2007年 07月 27日

ルパン3世 霧のエリューシヴをみた

夏といえばルパンのスペシャルである。
今回はタイム・マシーンという、
実に反則的な代物を扱っている。

ルパン三世 霧のエリューシブ
http://www.tms-e.com/on_air/lupin/2007tvsp.html

そんなことをされると、時のパラドックス
や矛盾や行動の妥当性について考えたくなる
のが理系というもの。

しかし、わたしも成長しました。
こういうものは心を空にして楽しむべきである。
時間が戻れる。それでいいじゃないか。
ていうか、考えるのがメンドくs

わりと面白かったんじゃないでしょうか。

せっかくタイム・ワープするなら、いろいろな
時代にルパン・ファミリーが飛んでくれたほうが
面白かったと思うけど。

五ェ門好きとしては、彼が活躍していたのが
良かったね。五ェ門って活躍するときと
活躍しないときの差が激しいよねえ。

逆に次元が空気でしたな。拳銃を奪われた
次元は役に立ちませんか。そうですか。

敵役の中村獅童の声優のウマさに驚いた。
意外とやるじゃないか中村獅童。声の低さが
悪役っぽくて良かった。本格的に声優業に
挑戦してみてはいかがかしら。ギャラが
高すぎるか。。。

不二子の先祖役の関根麻里はヒドかったね。
テラ棒読みwwwと聞いていて泣けた。
テレビで見ていると何でもソツなくこなす
感じだったのだが、声優業はさすがに無理か。

最初、王女のイセカ役をしているのかと思い、
ウメーーーーー!!! と思っていたが。。。
イセカ役は桑島法子。プロの声優さんですね。
やっぱ、プロはいいですね。プロは。

ところで。。。
今回の敵役のマモウは大昔のアニメに
でてきた相手らしい。

サイトによると、そのときの演出が
宮崎駿と高畑勲で名作と評判らしい。

うーむ。その回の話が見てみたいなー。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-07-27 23:16 | 雑記


<< 香取孫悟空がナマカを流行らせよ...      声優体験が大人気らしい >>