2007年 11月 03日

IT業界と産業革命

一ヶ月前から新しい現場に行っている。
そこで既存システムに対して3度の
改善をおこなうのが私の仕事である。

3回という数は決まっているのだが、
何をするかは決まっていない。そんな
わけで、私の上司が仕事を見つけてくる。

ぶっ倒れた前任者がやるはずだった
やつを速攻でカタしたのが先日。

「ふふふふ。これで1つ達成ですな。3つ
 達成したら来年3末までは休みですなー」
「あ、いや、それ前期の持ち越しだから、
 ー1が0になった感じ」


。。。
くじけないですにょ?

というわけで、次のお仕事に着手するわけですが、
コレいわゆる肝いりの仕事だったりするんですね。

「この改善はやりたいなー。これやるとねー、
 システム利用者の運用工数が30人日減るらしい」

30人日といったら、ちょうど一ヶ月当たりの
人件費である。それだけ削減すれば、お客さん的
には感謝であろう。うちとしても鼻が高い。

「そりゃデカいですねー。一人分の人件費浮きますな」
「うん。だから、できたら、あそこから人減るらしい」

!!!!!????

運用しているのは、おそらく外注さんである。
派遣さんと思われる。

ということは、システム稼働したら
しししししし失職ですかかかかかか。

なんつーか、心が綺麗な人間なので、
他人から仕事を奪うということに罪悪感が。

しかも、困ったことに、現状の調査は今の
利用者から話を聞くわけで。もうどうしたものやら。

「いやー、今、不便でねー」
「もう、何であっちの仕事をこっちがやってるのって話」
「このシステムができたら仕事が楽になりそうー」

という話を聞きながら、うーむ、いや、人が減る
だけなんですわ。。。と内心で微妙な心境になって
いるんでしょうなー。胸が痛い。

Q.
しすてむをどうにゅうしたら、しごとはらくになるんでしょうか。

A.
楽になりません。楽になれば人が減るだけなので、残された
人間にかかる負荷は以前と変わりません。会社の経費だけが
削減されます。

うーむ。
仕事としての存在意義に悩むな。

あんま不便不便といっちゃーダメですな。
楽になるどころか仕事が奪われます。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-11-03 06:38 | 雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 落合はガノタだったのか      バンダイネット、“赤い彗星”も... >>