2007年 03月 30日

人生の夏休みが欲しいわけだが

わたしの会社の知り合いが転職するそうだ。
転職というか、とりあえず会社を辞めるというか。

「IT業界ってイイところ?」と聞かれたら、
「どうだろう。噂ほどヒドくはないと思うけど、
 他にイイところはたくさんあるだろうね」

と、ビミョウな笑顔で答えるわたしとしては、
さもありなん、という感じである。

そんなわけで、今のわたしの、わたし自身の
未来に関する考察である。

今、わたしがつきたい仕事。それは
ひきこもりである。

一日中、一年中、部屋で引きこもっている
自分を妄想すると、それだけで快楽物質が
脳内であふれる。よだれも垂れる。

しかし、引きこもるにも、それなりの金が必要で、
妥協と打算と諦観の複合効果によって、
断腸の思いで、仕方なく労働をしている。

ああ。こんな自分は本当の自分じゃない。。。
なりたい本当の自分は引きこもりなのに。。。

というわけで、わたしが転職を希望する
第一希望はひきこもりである。

ひきこもる条件は単純である。自分の人生の
終着地点を75歳と考え、そこまで生きていける
食い扶持を稼げば問題はない。

いずれは、引きこもりに! プロの引きこもりに!
と思っていたが、今の状況では定年までコキ使われ
そうだ。コレはまずい。本意でない。人生の浪費。

というわけで、計画を立て直さなければならない。
・日本では暮らさず、物価の安い国に移住
・引きこもりつつ、家で金を稼ぐ

物価の安い国作戦も、わりと悪くはないが、
意外と金を貯めなければいけない。

たとえば、日本で1年200万円で過ごすとする。
50年暮らせば1億である。物価が10%の国に
移住しても、50年1000万円である。

稼げない額ではないが、低所得者層としては、
なかなか大変な金額である。1年や2年で
稼げる金額ではない。即時性に乏しい。

この作戦でいくなら、給与の上昇を狙って、
今の仕事よりも所得の多い仕事に転職
しなければなりますまい。

家で引きこもりつつ、在宅で稼げる仕組みを
つくるという作戦もあるが、これも難しい。

青空の卵という小説では、在宅でプログラマを
している引きこもりが探偵として活躍する。
なるほど、そういう仕事もあるかもしれない。

わたしの履歴を考えると、在宅で稼ぐ手段では、
これが一番、現実的に思える。

とはいえ、結局、フルタイム働くとなると、
別に社会に出て働いてもイイんジャマイカ。

今は夢と妄想の時間なので、面白みのない
現実路線はゴミ箱にぽい。

で、他に在宅で稼げる手段はないものか、
と考えるわけだが。。。これくらいしかない。

・アフィリエイトでガッポリ!
・作家大先生になる

うん。夢見すぎ。
まるで、詐欺サイトの謳い文句である。

アフィリエイト・サイトは、
大手サイトになるとかなり儲かるそうだ。

最近は、読書スピードが加速していて、今週は
すでに小説三冊読了である。別に読書ばかり
やっているわけではないので、仕事しなければ、
毎日一冊は余裕である。二冊でもイケるな。

毎日、読んだ本をひたすら紹介していくこと
自体は不可能ではない。マンガも、小説も。

問題は、人気のあるサイトを作れるかどうかだな。。。
ただ、一度、作ってしまえば、更新ペースを変更しない
限り、死ぬまで一定の収益が確定するだろう。

もうひとつは、作家大先生か。。。

小説を読んでいると、なんか、こー。。。
書けるんじゃないか、と勘違いしてしまう。

ほら、わたしだって、
日本語書けるからね!

ただ、こっちはデビューまでが紆余曲折だし、
デビューしても、売れなきゃいけないし、
売れても、いつまで続くかわからないしなー。

なにをするにせよ、在宅で稼ぐというのに、
会社辞めて賭けてもイイかもな。1,2年くらいとか。

IT業界は人手不足なので、別に会社のランクにこ
だわらなければ、1~2年、ブランクが空いていても
余裕で復帰可能である。

引きこもる云々はともかくとして、
少し休養を、人生の夏休みが欲しいと思う、
そんな春の日差しの温かいこのごろである。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-03-30 12:02 | 雑記 | Comments(4)
Commented by アクア at 2007-03-30 12:14 x
とりあえず小説書いて投稿してみては?
会社員から小説家になった人って結構多いみたいですし。
Commented by Felis at 2007-03-30 21:06 x
オニミキさんなら小説書けると思います(´・ω・`)
いろいろなダメ出しができるということはそれを踏まえて
いいものが書けるのではないかと~
ただ、売れるかはわかりませんがw
Commented by オニミキ at 2007-03-30 22:00 x
> アクアくん
そういう人も確かに多いんだがねー。
わたしは業後の疲れ切った脳で、
小説を書ける気がしないんだよねー。。。
Commented by オニミキ at 2007-03-30 22:00 x
> フェリ助くん
売れないと困るんだってw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ファンタジーアース・ゼロ「拡張...      アクエリアン・エイジ「はじめて... >>