2007年 07月 31日

転職フラグがたちそうだ

わたしは自分の中でいくつか転職フラグが立つ条件を用意している。この状況下に陥ったら会社を辞めよう。その条件を定義してから3年がたつ。会社を辞めていないということは、すなわち条件を満たさなかったということ。今までは。

最初に立てた条件は「燃えたプロジェクトの後片付けに放り込まれたら辞める」。IT業界のプロジェクトは燃えすぎである。燃えたプロジェクトの仕事はプレッシャーが強烈で、かつ大変だ。やってられない。他人の失敗をわたしが人生をすり減らしてまでケアするのに疲れた。理由も見出せない。アホらしい。

これで次のプロジェクトで転職だなとにらんでいたら、その後は仕事の流れがよく条件を満たさなかった。

これはマズイ。会社自体がもう好きでもなく期待もしていないので転職しなければならない。他にも転職フラグが立つ条件をいくつか立てる。それをスルスルと抜けるわが運勢。な、なななななな!!!

今回、立てたフラグはこうだ。「今の職場を7月で抜けられなければ転職。抜けたとしても次の仕事に興味がなければ転職」。今の職場はとても居心地がいい。とはいえ技術的には学びつくしている。そろそろ新しいことに挑戦したい。わたしマゾなんです。フフフ。

今の職場を7月で抜けるはずがない。時期的に伸びるはずだ。そう読んでいたら。。。リリースされちゃったんですけど! いやー、ビックリした。そうか。抜けたか。いや。まだだ。まだ。次の仕事がダメだったら辞める。そして聞いていたのが某案件。面白そうじゃないか。その仕事なら続けてもいい。あと半年は在籍してやろう。

ふと思ったのだ。あれ? 今回も転職フラグ立たなかった? なんていうか運命がこの会社にいろと言っているのか? ここ数年の流れは悪くないぞ。

そう思った時期がわたしにもありました。

今日、会社に戻った。上司に連絡をすると「あの案件、開発のびたわー!」。聴いた瞬間、意識が遠のいた。そこにアサインはされなくなった。話を聞いていると、仕事がないそうで「以前激しく燃えていた某プロジェクト」に「仕方がなく」いれられるようだ。

このオニミキ。もう萎え萎えである。わたしは8月1日ー31日までの間、夏休みくれー! と具申していた。仕事があるならあきらめるさ。仕事がないなら休みをくれよ。それを却下して、仕方がなくショーモナイ仕事にいれるとかマジ勘弁してよ。

そんなわけでブルーだった。以前激しく燃えていた某プロジェクトが今はどうなっているのか知らない。落ち着いたとも聞くけどどうなんだろう。いや、忙しい忙しくないの問題ではない。火消しの仕事なんて内容がしれる。興味のもてる仕事じゃない。

わたしの条件。「次の仕事に興味がなければ転職」。満たすときがきたな。どうやら運命はわたしの背中を押すようだ。

明日、正式に次の仕事を言われるらしい。その聞いた案件が本命とのこと。本来ならその場で辞意を表明してスパッと消えたいところだが、家庭の事情で次の仕事を探してからじゃないといけないのがツラいところ。

実際に行動に移すのは仕事の内容を見てからだな。意外と面白い仕事かもしれない。ありえないけど。転職サイトのリストアップだけはしておこう。転職フラグがたつかたたないか。興味深い。実に興味深い。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-07-31 21:37 | 雑記


<< さけるチーズを食べながらおもったこと      自民大惨敗ですかそうですか >>