2006年 06月 23日 ( 1 )


2006年 06月 23日

さよならニッポン

日本のWカップが終わった。
別に熱烈なサッカーファンではない
レベル1のワタシも、便乗して語ってみよう。
しょせんはレベル1のたわごとだぜ? 適当だぜ!

オーストラリアやクロアチアが勝てた相手なのか。
レベル1にはよくわからないが、日本のお家芸、
決定力不足症候群は相変わらずっぽかった。
日本人の半分は優しさでできている。

高原や柳沢を責めるのは簡単だが、
サッカーレベル30くらいはありそうな彼らが、
レベル1よりもはるかに理論的に自分で自分を
責めているはずなので、割愛。レベル50の中田が
猛烈に攻撃してそうな姿も目に浮かぶ。

選手が手を抜くはずもないので、あれが実力なのだろう。
それを非力というのなら、選ばなければいいだけの話だ。

ならば、戦犯は監督のジーコなのだろうか。
彼の謎采配はよく物議をかもしていた。

采配への批判はしょせん結果論。
成功すれば「めーくみらくる」。
個人的には好きではない。

別の事実を見るべきだろう。
ジーコの監督経験は今回が初という事実を。

レベル1なので勘違いしているかもしれないが、
どう推測しても普通のチームの監督よりも
代表監督のほうが難しい気がしてならない。

いろいろなチームから代表選手をかき集めて、
収集できる短い期間でチームとしての骨を
作っていく。普通に考えて大変じゃないか?

それプラス、海外選手のスケジュールや、
大会を重視したい各チームの思惑などが
重なってすごくシビアな面があるはず。

それを監督経験のないジーコにやらせて
大丈夫なんだろうか。

そもそも、ジーコのサッカービジョンというのは
なんだったんだろう。

「楽しいサッカー」という言葉が聞こえていたが、
戦術面がいまいちわからない。レベル1なので
聞き逃している可能性も高いが。

当初は「4-4-2」で「攻撃的なサッカー」をすると
言っていたが、あまり結果が出ず、前監督のトルシエが
敷いていた「3-5-2」に戻したと記憶している。

頑固に「フラット3だ!」とブチ切れ続けた
トルシエに比べると、どうもイメージの明度に差異がある。

チームの状態にあわせたといえば聞こえはいいが、
積極的にそうしたのか、仕方なく戻したのか。
監督の決断に対する姿勢とヴィジョンは重要だろう。
さて、日本代表の場合はどっち?

なーんて書いているが、ジーコを批判するつもりは特にない。
レベル1だし。サッカーレベル70はありそうなジーコを
どうこう言っても仕方がない。

経験がない中でジーコは頑張ったんじゃないの?

もし、戦犯をあげるとするなら。。。
経験のないジーコを登用した日本サッカー協会だろう。

トルシエの後任監督を探したとき、
いったい誰がなるのかと騒がれた。
あれやこれや接触の情報が錯綜し、
結果、ジーコというサプライズ人事に落ち着いた。

実際のところ、ジーコを選んだというより、
ジーコ以外、誰も探せなかったというのが
正しいんじゃないか?

レベル1なので記憶が曖昧だが、当時アタックしたと
噂された人物に名古屋で実績のあったベンゲルや、
元代表監督の岡田がいた気がする。断られたけど。

どっちも日本とつながりのある人なんだよね。
日本と関係なかったトルシエは、どっかの協会に
紹介してもらったはず。

このことからこう考えるわけだ。
日本サッカー協会の海外監督の情報って微妙すぎない?
あるいは、パイプがショボすぎ?

結局、適切な監督を見つけられず、仕方がなく
ジーコのネームバリューに頼ったのではないだろうか。
そうだとしたら、サッカー協会は切腹ものである。
レベル1の勝手な妄想かもしれんが。

まー。。。。
終わったことを嘆いても仕方がない。
そんなことより次の4年である。
そっちを考えるほうが適切で妥当。

次の後任監督が誰になるのか。そこに注目しよう。
できれば欧州人がいいと思うのだが。。。
ゴッドな判断に期待したい。







アルシンドとかやめてくれよwwwwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-06-23 11:31 | 雑記