2008年 08月 26日

システムがくずくずくずくずれおちるるるるう

もう最悪である。
システムの説明会でシステムが変な動きをした。鬱だ死のう。

わたしはシステム開発の仕事をしているIT業界の人である。料理人ではない。今年の上半期でコソコソと小さなシステムを作っていた。まもなく公開の日を迎える。

というわけで、ユーザーへの事前説明をする前に、部署内の別チームの人に見てもらって内部レビューをしようという話になった。

プレゼンテーターオニミキ、壇上に立つ!
。。。わたしの席の周辺でこそこそやっただけだけどw

こういうお披露目会。なかなかうまくいかない。導入後もシステムなんて落ちるものである。導入前ならいうまでもない。

でも、だからといって、そんな失敗してもいいや的な低水準な発想は却下である。お客との信頼感は重要なのだ。失敗するわけにはいかぬ!

というわけで、発表前に入念に再テストをおこない、データの準備を整えた。ぬははははは。ぬかりはない! わが四方に死角はないぞ!

操作をしながら説明をする。ログインしまーす。メニュー画面でーす。ここから、申請する画面に飛ぶんですよー。エヘヘ。ぽちっ。

あれれれれれれ?
ログイン画面に戻ってますが!?

メガネ、割れたね。マジで。
あまりの動揺で世界がマグニチュード8.0。

冗談だろ、え?
さっき動かしたとき、ちゃんと動いていたじゃん!

お前あれかわたしをハメようとしているのかこの公衆環境でわたしを追い詰めようというのかわたしなんぞ生き恥をさらして死んでしまえというのかふざけるんじゃないぞこのやろう穴があったら入って死にたいですよええ。

何度動かしても、メニューから次の画面には行かず、ログイン画面に戻る。えへへへへ~と、とりあえずほほ笑んでみる。

いやー、焦ったねw まさか、こんな! なんて。
ハタから見ると、わたしの動揺っぷりは面白かったと思うよw

システムが落ちるのは当たり前である。人が作ったものだから。でも、自分が担当した部分が落ちると、開発者は恥ずかしいものなのだ。我が子みたいなものですからw

その後、なぜか挙動が正しくなったので、それから説明を再会できた。一応、動き自体の確認はしてもらえたので、最低ラインは満たせた。

不具合の理由は、単なるアクセスするURLの指定の問題である。指定の仕方によって落ちたり動いたりするw 詳細は書いても面白くないので省くが「あー、なるほどねーw」と愉快な気分になった。急ピッチでテスト環境を整えたので、調査不足だったな。もうなおしたけど。

なんかもうねー。死にたくなるほど恥ずかしいね。説明中にシステムが変なことになると。絶対に大丈夫だろうと思って臨んだぶん、もうショックでね。。。あんなところに落とし穴が。

ユーザーに見せる環境は余裕をもって作って入念に動作を確認するべし、だな。当たり前のことなんだけどねw
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-08-26 01:01 | 雑記


<< 北京オリンピックについての雑感      オニミキ・ザ・炎の料理人3 >>