2007年 02月 18日

ニンテンドーDS「世界樹の迷宮」3DダンジョンRPG再生計画!

さて。最近、セコセコやっているDSゲーは
「世界樹の迷宮」である。

世界樹の迷宮(特典無し)
アトラス (2007/01/18)
売り上げランキング: 29



いわゆるWiz型3Dダンジョンゲーである。
ウィザードリィ同様、街とダンジョンをひたすら
往復して、少しずつダンジョンを攻略していく、
あのレトロ・スタイルである。

ウィズを知っている人は、アレだと思ってイイ。
アレのキャラクターを、日本人の好みっぽい、
アニメチックな絵にした感じかな。

じゃあ、あれの焼き直しか。と言われると、
イエスなのだが、これには、他のウィズ作品よりも
大きく改善された点がひとつある。

まず、プレイ画面を見てもらいたい。

b0028685_232279.jpg


上に3Dダンジョン。それはOK。
下にダンジョンのMAP。それもOK。

。。。
いや。ここはそれでスルーしてはいけない。
下のダンジョンMAPなのだが、
プレイヤ本人が書き込むのだ。ペンで。

ウィズを愛する人たちは、ウィズと一緒に
方眼紙を購入する人が多い。そこにダンジョンの
地図を書き込みながらプレイするのだ。少しずつ
埋まるマス目に酔いしれていくわけ。
変態である。

世界樹の迷宮はタッチペンの機能の使いどころとして、
マッピングを選択したわけだ。なかなか着眼点がよい。
世界樹の迷宮は、世界初なのかどうかしらないけれど、
マッピング機能付きウィズゲーといえる。

そんなわけで、このゲームを購入するとマッピングできます。
マッピングしながらWizをプレイするマニアな方々は
もちろん、個人的にはマッピングをしたことがないけど、
Wizゲー好きな人にこそやってもらいたいゲームである。

ひとつひとつマス目を埋めていく快感ってのは、
実にムフフな感じなのですよ。
変態である。

さて、現在B8階層まで到達している。
噂ではB20階まであるそうなので、
まだまだである。

パーティー構成なのだが
・ソードマン(戦士)/タイイ
・パラディン(聖戦士)/アンデルセン
・レンジャー(盗賊)/セラス
・メディック(僧侶)/オニミキ
・アルケミスト(魔法使い)/リップバーン

という形でプレイしている。
公式を見る限り、これがもっとも
オススメの形だそうだ。

別に公式にあわせたわけではないのだが。。。最初、
ソードマンは「ダークハンター(鞭使い)/ウォルター」
だったのだが、あまりにも防御力がなく、死にまくっていたので、
隠居していただいた。

パラディン:防御型
ソードマン:バランス型
ダークハンター:攻撃型

と思っていたが、実際はダークハンターは特殊型で、
相手を弱体化して戦う前衛だそうだ。前衛のわりには
防御力がレンジャー並で弱々しいが。。。

前衛=壁という概念で考えると、ダークハンターは
厳しいな。ムチだから後衛から攻撃すればいいのかとも
思ったが、後衛からだとダメージが弱い。。。

公式オススメ型にしてからは苦労なく進む。
バランス調整はこの型でおこなっているそうなので、
そりゃそうなんだろうがね。

というわけで、はじめるのなら上記の職割りを
オススメする。

公式のブログを見ると、こんな記事がある。

> インタビューで広報の宇田とさらっと言った事があります。

> 「3DダンジョンRPG再生計画」

> という言葉です。3DダンジョンRPGと言うものを
> 「=ウィズファン向け」として細々続けていくのではなく、
> ゲームジャンルとして蘇らせたいという意味です。

> 世界樹の迷宮も「きっかけ」を狙ってつくりました。
> それは到底、終着点ではありません。
> ユーザーの皆様と市場が1から育てていくものでしょう。

WIZに比べるとライトな感じがするけど、
それは狙っているんだろうな。間口を広げるために。

それにライトといっても、WIZの哲学はきっちりと
残っていると思うので、WIZ好きも楽しめると思う。
ペンでマッピングをさせようなんて発想は、
制作者がWIZ好きじゃないと
思いつかないですぜ!

マッピングしながら攻略していく、その喜びが、
一般のゲーマーにも広まっていったらなーと
期待する。

そんなわけで、オススメでございます。
「3DダンジョンRPG再生計画」。
成功したらイイな。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-02-18 23:11 | 雑記


<< デンドロビウムと見て      ファンタジーアース・ゼロ「次の... >>