2008年 02月 12日

偏屈ばあさん

ママン陛下の食事制限が一部解除され、アイスが解禁になった。「アイスクリームが食べたい」とのたまったので、忠実な下僕としては買いにいくしかない。

というわけで、コンビニにいってガリガリくんを買ってきたわけだが、ママン陛下は激怒なされた。「これはアイスキャンディーでアイスクリームじゃない!」

アイスクリームとは一般的に何をさすのだろうか。由緒正しきWikipediaによると「乳製品を原料として氷らせたお菓子」だそうだ。なるほど。その定義に従うとアイスクリームではないな。

わたしのなかでアイス系の定義があいまいで、かつ、去年末ママンがガリガリくんを欲していたので、じゃあこれでとチョイスしたのだが。

激怒するママン陛下の会話を総合すると「本当はかき氷っぽいのが食べたいんだけど、ないならバニラ系でもいい。キャンディーじゃなくて、スプーンですくって食べるやつがいいんだ!」らしい。

ふーむ。それだけの想いを「アイスクリームが欲しい」にまとめられても。。。解析できないのはわたしの読解力のなさだろうか。修行がたりんな。

看護師さんがその場所にいたので「いやー。なーんか、ちょっと納得いきませんねー」と軽くボヤいてみたら、担当医に「お母さんとケンカしました?」と訊かれた。ビックリしたね。そこまでメモっているのか看護日誌。ヘタなことはいえんぞ。

でもなー。アイスが気にくわないからって、そこまで怒らなくても、ねえ?

で。今日、病院によるとママン陛下はお眠り遊ばされていた。哀れなる下僕としてはそのかたわらに付き添うのみ。

やってきた看護師さんがこんな話をした。「オニミキさんのお母さんね、回復したときに子供さんがずっと付き添っていたんですよ、と話をしたら、涙をぽろりと落としはったんですよ。これはお伝えしようと思っていたんですよー」「へー、そうですかー」

とチョットいい話をしていたら、ママン陛下の目がカッと開いた。「そんな話をするんじゃない。いわなくていい話があるじゃないか」と怒り出した。

もうビックリである。基本的に弱みを見せない人なので、そういうのを暴露されるのを嫌がるのは読めるわけだが、そこまで怒らなくても、ねえ?

というか、それ以前にわたしとあなたのやりとりは、病室内どころかブログという形で電子の海に垂れ流されているんですがね。。。知られたら首を絞められるな。

そんなわけで看護師さんにごめんなさいと謝り、ママン陛下には部下からの忠言として「わたしには何を言っても良いけど看護師さんに言っちゃダメでしょ」と怒った。そしたらママン陛下は「ふん、悪かったですね」とスネた。

弱っているときはしおらしいものだったが、元気になればいつもの勝ち気というか気の強いところが出てくる。うーむ。もうちょっとマイルドにならんもんかな。

担当医曰く「お薬の影響で精神がアンバランスなので、ふんふんと聞き流してあげてください」とのことだ。アンバランスね。昔の元気だったころと変わらんような気がするが。

虚勢が張れる程度には元気になった。そう解釈しておこう。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-02-12 21:26 | 看病日記


<< さくらん      風邪ひいた >>