2007年 07月 08日

次はどいつが棺に入りたいか!

最近、気合いを入れて読書している。
週3-4冊くらい? まだまだである。
目指せ、週10冊!

それはともかく。

ラノベは人気があるもの=シリーズもの
になっているので、評判が良い物はたいてい
複数冊読まなければならない。

で。
今、シリーズもので回しているものは
薔薇のマリアと文学少女。


薔薇のマリアVer0 僕の蹉跌と再生の日々“文学少女”と死にたがりの道化

それぞれ、ようやく最新刊を購入した。
今月中には読み終わるだろう。つまり、
このシリーズを重点的に買う必要がなくなる。

というわけで、次はなにを読み始めようか、
少し悩んでいるこのごろである。

ラノベ御三家でも読んでみようかなー。
わたし的にラノベ御三家ってのは。。。

・涼宮ハルヒ:アニメでブレイク。有名な作品。
・ゼロの使い魔:ツンデレの教科書らしい。
・灼眼のシャナ:なんか戦いまくりのバトル小説?


かな。Amazonで調べると。。。
b0028685_22285793.jpg


うん。これが御三家でよろしいようだ。
なんといってもAmazon公認だしな!

ハルヒ読もうかな。。。1巻だけ読んでいるが、
お友達の話では4巻以降が面白いらしい。本当か?

ツンデレ・レベル1なので、ツンデレ・レベルを
あげるためにゼロの使い魔でもいいかもしれん。

灼眼のシャナは。。。情報があんまり
ないのでよくわからん。

ただ、すべて巻数が多すぎるんだよなー。
全部1巻ずつ買って、一番オモシロイやつ
だけ買い進めようかしら。お。それ名案。
オオオオデ、オデ、天才すぎ?


他に一度、読んでみたいものとしては。。。

・十二国記

月の影 影の海〈上〉

というのがあるね。普通に名作らしいが。。。
巻数が多すぎて、どれから手をつければいいかわからんw

と思って調べたら、ここに乗っていたのでメモ。

十二国記の読む順番
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa332084.html

・スレイヤーズ

大昔に読んでいるが、なんとなく懐かしいので。

というか、今のラノベの流れを作った、
間違いなくターニングポイントになる作品だしね。
もう一度、読んでみるのもいいかな。

さて。
なーにを読もうかなー。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-07-08 22:33 | 雑記 | Comments(6)
Commented by 下足 at 2007-07-09 01:37 x
ハルヒもゼロもシャナも全部ヒロインがツンデレでは…
読んでないですけど^^

十二国記は全部読みました。お勧めですが、どう見ても話が途中で止まってます。続きはいつ出るんだ~っ!
という同じ悩みを抱えてみませんか?w
Commented by カツヤ at 2007-07-09 10:35 x
全部読んでるw
十二国記はゲソさんの書いてる通り思いっきり話が途中で止まってます。
ここ数年新作も出てないし・・・

シャナもおススメですね。
秋からアニメ第2弾もスタートするし、今のうちに読破しましょう。

僕は今、彩雲国物語を読んでみようかと思ってます。
Commented by ノルト at 2007-07-09 16:35 x
私も十二國記読んでいます。
違う名前で「魔性の子供?」なんていうのも続編みたいな
位置づけで発刊されていたります。
立ち読み程度なので、中身はよく知りませんが・・・。
彩雲国物語も、読んでみたいリストには入っていますかね・・・。
Commented by オニミキ at 2007-07-09 20:02 x
>げそさん&カツヤさん&ノルトさん
三人の意見をまとめると十二国記ですかねえ。。。
続きを出ないのが困りものですが、面白いという
のなら、読んでみなくてはなりますまい!
Commented by yanohahaki at 2007-07-13 17:25
お久しぶりです ヤノハハキです。
何故か・・・リング らせん と2冊をちまちま読み終えました。
ラノベは 空の境界(下)から読んでないんで、たまには見てみたいですねぇ。
ハルヒ読んだ人から聞くと 5巻くらいから面白くなるって話ですが、もっと聞いたところ、文章の書き方がよくなっていくってはなしです。
え、リングの感想デスカ?
一応完結作 ループまで読んでからブログに書きますよぅ
ではー^^;
Commented by オニミキ at 2007-07-13 19:54 x
> ヤノハハキさん
リングらせんですか。。。あのシリーズは
リング以外微妙で段々とダメになっていき
ましたねえ。ループは読まないほうが。。。
と個人的には思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< トラブル続きのため      ビリーの娘について >>