2007年 02月 25日

うちの社長は本気のようだ

今回はリアルのお話である。
わたしのリアル知り合い以外は
たいして意味がない話かもしれない。

今のプロジェクトには7月から、
お手伝いで参画した。もともと
2ヶ月という話だったのだが。。。

 7月:プロジェクトにヘルプで参加
 8末:9末まで契約延長
 9末:11末まで契約延長
10末:2末まで契約延長
12末:6末まで一気に延長

なんていうんでしょうか。ゴール目前になると、
ゴールが後ろに下がる
コントを見ているかのような伸びっぷり。

たまにモーレツに忙しくなるが、それほど
居心地は悪くない職場なので、別にいてもいいのだが、
わたしの本来のスキルエリアとは異なる仕事なので、
そろそろ本業に戻りたいなーとも思うこのごろ。

先日、職場の上司から言われた。
「3末で終わるかもしれん。」

え? マジっすか?
伸びる代わりに縮むのははじめて聞いたかもしれん。
何がおこったの?

今回、参画したプロジェクトは歴史に残すべきほどの
大赤字プロジェクトらしい。そりゃ、100人以上の
体制をロハで1年以上維持

したそうだからね。。。あ。わたしは全然悪くないからね。

別の人が「このプロジェクトの責任者3人に処分がなければ、
うちの会社は変だよね」と言っていたくらいにスゴイんだそうだ。

職場の上司はその場では教えてくれなかったが、
どうやらこのあたりの事情が絡んでいると
わたしは勝手に妄想している。

話がそれた。
確率的には50:50くらいらしい。
個人的には、学ぶべきことは学んだと思うので、
去りどきとしてはそろそろなんだがね。

そのとき、ついでに聞いてみた。
「じゃあ、Aさんもリリースされるんですか?」
「いや。。。オレたちだけは残りそうだ。
 ただ、将来のことはわからんけど」

さて。今日書きたいことは
「将来のことはわからんけど」である。

3月リリースはあちらの事情らしいのだが、
将来がわからないのは、こちらの事情らしい。

IT業界における2つの仕事の形式は
・請負型
・派遣型(含む偽装派遣)
である。

今、うちの会社は「請負専門を目指すぞ」宣言
をしている。

なぜ派遣がイケナイかということを書き出すと
主旨がズレるわ、長くなるわで割愛。というか、
ズレてしまって長くなったので割愛。

今、わたしの業務形態は「派遣型」である。
この派遣型をやめるということなのだが、
本気とは思っていなかった。

この業界の仕事の圧倒的な主流は派遣型である。
うちの会社は請負も狙える場所にいるとはいえ、
仕事の発生源としての派遣は易々と切り捨てられない
と思っていた。

だけど、上司の言葉を聞いて見積もりの甘さを知った。
「この会社と手を切ってもイイから、
 こういう業務形態はやめたいらしい」

この会社を切る!? 今入っている会社は、
IT業界ではかなり有名な大手である。つきあいも古く、
おそらく「主要取引先」にのっている会社である。
そこと手を切ってもイイ、とは。

「今のウチって、2、3年かけて体質を変えるとか、
 そういうのじゃなくて、すぐに結果を出そうとする
 じゃない。だから、そういうこともするらしい」

とのことだ。

今の会社と手を切ってもイイと考えているとは
思わなかったな。そこまで考えているのなら、
うちの「請負指向」は本気らしい。

今日の日記は、うちの本気度合いを
再認識した。そういうお話。

今年の夏までには、派遣系の案件は
本当に絶滅しているんじゃないだろうか。
それくらいのスピード感を感じるな。

派遣から請負になっても、契約が
正しい形になるだけなので、別に労働内容が
ラクになるわけではない。下々の人的には
あんまり関係ないんだがね。

あと、派遣系の仕事をやめて、
やっていける会社かどうか疑問がのこr
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-02-25 22:41 | 雑記


<< ファンタジーアース・ゼロ「B鯖...      ファンタジーアース・ゼロ「よう... >>