2007年 05月 05日

連ドラ感想「LIAR GAME 第一話~第三話」が気に入った!

今日はじめて撮りダメしている「LIAR GAME」をみた。
あんまり期待していなかったんだが。。。

こ、これは。。。
面白いじゃないか!!!!
第一話を見て、第三話まで一気に見てしまった。

いわゆるコン・ゲーム。
頭脳戦のドラマである。

謎の組織が運営する「LIAR GAME」。
勝てば何億もの金が手に入るが、負ければ、
その金額に応じた負債を抱える。

ゲームは単純で、謎の組織が提示するルールに
従って相手から金を奪い取る。それがそのまま
報酬となり、負ければ負債となる。

たまたま「LIAR GAME」へ参加することに
なった主人公の神崎ナオはバカ正直がモットーの
人を信じちゃう女子大生。

神崎ナオは基本的にオロオロしているだけで
まったく役に立っていない。
その彼女をフォローするのが天才詐欺師・秋山。

第一話なんて、本当にキレイなんだ。展開が。

互いの1億円を期日までに奪い合い、
持ち金が多いほうが勝つ。

対戦相手がたまたま自分の恩師だったナオは、
相手の口車に乗ってうっかり1億円全額を
預けちゃうんだね。

待て! これは公明の罠だ!!!
しかし、視聴者の声は届かない。

スタートの時点でいきなり持ち金0円。

コレですよ。絶望的な状況からのスタート。
この状況からの逆転が面白いんだよね。
主人公は追い詰められないといけない。

オロオロしているだけのナオに変わり、
彼女の依頼を受けた秋山が起死回生の策をうつ。
というのが第一回戦の概略。

ちなみに、第二回戦は「少数決戦」。

質問に対し、少数派の解答を選んだ人間が
勝ち抜け、最後に残った人間がすべての金を
手にする。負けた人間は1億円の負債を背負う。

これまた、秋山が必勝の策を打ち立てるのだが、
第4話で、彼の計算を崩す状況が起こるそうだ。
さて、どうなることやら。。。?

ルールにおける最良手を考え、いかに相手の
作戦を突き崩すか。それがLIAR GAMEである。

恋愛とか友情とか、そういう情緒的なものがほとんど
排除されており、ただ、ゲームに挑戦する姿勢のみが
鮮明に描かれている。


なので、ドラマに恋愛や友情を求める人たちには
まったくススメられないが、わたしのような
ミステリやサスペンス好きにはオススメできる作品。

今晩の第4話が楽しみですぞ!
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-05-05 21:06 | テレビ番組


<< ファンタジーアース・ゼロ「ヲリ...      ニュース「都知事選立候補の桜金... >>