2016年 03月 21日 ( 1 )


2016年 03月 21日

好きな二人用ボードゲーム

先日も書いたとおり、最近ボードゲームにハマっている。二人で遊ぶことが多いので、わりと二人専用ボードゲームを持っている。その中で好きな物を紹介する。

1.7 wonder duel

世界の七不思議:デュエル 多言語版
ホビージャパン (2015-12-16)
売り上げランキング: 18,895


非常に競技性の高い対戦ボードゲーム。最近出たものではベストと言われるほどの、二人専用ゲームの最高峰。やってみると確かに面白い。

プレイヤは文明の指導者となり、場に広げられた資源カードを取得しながら、(相手の邪魔もしつつ)文明を発展していく。基本的に、相手を軍事で押し切ればサドンデス勝利になるが、それができないなら、文明の発展度を点数化して勝敗を決める。

このゲームは、どのカードを取るか、というジレンマが面白い。

まずどの部分を育てていくかで悩める。が、文明の発展にかまけて軍事を疎かにすると相手の軍事に押し切られる危険があり、これも良いジレンマである。

また、カードの広げ方にアイディアがあり、場に出ているカードは15枚くらいだが、引けるカードは少しずつ公開されていく感じで、だいたい常に3枚くらいが選択になる感じである。そのため、自分はこのカードを取りたいが、これを取ると次のターンであっちのカードを取られてまずい。。。という感じになりやすく、それもまた、深く悩めるジレンマを生み出す。

どのカードを取るのか、ただそれだけのシンプルなルールながら、深い戦略性があり、にも関わらず、わずか30分程度で終わるルールが素晴らしい。お手軽なのに、終わった後の充足感がすばらしい。

2.パッチワーク

パッチワーク 日本語版
ホビージャパン (2015-05-21)
売り上げランキング: 3,069


これも去年出た中では人気の高いゲーム。布切れコマを順番に取り、矩形を埋めるようにコマを配置していく。。。という独創的な、でも手を動かして考えるボードゲームらしい、ボードゲーム。

布切れコマはテトリスのコマのような形状で、それで空欄をひたすら埋めていく。ぶっちゃけ、テトリス的に面白い。パッチワークというテーマ性と、シンプルなゲームルール、そして対戦相手への攻撃要素の低さから、女性にも人気がある。

7 wonder duelほどの濃密さはないが、お手軽に楽しめる。

3.ブルームーンレジェンド

ライナー・クニツィアのブルームーン・レジェンド 日本語版
ホビージャパン (2014-04-26)
売り上げランキング: 61,058


ボードゲームというより、TCG。マジック・ザ・ギャザリングの複雑さを排除しながらも、エッセンスを残した感じ。ただ、ゲーム感はかなり変わっていて、MtGがデッキ構築からのコンボゲーを楽しむ感じなのに対し、こちらはカードの出し合いからの、戦闘の流れ、駆け引きの読み合いを楽しむ感じになっている。

よく出来ているな、と思う点は「どんなに強いモンスターもいきなり出せるが、1ターンで消える」「6枚以上カードが出ている場合、ポイントを2倍取得できる」。

強いカードを出しても、1ターンしか効果がないので、勝負どころを読みきらなければならない。逆に出された側は1ターンだけしのげばいいので、どうしのぐかを必死に考える。勝負の流れを読むのも大事で、不利とみれば勝負を降りてしまうのも選択のひとつ。しかし、場に出ているカードが6枚を超えてサレンダーするとポイントを2倍失うので、それまでに決断の必要がある。6枚を超えてしまえば。。。それは負けられない戦い。必死の殴り合いが始まる。

デッキは固定ながら、9種類もあるので、ボリュームはたっぷり。そう簡単には遊び尽くせないコストパフォーマンスと、シンプルながらも芳醇な戦略性が楽しい。あと、ボードゲームではないので、準備が楽(笑)
[PR]

by netnetnet_78 | 2016-03-21 10:37 | 雑記 | Comments(2)