2007年 09月 12日

病院テスト・患者ロールプレイング

「オニミキ。患者になってくれ」
この人は頭がおかしくなったのだろうか。
上司のそんな一言からミッションが始まった。

病院が新システムを導入したので、運用テストの
必要がある。われわれが患者役として病院を巡り、
きちんとスタッフが新システムで対応できるかを
確かめてみたいそうだ。

面白そうじゃないですかwww
パソコンとの会話に飽きてきたとこッスよwww
迫真の演技で患者を演じてこよう。

仕事でノリノリなんてすごく久しぶり。
wktkして病院へと乗り込む。

渡された紙の順序で病院を巡り、きちんと
そのシナリオ通りに対応されるかを調べる。

1枚目のシナリオをもらう。テストがんばるぞ!
1.診察券を受付機にいれる>予約がないのでエラー

ふむふむ。エラーになればいいのね。
よーし。カードをいれちゃうぞー。

。。。
正常に受け付けられてるんですが!!!!
ちょ、いきなり失敗wwwうぇwwうぇww

その後、整形外科にいって採血室にいく流れとなる。
採血室でカルテを処理しているマダムが、背後にいる
システム会社の社員に向かって

「なんか変なんだけど!
 全員、診察券がないとかなってるし!」
慌てて走っていく社員。

大変だなwwwおいwwwww
完全に他人事www気楽すぎwwwおkwww

ひとつ目のテストケースはダメだった。
ふたつ目のテストケースにチャレンジする。

今度は高度な流れである。
1.予約しているが予約が通っていない
2.受付に文句を言う
3.内科に行く
4.採血室にいく
5.内科で診察

受付に文句を言う。ここはアドリブが
試されるところ。

オ「あのー。診察券いれたら受付にいってくれ
  って言われたんですけど」
受「本日、ご予約の方は?」
オ「あ。入れてますよー。これ」(予約券を出す)

ふふふ。実にナチュラルな演技。
これはオスカー賞ものである。

一世一代の迫真の演技を終えて、内科に向かう。
そこには思わぬ伏兵が!!!

オ「お願いしまーす」(書類を渡す)
受「ご予約のほうはありますか?」

まさか、ここでまた同じ質問が来るとは
思っていなかった。しかし、そこは名優オニミキ。
にこりと笑って予約券を取り出す。

オ「入れてますよ。ご確認ください」

これはもう全ハリウッドが嫉妬だね。
恐るべし才能。

その後、採血室に行く指示がなく、そのまま
診断となった。先生役のシステム会社の社員に
いってみた。

オ「あのー。採血室いってないんですけど」
社「え、ええ? 本当? うわ、飛ばしてるよー」

急きょ採血室に行き、その後、再診断となった。
2つ目のテストケース。失敗。ダメじゃんwww

気を取り直して3つ目のテスト。
今度もシナリオ通り、受付へと向かう。

オ「採血をお願いします」
受「ご予約はありますか?」
オ「ないです」
受(けげんな顔で)「採血なのに予約がない?」

言われてみればそうだなwwwww
初診で「いきなり血を抜いてくれ」とか、
どういうケースなんだよw

でも、そういうテストケースなんだな。
これは脚本家が悪いのだよ!

その後、今日3度目の採血室へと向かう。
微妙に顔見知りとなったマダムに笑顔で
会釈して処理を待っていると。。。

男「これはいつまで続くんだね」

謎の男が不機嫌そうに登場した。
予定の終了時間を教えてあげると。。。

男「ここの仕事が止まっているんだ!!!
  迷惑なんだよ!!!」

ちょwwwわたしに言われてもwwwww
わたし、ただのヘルパーさんwww
わたし不幸wwwもう涙目www

謎の男は言うだけ言って気がすんだのか、
ずんずんと部屋に戻っていった。

処理を終えたマダムが心配そうな顔で書類を
渡してくれた。いい人だな、マダム。

かくかくしかじかというクレームを受けたよ、
と実行委員会に報告して患者役を再開。役者は
最後まで演技し続けるのが仕事である。

名前を呼ばれたので診察室に入っていくと。。。
システム会社の社員が首をかしげる。

社「あれ。この人は診察の予定がないよ?」
看「あら、そうなんですか!?」

テストケース3、失敗wwwww
3つとも失敗という輝かしい結果でございました。
本番稼働大丈夫なんだろうか。。。

感想としては。。。
いやー面白かったね!

責任は特になくて、ふらふらする
仕事ってのは気楽で単純に楽しめる。
またやってみたいなー。

余談。
実は、テストの人物には「名前」がふられて
いて、実に遊びのきいた名前となっている。

わたしの名前を聞いて、隣の看護士さんが
顔を押さえて吹き出したくらいである。

ちなみに、わたしが一番吹いた名前は

「アムロさまー、アムロ・レイさまー」

その名前をつけたやつ、こっちこいw
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-09-12 00:09 | 雑記


<< オンナノコになりたいという本がある      蜘蛛。逃げ出した後。 >>