2007年 08月 21日

IT業界の「規模を縮小」

A子さんは、現在、あるプロジェクトに
関わっている。わたしもタッチしかけた
関係でその件についてよく話をする。

オニミキ
「君のやってた仕事、設計だけで
 開発ストップしたそうだね」

A子さん
「そうなんですよー。お金がないらしいです。
 でもお客さん的には規模を縮小してでも
 続けたいそうなんですけど」

オニミキ
「規模を縮小ねえ。。。
 どっちの意味?」

A子さん
「???」

オニミキ
「規模を縮小には2つの意味があってね。
 設計内容を縮小して継続するケースと、
 設計内容はそのままで人員だけを縮小
 するケースがあるんだよ。
 規模と人員、どっちの話?」

A子さん
「規模でしょー。内容そのままで
 人員削るなんて、ありえないですよー」

オニミキ
「ありえないよねー。でもありえるんだねー。
 ふふ。たぶん人員削減で設計そのままだと
 思うよ。ふふふふふはははは」

予言者オニミキは怪しげな笑みを浮かべて、
さっそうと立ち去った。それがお盆前。

お盆明けて、A子さんと再会したので聞いた。

オニミキ
「その後、どうなったんだい?」

A子さん
「いやー。リーダー頭かかえてましたわー。
 設計はそのままで人が減っちゃうみたいです」

オニミキ
「ほーら。わたしの言ったとおりだろ?www」

A子さん
「ああああ!!! 言ってましたね!!!」

オニミキは予言者なのか。否。否である。
IT業界の流れを見ているとそうなのだ。

予算と見積もりが釣り合わない場合、たいていは
見積もり側が「設計内容そのまま」で「工数だけを
削減されて」対応することになる。

なんたるこの大理不尽!!!

そのあたりは、IT業界も土建会社も変わらない。
下請けは弱い。それだけである。

実際は工数が足りないのだから、設計内容から
優先順位の低いものを削減して対応する。
それが正しき道である。

でないと。。。
・工数足りずに失敗>見積もり側は当然、大損
・意外といけちゃった>最初の見積もりは何だよw

となっちゃう。

どっちにしても、あまり見積もり側は面白くない。
でも、そうなっちゃうんだよね。下請けの命なんて
虫けらですか。そうですか。

規模を縮小。お客さんには便利な言葉だ。
こっちには死の宣告みたいなもんだが。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-21 22:04 | 雑記


<< 祭り・それはキセルから      女性警官に「姉妹」制度 >>