2008年 10月 01日

清原引退

清原が引退した。「直球なげんかいワレ」という空気をまとった男なので、最後の試合はオール直球だったのだろうか。オール直球だったんだろうな-。。。。。

最終打席の投球はちょっと笑った。オール直球。しかも高め。もうホームランを打ってくださいといわんばかりである。逆に高くなりすぎてた気もするけどw 普通は低めを狙うから、高めなんて難しいのかもね。

清原の最後に王監督が花束を渡したのは実に興味深い。確か、清原じゃなくて桑田を裏技で指名したのは王が巨人の監督をしていたときじゃなかったかな。

同じ人物が彼のプロ野球人生の最初と最後に何らか関わるというのは、運命の車輪の存在を感じさせるね。少しだけ。

さて。。。今後の清原である。

おそらくは今ごろ、K-1のプロデューサーから電話がかかってきて「年末のK-1でない? チェ・ホンマンとさ、ね? 特別にバット使っていいから」などと交渉していることだろう。

年末の清原の初陣に期待である。

来年のWBCの監督も決定である。

監督:清原
投手コーチ:桑田
打撃コーチ:春団治(川藤幸三)
守備走塁コーチ:新庄剛志

まさにパーペキな布陣。これでWBCの1位は確定であろう。これ以上のコーチ陣をわたしは想像できない。

さらに清原は来期のオリックスの監督になるとかいう噂もある。清原が送りバントのサインをしたら少し残念な気もする。

清原の出すサインは「ホームラン」。それだけでいい。で、ピッチャーには「ストレート」。当然、相手のピッチャーにね。こう、ゲンコツ握りしめて。なげんといてまうぞわれ。

適当な思いつきだけで、ここまでイジれるのはさすが清原である。キャラの立った人なので、ぜひとも球界を盛り上げる方向にがんばってもらいたいものである。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-10-01 23:57 | 雑記


<< The End of Hell...      鉄板のモテ期 >>