2007年 08月 05日

K-1のグダグダっぷりにワロタw

K-1香港大会がテレビでやっていた。
香港初上陸らしい。

あまりのグダグダっぷりに笑った。
初上陸でこの試合はマズいだろう。

グダグダの主役は武蔵。

1人目の対戦相手に金的を2発くらう。
悶絶しながらも復活してKO勝ち。

2人目の対戦相手に金的を1発くらう。
悶絶しているとセコンドがタオルを投下。

なぜか反則「された」側が負けを認めるという
不思議な状況。そこに谷川Pが割って入り

「反則後の試合停止中にタオルを投げたのは無効」

という妥当なのか、その場でとってつけたのか
よくわからない判断が下され、試合続行。

しかし、対戦相手は勝ったものと思って
すでに待機ルームに帰っていた。

「対戦相手が帰ったので武蔵選手の勝ちです!」

いやいや。ゴタゴタしているんだからさ、そこで
試合を終わらさずに、せめて呼んでやれよw

ただ、2人の相手から金的を3発も喰らった武蔵は
どうなんだろう。なんか本人に問題があるような
気がしないでもないのだけど。細かいところは
わからんねー。

ファールカップをつけていても、あの鍛え抜かれた
一撃がアソコを蹴り上げるわけでして。なんてーか。
イタそうですね。エエ。

最悪なのは決勝戦だったねー。
武蔵は金的3発で決勝で戦えなくなっており、
もうひとりの相手も眼下底骨折の疑いで不可。

をいをい。
ということで、準決勝で負けた者同士で決勝。

エエエエエエエ!!!!
なんか、もう、ションボリである。

このグダグダさ加減が、試合よりも面白かったと
思うわたしは邪道ですか。そうですか。

ところで、結局、誰が優勝して誰が本戦への
切符を手にいれたんだろうか。よくわからん
終わり方だったなー。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-08-05 23:29 | 雑記


<< 壮大な売り物      ハルヒ・ブックカバーが届いた >>