2007年 09月 08日

一人暮らしで不足する2つのもの

ママンが入院したため、一人暮らしをしている。
お恥ずかしい話、人生初の一人暮らしなので、
驚くことも多々あったりする。

「一人暮らしをしている人」たちが食生活の
問題ついて語るとき、内容はほぼ共通している。

・魚はマジで食べない
・野菜が不足する

聞いたときはふーんという程度に聞いていた。
で、自分が一人暮らしをしてみると。。。

これが不足するんだ。

ママンは魚を焼きまくるのが趣味だったので、
わたしはほぼ毎食、魚を食わされていた。

そんなわけで、わたしの肉体の8割は魚で
構成されているのだが、この2週間の魚比率は
まちがいなく1割にも満たない。

なぜ不足するのか。それは「魚」を出す
定食屋や弁当屋があまりないからである。

焼き肉やらトンカツはそこらじゅうに
あるのに、魚がメインのものは少ない。
というか、本当に「ない」。

地元だけではなく、会社の出先や出歩いた
周辺で探しても魚のメニューが僅少なので、
間違いなくレアものなのだろう。

わたしの肉体の魚比率も減衰気味である。

野菜もとらない。野菜は魚に比べれば、
わりとサイドメニューでついてくる。
食べようと思えば食べられる。

ただ、ついてこないメニューや店も多いので、
注意して頼まないと食べる機会がない。

そんなわけで、今まで一人暮らしの人間たちが
昼食時にやたらと「魚」「野菜」の優先度をあげて
注文していた理由が実感としてわかった。

野菜は千切りをパックしたものがあるので、それを
買うなりして対抗できる。しかし、魚はなー。。。
さて、どうしたものかね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-09-08 08:31 | 雑記


<< 巨大な。。。巨大な。。。クモ。。。!      燃え燃えプロジェクトこぼれ話。... >>