2008年 08月 02日

浄水器をなめていた件

昔の話をする。
昔、父が浄水器を買ってきた。

当時は出たばかりの代物で、湯沸かし器と同じくらいの大きさをしていた。なのでわが家の台所には湯沸かし器と浄水器がデデンと並んでいた。

浄水器自体は別に良いのだが、問題は値段である。でたばかりの代物を近所の電気店で定価買いしたものだから、ななななななんと20万円である。ママン顔面蒼白。

うちブルジョワじゃないから!
貧困層の住民だから!

で、飲み比べたわけだが、なにぶん子供の舌なので味に区別がつかなかったような気がする。勝手にそんなものを買ってきた父への反感が味覚に影響したのも否定はできない。

さて。

時代はすすみ、浄水器は装置からフィルターに変わり、安いものなら100円ショップで売られるものになっていた。

20万円が100円。。。

上記の理由から浄水器には懐疑的なわたし。それにもまして100円の現実。昔は電気分解してどうのこうのだったらしいが、今では、炭やら石やら繊維やらを素通しするだけである。それも水を出すときに一回だけ。

ぶっちゃけそれはインチキ商品だろ、jk。

それでも買ってみることにした。なぜか?

いやね。マズいんですよ。実際。家の水が。ペットボトルに飲料は頼っているんだけど、これが冷静に考えると高い。150円ですよ、150円。わたしは水分をかなりとるタイプなので、この値段が地味に響く。

というわけで、水をリットルのペットボトルに入れて飲んでみたが、この水がまずい。しゃれにならないくらいまずい。1口のんでペッである。ミネラルウォーターは偉大である。

あまりにもまずいので、じゃあ一度、浄水器を使ってみるか、と近所の店で500円くらいのやつを買って取り付けてみた。

コップを2つ用意し、飲み比べてみると。。。

あああああ、ありえええええんんんんん!!!!
なんじゃ、このまろみは!?

味が違うんですよ。味が。普通の水道水はエグみがきつい。それに対し浄水器の水はかなりまろやかになっている。普通に飲めるレベルになっていた。味がガラリと変わっているのに驚いた。

うーむ。この程度の仕組みで味が変わるなんて。。。
水道局は何をしているんだ!?w
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-08-02 23:30 | 雑記


<< 間違い訂正orz      オワリノオワリ >>