2006年 11月 30日 ( 1 )


2006年 11月 30日

ダルげなWiiのプレイ動画

なぜか米国で先行発売されたWii。
もう2週間くらいたつのかな?
そんな彼らのプレイ動画がようつべにある。

ダルさLv.37
http://www.youtube.com/watch?v=_3zy-jkDCWU&eurl=

ダルさLv.78
http://www.youtube.com/watch?v=b0QEW-5WdY8&eurl=

なんなんだ。このダルそうな感じは。

ほら。Wiiのプレイスタイルってさー、
CMで見る限り、全身を使ってたのしそーに
ゲームをプレイしているじゃない?

見てみて! ゲームをしているのに、
こんなに健全オーラだしてるよ!

みたいな。
マイナスイオンとか出てそうじゃない?
それくらいの爽やかさなわけ。

だけどさー、彼らのプレイする姿を
見ると、そんなのはカケラもないよなー。

「Wiiダリぃよ。普通のパッドでやらせろや」
みたいな。そんなやる気なしオーラを全力で感じる。

実際、CM見たときから思っていたことだが、
Wiiってフツーに疲れないか? と思うのだ。
アクションごとに腕ふってたらシンドいよなー。

ゲームは一日一時間!
そんな感じのプレイしかできなさそうである。
先が気になるRPGとかだったら悶絶ものだな。。。

その「シンドい」という現実に直面した彼らが、
進化を遂げた姿があの「ダラけまくり」プレイだろう。
実にリラックスしていて、これこそゲーマーである。
運動なんてやってられっかよ( ゚д゚)、ペッ

過去に、こういった体感プレイの
家庭用インターフェースはいくつか発売されているが、
残念ながら、どれも歴史の闇に葬り去られた。

ゲームはゲームをするためのものであって、
ゲームで運動しようというのはコンセプト的に
難しいからだろう。

ゲーセンならたまに遊びでやるのも面白いが、
基本的に一人でまったりとプレイするのが前提の
家ゲーじゃ厳しいんじゃないかな。

DS成功の追い風を受ける
Wiiがこのジレンマを打ち破れるか、
私的には楽しみである。

ただ、DSがそうであったように、Wiiも
一年くらいは特性を活かせたゲームはあんまり
出ないんじゃないかな。

特殊インターフェースとゲーム性のマッチングは、
各ゲーム会社には難しい宿題なんだろう。面白くて、
プレイして疲れないゲームが出たらいいんだが。
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-11-30 23:05 | 雑記