2007年 05月 26日

すばらしき人権派弁護士たち

先日、またもや遅刻しかけたのだけど、
別に「マリみて」を見ていたからではない。

朝のニュースで見ていた、光市母子殺害の
弁護団の主張がスバラシすぎて、ついつい
テレビから離れられなかったからである。


その主張のトンデモ加減から、すでに話題沸騰、
百家争鳴という状態。いまさら、わたしが書く
こともないが。。。やはり書いておこう。

光市母子殺害。Wikipediaに
簡潔にまとまっている。

光市母子殺害
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%B8%82%E6%AF%8D%E5%AD%90%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

知らない人はいないだろうが、その概要を簡潔にまとめる。

・18歳の少年が排水検査を装ってアパートに強姦目的で押し入る
・女性の激しい抵抗を受けたため、頸部を圧迫して殺害する
・殺害後、女性を屍姦する
・泣きやまない娘(赤ん坊)を殺意をもって床にたたきつける
・最後に、首にひもを巻きつけて絞殺

とのこと。鬼畜の所行というやつである。
で、それを弁護する側の主張は。。。

・18歳の少年が排水検査を装ってアパートに強姦目的で押し入る
・女性の激しい抵抗を受けたため、頸部を圧迫して殺害する
 >水道屋の格好したのはコスプレの趣味
 >強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ち


・殺害後、女性を屍姦する
 >死後に姦淫したことは、被告が死者を生き返らせようと思ってやった

・泣きやまない娘(赤ん坊)を殺意をもって床にたたきつける
・最後に、首にひもを巻きつけて絞殺
 >泣き止ますために首に蝶々結びしただけ。

実にファンタジーである。
この主張が通るほど、世界は美しくもなければ
平和的でもないのが残念至極である。

マジメで優秀な弁護士たちが、このようなタワゴトを
考えついたとは思いたくないものである。コメディの
脚本家がネタとして考える内容だろ、これは。。。

一応、Wikipediaの注釈として
> この主張を弁護側自身が考えた物なのかは不明である。
> 弁護士は被告人の利益を最大限尊重する立場にあるので、
> 被告が頑として主張を曲げなければ、その主張そのままを
> 言うこともあるからである


となっている。
でも、まー、いや、そこは言っちゃダメだろ。

少年が「生を注ぐために、生き返らせようとしたんです!」
とかいったらさ、そこはさ。

ねーよwwwwwwww

と言ってやるべきじゃないのか、いくらなんでも。
それが常識をわきまえたオトナの仕事じゃないのかね。

弁護団は「人権派」らしい。クライアントの利益と
いうより、みずからの主義主張のために戦っている感じが
するので、どんな手段でも講じる所存なのかもな。

この主張に対する、被害者の夫の人のコメントが
非常に秀逸である。

> 怒りを通り過ぎて失笑しました。あきれました

ニュースで見ていると、実に淡々とした表情で答えていた。
立派である。

「おまえらフザケテンのか!」と怒っても不思議じゃない。
でも、そこを淡々と。レベルの違いが際だったコメントだった。

最近は厳罰化、被害者への尊重の意識が高まっている
ので、もはや死刑への流れは止めようがないと思うが。
さて、法の庭はどのような判定をくだすのか。

死刑の判決がくだされても、高裁なので、
また上告されるだけと思うんだがな。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-05-26 22:34 | 雑記


<< Amazonチョイス      三国志大戦2「たどりつきし境地」 >>