2008年 01月 08日

今ごろ佐賀のがばいばあちゃん

いまさらですが「佐賀のがばいばあちゃん」
ってのがあるじゃないですか。ちょっと前に
話題になった。

いきなりなんですが、
あれ、すっごく嫌いなんですね。

というわけで、がばいばあちゃんリスペクターが
読むと、以下は気分が悪くなると思うので、
精神衛生上のためにも×ボタンをお勧めします。
↓9
↓8
↓7
↓6
↓5
↓4
↓3
↓2
↓1
さて。はじめよう。

本を買って読んだのだが、感想としては
「佐賀のイタイばあちゃん」じゃねーか、と
いうのが正直なところである。

ただの屁理屈ばあさんにしか思えないのだな。

島田洋七が「鰯ばっかりイヤじゃー! 鯛食いたい!」
といったんだよね。

そしたら、
「昔の人が鰯を鯛と名づけていたら鯛は鰯だ!」
とかホザく。で納得させちゃう。

ばあさんだから厳しくいえないのが難点であるが、
これが知り合いとかだったら

「お前はどこの日本で生きてんだよ。
 1分ずれた世界に住んでるのか?」

とでもいってやりたくなるようなセリフである。
根本的な解決になってない。

ちらっと見たドラマでこんなシーンがあった。

水道の集金か何かがきて水道代を払ってくれ
と依頼するわけ。

ばあさんは洋七に向かって「2、3ヶ月水飲んでないよな?」
とバレバレの嘘をつくわけです。

そしたら、集金人は「ばあさんにはかなわないなー」と
ガハハハ笑いながら金を受け取らずに出て行く。

それ単なる未払いですから。

NHKの集金も「テレビないから」とでもいえば、
それが美談になるのか?

ちょっとエピソードに補正つけすぎだろと。

あと、意味不明に強がっているセリフも多いんですね。
根拠がないというか。

「通知表は0でなければいい。1とか2なら足せば5になる」

とかいってるんですね。
通知表はそもそも足さないだろう。

これ、普通は怒る側のばあさんがいっているから許容範囲だが、
もし、怒られる側の洋七がいったら見苦しい言い訳である。

「なんだこの成績は!」と怒ったら、自分の子供が
「へへーん。0でなければ足せば5になるからいいもーん」
と居直ったと考えましょう。

フルボッコにしちゃうよね☆

というわけで。
わたしは、どうもがばいばあちゃんが好きになれない。
お前はなにをいってるんだ、と。

そして、世の中で感動した人が多いらしい、
この作品を見るたびにそう思う自分の心を振り返り。。。

うーむ。テラ人間失格。

と思うのでした。
[PR]

by netnetnet_78 | 2008-01-08 21:53 | 雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 三国志大戦3「70回ほどプレイ...      ガンダム・バトル・クロニクルを... >>