2008年 08月 29日

オニミキ・ザ・炎の料理人4

今度は「エビのケチャップ炒め」を作ってみた。

作り方は以下の通り。
1.エビに塩とコショウをふる
2.エビに片栗粉をまぶす
3.焼く
4.ケチャップ・しょうゆ・豆板醤をからめて焼く

b0028685_222767.jpg


完成。
単なる塩焼きに比べて、ケチャップの色の関係で赤茶けているね。

今まで「単純に焼く」料理くらいしかしていなかったが、今回は調味料を入れて焼いているので実に料理らしい。ふふふふ。れべるあっぷ?

テイスティング。

。。。
。。。。
。。。。。

辛っ!!!

豆板醤ってこんなに辛いの? そんなに入れた記憶はないんだけど、かなり辛い。夜食代わりに作ったのが残念だ。白いご飯がほしかったw 辛くてさぞご飯がすすんだだろう。

片栗粉はトロみがつくんだっけ? 確かに、そういった食感になっていた。ただ、ちょっと多く入れすぎたかな。なんかゴワゴワした感じがする。ふむ、次は量を調整しよう。

さっぱり系が好きなわたしには塩焼きのほうがおいしく感じられたけど、これはこれで悪くない。辛いものが食べたいときにはいいな。

このエビのケチャップ炒めは調味料をいろいろと調整していくつかのバージョンを作ってみようと思う。そうすれば、調味料ごとの違い・味わいがよくわかるだろう。

個人的には、味見をした瞬間に「あ、これとあれとそれを足せばいい味になるな」みたいな判断がぱっとできるレベルを目指したいんだよね。そのためには調味料の癖を覚えたいわけ。

さて。次は何を作ろうかな。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-08-29 22:04 | 雑記


<< 24時間テレビを見ておもふこと      北京オリンピックについての雑感 >>