2008年 05月 14日

ヴォルデモートの復活

ヴォルデモートというとハリーポッターの敵役であるが、この記事はハリーポッターと何ら関係がない、と断っておく。

今日の話は、やっぱわたしの会社はイケてねーなーという話である。

久しぶりに出社してみると、上司がニヤニヤとした笑顔でわたしを迎えた。「聞いて驚くなよ、オニミキ。ヴォルデモートが復活したぞ」

ヴォルデモートとはなんぞや?
それはコードネームである。

先日、以下のハイパーコンボを発動した人物を紹介した。
・経験年数のわりに仕事が全然できない
・自己都合で一週間おきに一週間やすむ
・自社には休職届をだしたと嘘をつく

ま さ に 最 強。

その人のあだ名が、チーム内では「ヴォルデモート」なのだ。
なぜか?

あまりにもアレすぎた人だったので、離任してからも「話のオチ」代わりによく登場していた。それはそれで面白いのだけど、いい記憶とはいえないので「その名前を口にしたら、今後10円の罰金だ!」というお触れをだした。主にわたしが。

すると、今度は「名前のいえないあの人」と呼ばれ始めた。主にわたしが。

「名前のいえないあの人」とはハリーポッターでいう「ヴォルデモート」を恐れた呼び方である。わたしはそれを意識していった。雑学に強い上司はすぐにそれを看破した。

以後、上司は彼をヴォルデモートと呼んでいる。

そのヴォルデモートが、チームは違えど、同じ職場に戻ってきたのだ!

わたし「別の会社経由できたんですか?」
上司 「いや、うちがまた採用したらしい」

ハア!!!??? なんで!!!???

会社の外注さん採用部門も、あのあたりの顛末は知っているはずである。それを踏まえて、なぜあえてまた雇う?

上司「なんか人が恐ろしいほど足りなくて、誰でも良かったらしい」

また、そのパターンか。。。
せっかく、こっちが痛い目を見たのに、その失敗をかえりみず、目先の勘定あわせのために同じ人を連れてくる。採用部門はあいかわらず仕事がぬるいな。。。

こういうのを見ると、会社の適当な体質みたいな何かを感じて、ガッカリするね。ハア。。。まー、わたしのいるチームとは関係ないので、別にいいんだが。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-05-14 23:35 | 雑記


<< あれ、もう一週間か      お坊さん >>