2007年 05月 20日

連ドラ感想「LIAR GAME 第6話」この制作者ノリノリである

面白い。間違いなく面白いLIAR GAME。
制作者もノリノリのようで、遊びたい放題である。

たとえば、フクナガへの野次。

二回戦での壮絶な裏切りで、勝利の寸前まで
突き進んだ、おかっぱ頭のフクナガ。敗者復活戦で
あるため、周りは彼に裏切られた連中ばかり。

それでも余裕でアイスクリームをベロベロ食べている
彼にたいしての野次が実にすばらしい。

> ペロペロ赤ちゃんみてーになめてんじゃねーぞ、キノコ!

これはイイセリフだ。本当にイイセリフだ。

フクナガは確かにキノコ・ヘッド。
こういうノリのいいセリフがポロッと出てくるのは、
制作者たちがノッている証拠である。

さらなる悪ノリはキノコ・フクナガのセリフ。

> このゲームには、必勝法がある。

これ、ナオをバックアップする詐欺師・秋山が
二回戦の必勝法を授けたときのセリフである。

まったく同じセリフをキノコ・フクナガに言わせる。
明らかに計算された悪ノリである。

カッコいい秋山が、あのキザったるい口調で
いうのでサマになるセリフなのだ。それを
キノコ頭でヲタク顔のフクナガが、口調だけマネて
いうものだから、悶絶ものの破壊力がある。


こういう状態=制作者のテンションが上がっている
状態なので、まず間違いなく面白い。

さて。今回はリストラ・ゲーム。
1時間ごとに10回人気投票し、最後にもっとも
人気のなかった人間が「リストラ」となる。

全員に憎まれているキノコ・フクナガは、失格確定の
最悪の状況だが、さすがは策士。あの手この手を
使い、主人公の神崎ナオをババ役に仕立てあげる。


このとき、フクナガの裏切りを問いつめるナオへの
フクナガのセリフ、これまた秀逸。

> でも、守るわけないじゃーん!
> (ないじゃーん!)
> (ないじゃーん!)
> (ないじゃーん!)
> (ないじゃーん!)


テラエコーwwwwww
なんで、そこでエコーの演出いれるかなwww
これまた、悶絶である。

自分だけ得票0のまま、刻々と時間が過ぎていく。
しかし、さすがはわれらのバカナオ(命名者わたし)。
相変わらずオロオロしているだけである。

ただ、キノコ・フクナガの作戦は秀逸。

Mチケットによる「決して破ってはいけない売買取引」。
そのルールによって、他の参加者たちの得票を売買し、
ゲーム終了まで完全に票数を制御している。

その状況下で、神崎ナオに逆転する
作戦はないように思うのだが。。。

しかし。。。次回予告によると、
降臨した「神」秋山はこう断言する。

> ゲームを支配しているのは神崎ナオ。
> お前らを生かすも殺すも彼女次第だ。


ななななんだってええ!!??

わからん。わからなすぎる。
どうやって、逆転するんだ。
キノコ・フクナガの契約には穴がある、のか?

この絶望的な、勝算0の状況を逆転する手段が、あるのか?
次回をワクテカしながら待つしかない。

LIAR GAMEはマジでおすすめ。
途中から見てもわかるようにできているから、
未視聴なら一度はチェックをオススメする。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-05-20 11:22 | テレビ番組 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ファンタジーアース・ゼロ「吹き...      ファンタジーアース・ゼロ「次回... >>