2007年 06月 27日

ヌコ物語

今日、整骨院に通う道を歩いていると、
子猫が道路に鎮座していた。

本当に小さい子猫さんで、片手はムリだが、
たぶん両手なら、手のひらにのせれる感じ。

わたしはヌコ・マニアではないんだけど、
「かーいねー」と思い、前を通り過ぎた。


施療を終えて、再び同じ道を戻る。
当然、子猫さんのいた道も通るわけだが。。。

子猫さん死んじゃってたよ。

車にはねられたみたいで、血を吐いて
ぐったりと横たわっていた。血の赤さの
鮮明さが今も記憶に残っている。


近所の人らしき人たちが、近くの公園に
穴を掘っていたよ。

うーん。。。たかだか小一時間前に
カワイイーと思った生物が血を吐いて
死んでいるのを見ると軽く鬱になるね。

それからしばらくして、
また同じ場所を通った。すると。。。

まったく同じ場所に、同じガラの
子猫が座っているじゃないか!

げ、転生? え、復活?
みたいな。さすがに驚いた。

ママンにその話をすると、どうやら
あそこには2匹の子猫さんが
いついていたそうだ。

兄弟の死んだ場所に座りながら、
ひとりぼっちになった子猫さんは
なにを思っていたんだろう。


ちょっとビターな気持ちになった日だった。
運転手の皆さん。前方注意。よろしくね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-06-27 21:01 | 雑記 | Comments(4)
Commented by Felis at 2007-06-28 21:39 x
ぎゃーーーーーー(´;ω;`)
子猫はどうして動かなかったのかなぁ・・・
ネコの死体を見るととても悲しくなりますね(´・ω・`)
Commented by オニミキ at 2007-06-28 22:54 x
> フェリ助くん
子猫さんだから、反応が遅れたのかねえ。。。
まったく、かわいそうな話だねえ。
Commented by syunduel at 2007-06-29 00:49 x
寝る直前に、こんなにビターな気持ちにさせられるとは…
Commented by オニミキ at 2007-06-29 21:04 x
> syunduelさん
なーんか、もの悲しいですよねー。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Desktop Tower D...      三国志大戦2「11州への道 b... >>