<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

つ 日本が平和すぎる件

最近、テレビを見ていると、
日本は平和だなーと感心する。

マスコミの視聴率優先主義は相変わらずで、
とにかく旬の話題を、旬の話題「のみ」を
だらだらだらだらと流し続けている。

去年末からのニュースの話題は、
ほぼコレが大部分であろう。

・バラバラ殺人事件(兄弟・夫婦ともに)
・不二家モラルハザード
・あるある捏造問題

。。。
なんとまー。。。としか言いようがない。

取り上げてもイイ話題とは思うが、
そこまで長く引っ張り回すほどの
内容とは思えないんだがね。

新聞を見たら、一面が「あるある捏造」だったのは、
日本オワタ!!!\(^o^)/ な気分になった。

あ り え な い だ ろ。
スポーツ新聞ならともかく、主要四大新聞が。。。

各ニュースの取り上げかたも好ましくない。

バラバラ殺人は切り口に違和感を感じる。

家族をバラバラにしたというセンセーショナルさが
大衆受けを狙いやすいからといって、犯人も逮捕されて
解決した事件なのに、加害者の人間像をどこまで本当か
わからないような情報と憶測で垂れ流すのはどうかと。

不二家や「あるある」も微妙である。
こっちは、切り口の底が浅すぎる。

過去の捏造やら何やらを根掘り葉掘り探してきては、
「こんなこともありました!」と得意げに報道している。
そんなことをして、何が楽しいのか。。。
あれじゃ、ただのイジメにしかすぎない。

食品業界の衛生問題も、テレビ業界の情報捏造も、別に
昔からまことしやかに流れる都市伝説である。どうせなら、
そうなるに至った経緯や、業界の暗部を探るような取材を
すればいいのに。

まー。。。

そこを掘り返しちゃうと、耐震偽造やライブドアの
ときと同じように、日本のいろんなところで問題が起こっちゃう。

それを問題視する、どこかエライ人が圧力を掛けて、
その手先のマスコミさんたちは、大衆の目先を変えるために、
しょーもないニュースを流しているのかもしれないがね。

話題性のあるニュース「だけ」をひたすら流し、次の新しい
話題が出たら、あっさりと投げ捨てて次の話題「だけ」を
ひたすら流す。それはどうなんだろうね。報道として。

あるあるショックで一番よろこんでいるのは、
不二家だろう。あっちに興味がうつったので、
追撃が一段落ついた感じだからねえ。

ひとつの事件を引っ張りまくるのは、日本が平和で、
深刻なニュースがないからだろう。そういう意味では、
こういうのは喜ぶべきかもしれないが。。。

そうそう。平和といえば、これなんて、その極みだね。

「子産む機械」で野党、審議拒否構え…与党にも辞任論
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070130i116.htm?from=main1

今、話題の「女は子を産む機械」発言。
失言は失言だろうが。。。

> 柳沢厚生労働相の辞任を求め、辞任しなければ
> 31日以降の衆院予算委員会の審議に応じない方針を決めた。

失言ひとつでクビにするために、予算審議欠席。
政治がしたいのか、政治でゲームがしたいのか。。。
大臣のクビは日本の未来より優先される事項のようです。

平和ですなー。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-31 01:25 | 雑記
2007年 01月 28日

目玉焼きになにをかけますか?

わたしは、というか、わが家は醤油大好きなようで、
とにかく食べ物に醤油を掛ける。

子供のころからそれで育っていたので、
特に不満もなかったのだが、さすがに、
3つのおかずのすべてに醤油が
かかっている状態はどうよ? と思い、醤油を控えてみた。

すると、それはそれでおいしく、今まで醤油で
隠れていた食べ物の味がすっきりと伝わる。
う~ん。イケるねー。

それ以来、盲目的に醤油を掛けるのはやめて、
味見をしてから、必要なら醤油を掛けるようにしている。

で、目玉焼きである。
目玉焼きに何をかけて食べるか、というのは、もー、
宗教論争に匹敵するほどの根深いものがある。

あるものは醤油を掛け、あるのもはソースをかけ、
あるものは塩を掛け、あるものはケチャップをかける。
他にもマダマダ。調味料の数だけ可能性はある。
そして、それぞれが信じる道こそ最強と自負している。

醤油一家のわたしは、当然、目玉焼きにも
醤油を掛けていたのだが、今は塩派に改宗した。

わたしの食べ方はこんな感じ。
1.半熟の片面焼き一択。黄身はふたつ。
2.できたら、塩をまんべんなくふる。
3.ひとつの黄身を割り、白身をそれにつけて食べる。
4.最後に割れてない黄身を食べて、終わり。

常にこのルートをたどっている。
機械も驚くほどの正確さである。

私的には、塩+黄身のコンボが最強だと信じている。
塩の辛みが、黄身の甘みをブーストして、白身の
プレーンな味に確かなアクセントをつけるというか。

いやー。ウマいね。コレ。
しょうゆ大好きというより塩大好き人間の
わたしには、やはり塩のほうがあう。

何が言いたいかというとですな。
幼いころから親がしている食べ方を、特に疑問も持たずに
受け継いで今に至っていると思うのだが、そこをちょいと横に置いて、
別の食べ方に挑戦してみるのもオモシロイ。

意外と別の食べ方で食べてみると、今の自分の食べ方よりも
もっとオイシい食べ方があるかもしれないからね~。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-28 23:42 | 雑記
2007年 01月 27日

ファンタジーアース・ゼロ「ビスタやらアンケートやらコスト制やら」

ちと仕事が忙しいせいでプレイできていないが、
別にFEZを引退したわけではない。いろいろと
興味深い動きがあったので、ちと書いておこう。

・Microsoft Windows Vistaのサポートについて
http://www.fezero.jp/notice_newsview.aspx?seq=227

> 『ファンタジーアース ゼロ』は「Windows Vista」への
> サポートを行っておりません。

ビスタ未対応らしい。
わたしはビスタに興味がないので、乗り換える予定はないので
特に問題ない。興味がない、というか、ウリがよくわからん。ビスタ。
つーか、一週間前まで、今月末発売って知らなかったしな。

ゲームとは関係ないが、それ以上にこれが気になる。
> 標準搭載されます文字セットの新規追加文字を、
> データベースの符号化方式にて処理できない可能性

リアルの仕事上、ちょっとみすごせないんだが。。。
これ、どういう意味だろう。。。なんか、変な文字が増えたりして、
文字化けに悩んだりしそうで憂鬱。
どーなんだろ。。。

・妨害対策に関するアンケート
http://www.fezero.jp/notice_newsview.aspx?seq=225

戦争に対する嫌がらせ行為に対して、
どう対策を採ればいいか、とのこと。

> 1.戦場参加者の投票による、
>   自国プレイヤーに対してのkick/vote制 ※1
> 2.戦場参加者の投票による、
>   自国建造物に対してのkick/vote制 ※2
> 3.建築コストの増加による、単独キャラクターでの建築の阻止
> 4.死亡回数による戦略ゲージ減少の見直し
> 5.一人当たりの建築回数の制限による、乱立の阻止
> 6.キープの建築可能箇所に制限を設け、不利な位置への建築を阻止
> 7.キープの建築行動の賛同を問う際、
>   建築予定位置をマップに表示し明確化を行う
> 8.一定人数以上でのパーティ参加時のみ、
>   建築を可能にする仕様への変更

グループわけすると、以下のとおり。
キック機能による万能策。(1)
建築物乱立対策(2、3、5、8)
自殺による嫌がらせ対策(4)
変な場所へのキープ建て対策(6、7)

異なる種類への嫌がらせに対してのアンケートを
単一解答のみでおこなうのはどうかと思うが。。。

1は「起こってから」の事後対策なのが、ちと微妙。
建築がメンドくなる(2、3、5、8)は全力で却下。
自殺による嫌がらせは別にたいしたことないので、(4)はどうでもいい。
キープ建ては悪ければ悪いで楽しめばいいので(6,7)は不要。

って。。。全部、却下しちゃったYO!!

7と8は興味あるが。。。
7くらいは妨害対策以前に実装しとけよ、という感じ。
8はPTを組むのが必須になるので面白いかもしれない。

結局は1に投票した。まー、それほど絶対的な方法とも
思えないが、キック機能さえあれば、わりと何とかなると
思うので、あとはプレイヤ側でどう運用するか、という
問題になるんじゃないかな。

ただ、ちょっと回線が遅くてラグっている人とかがいると、
すぐに全チャで「キックしる!」っていう人がでそうだが。

・アイテムコスト制について
http://www.fezero.jp/play_war1.aspx?page=3

これは久しぶりに神パッチかもしれん。

回復アイテムの使用にポイントを設定し、
一戦争中の回復アイテムの使用を制限する試み。
リジェネレートだと、20本しかつかえないようだ。

今後、プレイしてから詳細を書くつもりなので、
さらっと書くが、これでドミ時代の仕様に近づいた。
反対意見もあるようだが、わたしは賛成する。

ドミ時代はアイテムを回復剤を20個くらいしか
もてなかったため、何を持っていくか、それをどう
運用するかで悩むのが楽しかったりした。

ゼロになって、大量の回復剤をもっていけるため、
その要素がなくなってしまった。

とても残念に思ったが、これでその点が改善されたわけだ。
ヲリさんは大変だろうが、ドミ時代はみんな、それで
やってたわけだし、別に何とかなるんじゃないかな。

一ヶ月後には、アイテムコスト上限アップの
有料アイテムが売られているんだろうなあ。
ガメポさん、商売上手ですね^^v

あーあ。はやく落ち着いてFEZができる
ようにならないかなー。

え? 三国志大戦DSをやってるじゃないかって?
アー、ワタシ、ニホンゴ、ワカリマセーン。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-27 23:27 | FEZ(更新終了)
2007年 01月 26日

三国志大戦DSファーストインプレッション

さて。昨日はブログを急きょ、お休みしたわけだが、
前日の日記を読めばわかるだろうが、お察しの通り、入手した
三国志大戦DSをプレイしていた。




FEZへの愛情を熟年夫婦の成熟した愛情などと形容したが、今回は
若夫婦の、さかりのついた犬のごとき劣情
という勢いで、ごりごりとガッツきプレイをしている。

さて。三国志大戦をそれなりに愛でたものとしての
感想としては。。。これ、イイネ!!!

うまく三国志大戦を再現している。
発表当初は、ペン一本で何が出来る!!!
と思っていたのだが、かなり健闘している。

そりゃー、両手でやるよりは直感的ではないよ。
だけど、やりにくいか、といわれるとそうでもなく、
別にフツーにプレイできる。

タッチ画面が小さい分、ペンの移動が少なくすむ。これがミソ。
アーケード版よりもすばやく、細かく指示がしやすいという利点がある。
つまり、手数で勝負。。

強いて難点をつけるなら、カードの回転かな。

三国志大戦は、武将ごとに計略という必殺技が
設定されれているのだが、計略によっては、
カードの向きで発動方向を変える必要がある。

アーケード版なら、カードを手で回すだけなのだが、
DS版の場合は、十字キーの↓を押しながら、ペンで
ぐりっと回転させる動きをする。

文章で書くと、わりと簡単そうなんだが、計略を
うつ場合、たいていは、急いでいるので、この程度の
手順でも慣れるまでは苦労する。というか、わたしは
まだ慣れていない。。。

槍、馬、弓の三兵種の、プレイした印象としては、
槍撃がメチャつよい。ヌルヌルでて、
ズバズバ削る。あれ、パラメタ間違えてない?

弓は接近されたときのモロさがヒドくなっている
気がする。槍撃が強すぎるからかな? 接近を
許すと悲しい結果になる。

馬は相変わらず高性能。ゲーセンと同じ感覚かな。

プレイ環境の関係上、DS版では弓が優勢になる
という見方が強かったので、その関係で弓が弱体化
されて、弓に弱い槍が強くなっているのかな?

カードは勝ち負けにかかわらず1戦につき1枚入手できる。
「もう1戦したらイイカードでるんじゃね?」
と思いプレイを重ねてしまう。。。

で、集めたカードを眺めつつデッキを妄想する楽しさ。
このあたりの面白さは本家と遜色ないです。ハイ。

わたしのような、
・1プレイ300円たかいー!!!
・並んで待つのヤダー!!!!
・大きいゲーセンにいくのメンドいー!!!

という不埒ものには、よいゲームだと思う。

つーか、これだけ三国志大戦を再現していて、
無料で、かつ、お家でWIFI対戦できるってどうよ。

わたしみたいな、ヌルい三国志大戦プレイヤーには、
こいつで充分なんじゃないかなー。と思っちゃう。

さて、100戦ほどさっくりとプレイした。
資産も増えたし、ゲームにも(そこそこ)慣れた。
明日にでもWIFIに出撃してみるかなー。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-26 23:32 | 雑記
2007年 01月 24日

三国志大戦DSの動画らしい

フライング・ゲット。略称フラゲ組が
三国志大戦DSをゲットしたそうだ。

プレイ動画(手元動画つき)
http://www.youtube.com/profile_videos?user=soseiya

すげー。
まんま三国志大戦じゃな~い?
フツーに期待してしまうんだが。。。

見ているだけで、なんか三国志大戦を
久しぶりにやりたくなったよ。かれこれ
3ヶ月はやってないからねえ。。。

強いてあげるなら、敵部隊を撃破したときの
ジャキーン!!! っていう音が、ちょっと
チープなのが気になったくらいかな。

フラゲを狙おうか迷ったが、確実に手に入れるために
セガダイレクトで注文した。ので、明日手にはいるはず。

楽しみだな~。
うひ。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-24 23:12 | 雑記
2007年 01月 21日

ファンタジーアース・ゼロ「nPro入ってから重すぎるんだが。。。」

少し前から、FEZにnProという
ものが導入された。

いわゆるチート防止ソフトらしく、
無敵になったりするチートを弾いて
くれるそうなんだが。。。

激重すぎて、わたしの環境だと
FEZがプレイできなくなった。ヽ(`Д´)ノ

いや、できはするんだが、なんかカクカク
するのです。最前線に出ることもなく、
戦場で普通に歩くだけでカクカクカクカク。。。

さすがにマトモにプレイできる状態ではなく、
今日なんて、カクカクのうえに死んだ瞬間に
クライアントエラーが発生。

もう、やってられっかー!!
と思って、さくりとクライアントを落とした。

う~ん。。。どうしようかなー。
ゲームができるってレベルじゃないんだが。

わりとnProのせいで困った状態に
なっている人は多いようで、公式の掲示板などを見ると、
nPro反対署名などがおこなわれている。

戦争ゲームとチート対策。
永遠の課題なんだろうねえ。。。
しかし、重すぎるのは困るのだが。

こういうことを書くと、怒られるかもしれないが、
とりあえず、チート対策は後回しでいいから、
もとにもどしてくれんかのー。チートしている人なんて
ほんの一握りだろうし。

そりゃ、ゲームに影響しない程度の重さなら
導入してくれた方がイイが、それなりの人数の人が
プレイできるってレベルじゃねーぞ!!!
となるのはどうかと思うんだが。

さすがに、以前、nPro導入>即撤廃をやっているので
もう一度、同じことをするとは思えんのだがねえ。

もう、nPro導入でこのまま行くのなら、
せめて告知している必須環境を更新してもらいたいものだ。
クライアントの性能に依存しているのかどうかしらないけど。

個人的には、きっとガメポさんが、センスグンバツの
サイコーにイカしたアイディアを出して、
低負荷でチートを排除する方法がくると期待。

きっと。。。
ガメポなら。。。ガメポなら。。。
なんとかしてくれる!!!

ガメポさん何とかしておくれ~。
じゃないと。。。

1月25日から三国志大戦DSに行って、
帰ってこなくなっちゃうぞ☆
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-21 23:44 | FEZ(更新終了)
2007年 01月 20日

Power For Living の CMについて

最近、Power For Living という冊子を
紹介するCMが放映されている。

日ハムのヒルマン監督やら有名人が
「この本で人生の喜びを見つけました」
という主旨の紹介をするCMである。

CMで連絡先が紹介されるので、
そこに連絡すると、パワー・フォー・リビング
という本がもらえるらしい。

ただで本がもらえるらしいのでオイシイ話だが、
妙にひっかかる内容である。

・人生が変わるらしい
・有名人も誉めている

というのはわかるのだが、
君たちは何者なのかね?
というがよくわからない。

というわけで、ネットで調べてみた。

パワー・フォー・リビング
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0

1.
> パワー・フォー・リビング(Power For Living)は米国の
> アーサー・S・デモス財団(Arthur S. DeMoss Foundation)が
> 無料配布しているキリスト教系書籍の名称。

2.
> パワー・フォー・リビングを配布しているアーサー・S・デモス財団は、
> 主にキリスト教プロテスタント福音派を支援している財団で、特に
> 中絶や同性愛の反対、進化論の否定などに特徴があるキリスト教右派との
> 繋がりが深いとされている。

3.
> キリスト教を広めることを目的としたものであり、
> 独自の教義や教祖を持つ宗教団体ではない。

4.
> コマーシャルでは宗教性を隠しているが、実体は
> キリスト教の布教活動(文書伝道)である。

抜粋すると上記の通り。
直接的な宗教団体ではないが、キリスト教を広めるのを
目的とした団体のようだ。

一応、YouTubeでCMを見直してみたが、
上記の情報はどれも公開されているようには
見えなかった。

こういうやりかたは気にくわない。

わたし自身は無宗教なのだが、宗教に関しては、
わりと寛容な姿勢をとっている。

日本人はオウム事件があったためか、新興宗教は
もとより、多くの宗教に対して懐疑的すぎるし、
過剰に反応しすぎる感じがする。

細かいことは別の機会にまわすが、それで
信者がハッピーなら宗教OKじゃない?
という程度には考えている。

それでも、このやり方は気にくわない。

やはり、明言するべきだろう。これが
「キリスト教系の教えに基づいた本」
であることを。

すべてを伝えるには、確かに時間は限られている。
世間のCMが商品の内容をすべて伝えているかと
いわれるとノーである。

しかし、それが宗教に関係する内容かどうか。それは、
受取手が知っておくべき当然の情報ではないだろうか。
かなり重要な内容じゃないか。

自分たちの言いたいことだけを伝え、知らせるべき情報を
落としてしまうのは、アンフェアとしか思えない。
故意と断罪されても仕方がないだろう。

以前、ホワイトバンドのときも、寄付金の使い方が
不明瞭でアンフェアなのが気にくわないという
記事を書いたが、それと似た違和感を感じる。

そーいえば、ホワイトバンドもどうなったんだろうね。

というわけで、まとめると。。。
パワー・フォー・リビングは宗教に関係する本である。
このCMをみるときは、常にそれを念頭にいれよう。

別に宗教に関係する団体だから、ケチをつけるのではない。
それを明示しない手法が気にくわない、というお話。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-20 23:09 | 雑記
2007年 01月 19日

読書感想「七人の武器屋・大楽絢太」

> アタシはあきらめない!
> 死んでもサンク・マリカを買うんだ!
> アタシが生きることをあきらめない限り、
> アタシは誰にも殺されない!!

「七人の武器屋」はラノベである。

七人の武器屋 レジェンド・オブ・ビギナーズ!
大楽 絢太
富士見書房
売り上げランキング: 69208


この本は前から興味があった。
武器屋がテーマというのが、実に興味深い。

店長募集のチラシを見て、集まった7人の
若者たち。彼らが共同経営する形で武器屋が
オープンする。

この7人がなかなか個性派ぞろい。
(女)
・イッコ:情熱の夢追い人。
・ノン:料理が得意な癒し系。
・ミニィ:超絶ブリっこ。

(男)
・ケンジ:少年天才鍛冶屋。
・ドノヴァン:天賦の怪力を持つ大男。
・ジャン:じゃんけん不敗のノリの人。
・マーガス:唯一の無個性という個性をもつ主人公。

7人もメインキャラがいるのだが、それぞれの
役割を明確化し、個性を切り分けているので、
読んでいて混乱することもなく、ムダなキャラもいない。
彼らのユーモアたっぷりなやりとりが非常に面白い。

物語は、店長募集のチラシを見た7人が
集まるところから始まる。このチラシなのだが、
爆発するほど怪しい。

> 新規オーナーを募集しています。
> 技術も資格もいりません。まずは店内へ。
> ※18歳以上の方、武器屋での勤務経験のある方、
> 経営に詳しい方のご応募はお断りしています。

変すぎるだろ。経験者お断りって。
その面談相手となる現オーナーの老人も、ロコツに
怪しく挙動不審。もう詐欺臭バクハツである。
契約書を読もうとしたら「時間がない」って。。。

ただ、いたって若い連中ばかりなので、
ほぼ何も考えずにサインをしてしまう。

このあたりのかる~いノリが「7人の武器屋」という
作品の全編に貫かれる空気である。ああ、ラノベ。
って感じだ。それがイイんだけどね。

ドタバタと始まった武器屋商売であるが、
まったく客がこない!!!

仕入れ値から考えて、それほど安くはないのに。。。
と思って市場調査を始めると、世の中には驚きの
低価格で武器が流通していた。

・品質をぎりぎりまで落とした格安武器屋
・中古販売で伝説の名刀を売る武器屋
・レンタルで伝説のアイテムを貸す武器屋

そら、勝てない。。。
で、マーガスが考えて導き出した結論。
それは、7人のオーナーの個性で勝つこと。

・超絶ブリっこで男の客の心を奪取。
・むくれる女の客には料理上手が作ったクッキーで対処。
・天才鍛冶師が「本物よりもすごい」ニセの伝説の武器を作成。
・値段が高いという客には、じゃんけんか腕相撲で
 オーナーに勝てば無料チャンスを与える。

当然、相手はじゃんけん不敗のジャンと、
怪力無双のドノヴァンなので、負けることはない。
これって詐欺じゃ。。。げふんげふん。。。

この必殺のオーナーコンボと、たまたま伝説の勇者が
店を尋ねたおかげで話題になり、武器屋は息を吹き替えす。

このあたりの展開は、冷静に考えるといろいろと穴が
あるようにも思えるが、そんなことは関係ないんだ。
笑いと勢いとノリで一気に読ませる。そのあたりの
センスは作家の天性なんだろうなー。

うまく武器屋が開店しだしたころ、前オーナーに
店を貸していた、という男が現れる。彼は契約書を
つきつけ、借金の催促をおこなう。

> 最初の一ヶ月は応援期間価格・月9800ドルクと
> しているが、30日目以降は通常料金の
> 1日/9万8000ドルクに変更。

あー。。。
家賃10倍のうえに、月額から日額!?

払えるはずがない金額だが、代わりにレアアイテムの
「ドラゴンのうろこ」をとってきたら、許してやろう、
と言われる。

違法な契約なので、解除してもらうことも可能なのだが、
それは武器屋のオーナー契約も解除ということを意味している。
彼らは愛着を感じ始めた武器屋を守るため、危険な竜の住む
洞窟へと足を向ける。。。

この洞窟で彼らはそれぞれのオリジナル武器を持って戦う。
このあたりのアイディアも個性が出ていて秀逸。

笑ったのがイッコの「ビッグバン・ソード」。
竜も吹き飛ばすほどの威力、通常なら女の腕では
扱えないような長身の武器。そのため、耐久性がなく、
たった2撃で破砕する。。。

勢いと適当とカッコよさを求めるイッコらしい武器だ。
あと、ノンが「包丁を飛ばすボウガン」とかいうのも
使っていたな。。。料理好きなので「使い慣れているから」らしい。

いやー、実に自由に発想しているよね。遊んでいるというか。
読んでいると、貨幣価値とかがけっこうテキトーだったり、
わりとその場その場で考えて書いているのかな、という感じ。

しかし、そのあたりのイイ意味での適当さが、
全体的なノリの軽さや、オモシロイ発想とマッチして、
面白い作品に仕上がっている。

これぞラノベ! という感じの、ゆるくて笑える作品。
とてもオススメである。これで2巻購入も決定だな。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-19 23:58
2007年 01月 18日

連ドラ感想「ハケンの品格・第二話」変すぎ。だが、それがイイ!

> 「わたし、春子さんみたいな派遣になりたいです」
> 「無理です」

ハケンの品格の第2話をみた。
相変わらず、壊 れ て い る な。
最上級の褒め言葉ですが、なにか?

今回はホッチキスの話である。

正社員(大泉洋)が大前春子(篠原涼子)の
後輩である新米派遣に対して、ホッチキスの
打ち方のなんたるかを語り始める。

> 「これが垂直うち! 水平うち!
>  そして、これが壁うち!!!」

と、最後の壁打ちで、テニスのポーズで
ボケをかますのだが、春子はそれに対して、
「ちっがあああああう!」と全否定。

突然、ホッチキスをつかむと、
ものすごい形相で大泉洋を壁に追いつめ、
顔面横の壁に向かって、ホッチキスをたたき込む。
ホッチキスを画鋲のように打ち込むのが正しい壁打ちだそうだ。

問題は、そこじゃない。触れるべきはそこじゃない。
ホッチキスを握って、大泉洋に詰め寄るシーン。
なんで君は、殺気立った顔をしているんだい?

まさか、篠原涼子も、ホッチキスを片手に
殺人鬼の表情を演じることが、役者人生に
あるとは思わなかっただろう。

その後もいろいろあり、大泉洋たち正社員組と
大前春子たち派遣組が一触即発の状態となる。

キレた大泉洋が大前春子に勝負を挑む。
大泉洋はバイト時代、1日で1万発の
ホッチキスを打ち込んだホッチキスのプロ。

どちらが先に1000部の書類を
ホッチキスで止めることができるか。

> 「向こう30年は俺の前で
>  ホッチキスをもてなくしてやる!」

大泉洋が勝てば、大前春子は謝罪。
春子が勝てば、大泉洋は丸坊主。

正社員と派遣の意地を掛けた戦いが
はじまるわけだが。。。

その決戦の地。机に着席する二人の選手。
その背後にひしめく、社員と派遣。それぞれ、
お互いのリーダーを応援している。

ど れ だ け  暇 な 会 社 だ。
15時っていったら、フツーに労働時間だろ。

ていうか、せめて、お前らもホッチキスやれよ。
そのホッチキス止め、業務だろ?

で、開始するわけなんだが。。。
必死にホッチキスを止めていく大泉洋。
無表情でホッチキスを止め続ける春子。

まさか、篠原涼子も無表情で延々と
ホッチキスを止める仕事が来るとは
思わなかっただろう。。。

互いに一歩も引かぬデッドヒート。
最後の一枚を止めたのは完全に同時。

今まで、これほどまで熱い戦いがあったのか?
これほど熱いホッチキス対決が?
ないない。ホッチキス対決自体ありえないから。

同時に終わったが、春子は一枚だけ、ホッチキスの針が
止まりきっていないのがあったため、判定で敗北。
深々と頭を下げて、自分の非をわびる。

それに対して、後輩の新米派遣が
悲しげにこう春子に言う。

> 「先輩の敗北は、わたしの未来の敗北です」

君の未来は、ホッチキスで決まるのか。
いくらなんでも、ホッチキスで人生決めちゃいけないよ。きみ?

会社が終わり、ひとりバスを待つ春子。
そこへ、派遣先の上司である小泉孝太郎が近づき、
春子がわざと負けたことを指摘し、理由を問う。

> 「わたしは派遣ですから。大勢の前で、正社員の
>  プライドを傷つけてもうれしくない」

あの場をおさめるには、わざと負けて、
謝るしかなかった、と告げる。

お前、やっぱ、すげーな、と思う。空気を
読み切った判断が、じゃないよ。

ホッチキスって、普通にやったら、紙に
止まるんですよ。それをどうやれば、あんな
中途半端に止めることができるんだ?
ほとんど手品師の領域だぞ。。。

それが時給3000円クォリティ!!!

質問を打ち切るときの台詞が実に春子らしい。
「質問は勤務時間内にしてください」そのあたりで
春子の性格をきっちりと見せる。いい仕事だ。

ところで、次回予告で大前春子に大泉洋が
キス? をしているシーンがあるんだが、
あまりの急展開にあごがはずれそうになった。

ええ? ホントに? ありえんのだが。

同じホッチキス道を極めたものとして、
1mmの狂いもない春子のホッチキス
裁きに惚れたのだろうか?

無表情に「セクハラです」と
切り捨ててもらいたいものだが。

さて、どう展開していくのか。
ああ。来週が待ち遠しい。

> プライド。わたしには、そんなものより、
> 大切なものがあります。それは派遣として
> 生きていくことです。

<<過去ログ>>
連ドラ感想「ハケンの品格・第1話」大前春子(・∀・)イイ!
http://onimiki.exblog.jp/6336826/
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-18 22:43 | テレビ番組
2007年 01月 17日

Let's Note W5 を購入した

暴走する物欲を押さえ込めなかった。
「Let's Note W5」を購入した。

松下「Let's note LIGHT CF-W5」
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0606/22/news006.html

性能を端的にまとめると。。。

・B5型ノート。重量1.2kg
・バッテリー持ち12時間(カタログ表記)
・DVD-RWドライブ内蔵

値段は20万円。ポイント還元で15%
バックということで、17万円になる。

ネットで調べたところ、当初の実売価格は
24万円だそうだ。意外と高いんだね。。。

1月末にWindows Vistaがでるため、
メーカーPCは現在、値崩れ中らしい。
なら、買わねばなりますまい?

で、まー、買ったわけだが、
小さい! 軽い! イヤッホウ!

もう、箱をみた時点でビビったよ。
見た瞬間に目を疑うほどの小ささ。
救急箱じゃねーのか、という勢い。

持ってもビックリ。電化製品が
入っている重さじゃないんだが。
包帯とマキロンが入っていても驚かない。いや、驚くが。

これがB5ノートのすごさか。。。
B5ははじめて購入したので、軽いカルチャーショック。

軽さと小ささも驚いたが、
予想外に驚いたのが、ファンレス設計。

ファンがないため、無風無音。
これはマジでいい。パソコンのファンの音って、
音がすごいんだねー。。。

で、肝心のバッテリーなんだが。。。
確かに、すごいかもしれん。

今、4時間程度動かしているが、
バッテリー減少が40%である。

連続10時間は動きそう?
ノンノン。

最初の1時間ほどはCDからソフトを
インストールしまくっていたので、その
あたりの負荷はかなりキツくなっている。

普通に、文書作成とネットだけで使うのなら、
マジで12時間いけるかもしれない。
あ、ちなみに、液晶の輝度はかなり落としている。

バッテリーに関しては、もう少し運用して、
後日、きっちりと報告をしたいと思う。

本当は、一週間ほど使ってから、レビューを
したかったのだが、あまりにも感動したので、
勢いで書いてしまっている。

もう、1時間おきに「イイワーイイワー」と
つぶやいている。このオニミキ。
完璧に怪しい人である。

そんな、あくまでも勢いで書いているだけでの
レビューなので、3割増し程度に解釈してくれるとありがたい。
いや、さすがに数時間では冷静に評価できている自信がない。。。

さて、オチなのだが。。。
購入した直後に、パナソニックのページをみたら、
今日、まさに新モデルの発表が。。。!

CPUが良くなったようで、バッテリ持ちが
10.5時間に減少!!!!

だめじゃん!!!orz

なので、今モデルの購入は満足しているが。。。
いやー、もうちょっと安くなったかな~ってね。
今の値段でも充分満足しているんだけど。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-17 23:40 | 雑記