2008年 11月 09日

西武・日本一

日本一は西武になった。

途中だけチラッと見たんだけど。8回だったっけ? 
西武のあの盗塁は。。。値千金だったね。

デッドボールを食らったあと、ノーアウト一塁。
打者は2番バッター。点差は1点負け。

普通はバントだろ? だから、待てだと思うのに、
あの状況でちゅうちょなく盗塁するのに感動すら覚えた。
ねーよwwwww

彼が刺されていたら、逆に日本一は巨人だっただろうね。。。
それくらい、すごく重い、流れの動いた局面だった。

あそこで走れる心臓を持ったランナーと、彼に待てのサインを出さなかった、ベンチの信頼の深さ。両者あっぱれ。まさに日本一にふさわしい。






で、西武が空気を読まずに優勝したわけだけど、WBCの監督は日本一の監督じゃなくなったねwww 派手にモメることはないと思うけど、たぶん、将来的にいろいろと話題にはのぼるんだろうねー。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-11-09 22:03 | 雑記 | Comments(2)
Commented by テッケソ at 2008-11-10 19:54 x
中継ぎが2イニングス目で先頭の出してはいけないバッターに
死球の段階で普通はピッチャー交代だろwww

エースでもストッパーでもないピッチャーをあれだけ張ったのは
全く理解できません。
Commented by オニミキ at 2008-11-11 22:14 x
>テッケソさん
確かに死球は、あとの投球に影響するからな-。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 管理職をふりすてて      小室哲哉の生活費 >>