1対4みたいな展開だった。思うとおりにMSを操れるようになれば楽しそうだけど、そこに至るまでがロード・オブ・イバラだな。特に熟練者があふれる今の現状は。

で。なんとかいろいろと時間をやり繰りしたが。。。4時間30分は長い。最後は上階の飲食店でまったりとしていた。「ゲーセンで4時間つぶす予定だけどサー、これみたとき、長すぎるよなーと思ったのよ」と誰かがカミングアウト。すると「俺も」「俺も」「俺も」。みんなッスかwwwwww

そこでガッツリと語った。語ったので、もうわたし的にはオフ会に来た目的を達成してしまった。しかし! 話はそこで終わらない。後編があるのだ。盛り上がれ、わたしのモチベーション。まだ終わりはせんよ。

後半戦。後発組と合流して飲み屋に移動。乾杯。音頭は?

ジィィィィィィィィク・ジオン!!!!

それかよw 唱和したけどさw 連邦とかはどう唱和するんだろうね。マチルダさあああああああああんん!!! とか?

グダグダといろいろと語る。印象に残ったものを列挙すると。。。

1.
引退した人間のわたしが、なぜか一番に自己紹介させられる。いやいや、引退した人間が一番最初はいろいろとマズいでしょ。「えー、引退したオニミキです」第一声に凍える空気。固まる笑顔。これはいいさらし者ですね^^

2.
チーメンがオニミキの日記はすばらしいと誉めてくれる。あまりの誉めっぷりに「誉めてもなんもでねーっすw」と逃げた。さすが、わかる人間にはわかるんだねー。フフフ。ということで、脳内の「すばらしい人ランキング」の順位を上げておいた。

3.
それに対して、後輩のファッキン・ウィータくんが「ボクはもう読んでませんけどねwwww」とド外道な発言をして気分を下げる。さすがは最悪人間である。もともとクレジット済みの「最悪人間ランキング」の順位を上げておいた。

4.
チームの初代リーダーの話になる。オフ会にはきていない。今は平メンバーとして残っているそうだ。「あいつはいいやつだ」「このチームの雰囲気はあの人のおかげだよね」「なんだかんだで人をまとめるのがうまかった」「人間的にいい味だしてる」と誉め誉めモード。その空気に打ち込んでみた。

「これってリーダーの追悼会?」

そんな感じで楽しい時間は終了。その後の記憶は。。。
・骨折している人に「足なんて飾りですよ!」と言っている人がいた
・帰り道になぜか乳首を4回も触られた

チーメンにファッキン・ウィータくんの印象はどうかと尋ねたところ「ミライさんのフィアンセに似ている」というすごくマニアックな返答が。誰かわからねえw 家に帰ってから調べてみると。。。




b0028685_12133316.jpg


うーん。なるほど。言い得て妙だなw そのあたりのビミョーな人選をチョイスするあたりが、何ともガンダム・オフだね。つーわけで、ファッキン・ウィータくんのリアル知り合いはやつのことを今後は「カムラン」と呼んでやってくれwwwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-13 12:25 | 雑記 | Comments(5)