2007年 10月 07日

会社の研修に行ってきた

会社の年齢別研修とやらがあったので、
ちょっくら2泊3日で田舎にいってきた。

「行け」

というメールがいきなり飛んできただけ。
内容は「わたしのキャリアビジョン整理」セミナー。

うん。
意 味 が わ か ら な い。

研修が始まると、人事の人が
開幕のスピーチをおこなった。

「あなたたちは『選ばれた』『厳選された』『推薦された』
 人たちなんです! その気持ちをもって研修に
 臨んでください! この研修はみんな参加したいんです!」

あたかも『あなたは当社の抽選に当選された
幸運な方です! 当選商品を受け取るために、
下記の連絡先までご連絡を!』

と言わんばかりのうさんくさい言い回しである。

そもそも、この研修はみんな参加したい! って。。。
わたし研修の存在を知らなかったし、別に応募すら
した覚えがないんだがなwwwww

安っぽい煽り文句はやめて欲しいものだ。
バカにされているみたいでうんざりする。

厳選されたってなら、給料あげろwwwwwww

ちなみに答えは「能力より年齢基準」である。年齢制限の
ある研修なので、年齢がギリの人が優先してチョイスされて
いる。それでも「厳選」は「厳選」で間違いがない。

さて。外部の会社の講師が研修を開始した。

「えー。今は世紀末から続く激動の時代でして、
 90年代はソ連の解体とドイツの統合が。。。」

わたしのキャリアビジョンとソ連やドイツの話が
どう関係あるんだよwwww無駄話ウゼエwww

昼食のとき、くだんの人事の人が隣に座った。
午前中の感想を聞かれたので言っておいた。

「どうでした? 講義を聴かれて?」
「ソ連とドイツについて詳しくなりました。
 印象はそれだけです」

人事は少しシニカルに笑い、小声で「僕も必要なところ
だけにしぼれば2時間はしぼれると思うんですよ」

なかなか話がわかるな君。
出会う場所と立場が違えば友になれたかもなwwwww

それからは面倒な作業のオンパレードである。
四人一組になり、自分のキャリアを整理して、
それぞれ発表し、意見をのべあう。

ちなみに、そのなかでお互いの印象について
言及するパートがあったのだが、わたしは

「前向きで明るく楽観的」な感じらしい。

ハアアア。。。しょせん2日の
つきあいではその程度なのか。。。

貴様には見えないのか? 下水道に沈むヘドロの
ように塗り固められた心の闇が? まだまだ甘いな。

それからはひたすら自分の手で過去やらキャリアに
ついて延々と書かされる。正直ダルい。10年後に
自分はどうなっていたいか! みたいな。

雰囲気的には、学生時代の就職ガイダンスでやった
自己分析である。あれは何回かにわけてやっていたが、
こいつは一回で一気にやる感じ。

とりあえず、最後に一枚のキャリアシートと、
それを実行するための目標管理を書かされて終了。
もう何がなんだかよくわからんくらい疲れた。

で。なにか研修の効果があったのか。
それに対する回答は以下で充分だろう。

講師のあいさつ。
「わたしは御社と10年来のおつきあいで
 管理職の方々の研修をさせていただいてます」

へー。うちの管理職の(笑)
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-10-07 21:23 | 雑記


<< 続・会社の研修に行ってきた      オ○ニーマスター黒沢が面白い件 >>