2007年 08月 09日

目がー目がー

読書をしていると、視界に
黒いシミのようなものがチラつく。
これがなかなかウザい。

出現確率は一定ではなく、出てこない
ときもあれば、邪魔すぎて読書に支障を
きたす場合もある。

これが噂にきく飛蚊症。。。!?
京極夏彦の小説で学んだアノ病気?

その小説で京極は「これは失明しそうだね」
などと物騒なことを言っていた。

放置していたら失明するのだろうか?

もうガクブルものである。読書にパソコン。
目はドライアイ街道まっしぐらで負担を
かけているのは事実だ。

というわけで眼科にいってきた。
そして検査がはじまった。

上みてー、左みてー、下みてー。
と目玉をギョロギョロ。

で、先生が目にライトをあてて、ルーペで
わたしの目玉を見つめるんだがね。。。

どうも、そのルーペに、映るんだよ。
毛細血管っつーんですか? なんか、こー、
ウネウネした迷路みたいな何かが。



ウギャアアアアアアア!!!!

これ、わたしの目玉ですか?
目玉の血管ですか?

診断の結果は。。。
特に失明の危険はないタイプなので
気にしなくていいよ、とのこと。

ホッとしたといえばホッとしたが。。。
なんか自分の目玉をドアップでみたのは
初めての経験で、実に何とも言えない気分だ。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-09 21:14 | 雑記


<< 戦争映画を見て思うこと      タイゾー君が一喝 「自販機ジュ... >>