2007年 01月 31日

つ 日本が平和すぎる件

最近、テレビを見ていると、
日本は平和だなーと感心する。

マスコミの視聴率優先主義は相変わらずで、
とにかく旬の話題を、旬の話題「のみ」を
だらだらだらだらと流し続けている。

去年末からのニュースの話題は、
ほぼコレが大部分であろう。

・バラバラ殺人事件(兄弟・夫婦ともに)
・不二家モラルハザード
・あるある捏造問題

。。。
なんとまー。。。としか言いようがない。

取り上げてもイイ話題とは思うが、
そこまで長く引っ張り回すほどの
内容とは思えないんだがね。

新聞を見たら、一面が「あるある捏造」だったのは、
日本オワタ!!!\(^o^)/ な気分になった。

あ り え な い だ ろ。
スポーツ新聞ならともかく、主要四大新聞が。。。

各ニュースの取り上げかたも好ましくない。

バラバラ殺人は切り口に違和感を感じる。

家族をバラバラにしたというセンセーショナルさが
大衆受けを狙いやすいからといって、犯人も逮捕されて
解決した事件なのに、加害者の人間像をどこまで本当か
わからないような情報と憶測で垂れ流すのはどうかと。

不二家や「あるある」も微妙である。
こっちは、切り口の底が浅すぎる。

過去の捏造やら何やらを根掘り葉掘り探してきては、
「こんなこともありました!」と得意げに報道している。
そんなことをして、何が楽しいのか。。。
あれじゃ、ただのイジメにしかすぎない。

食品業界の衛生問題も、テレビ業界の情報捏造も、別に
昔からまことしやかに流れる都市伝説である。どうせなら、
そうなるに至った経緯や、業界の暗部を探るような取材を
すればいいのに。

まー。。。

そこを掘り返しちゃうと、耐震偽造やライブドアの
ときと同じように、日本のいろんなところで問題が起こっちゃう。

それを問題視する、どこかエライ人が圧力を掛けて、
その手先のマスコミさんたちは、大衆の目先を変えるために、
しょーもないニュースを流しているのかもしれないがね。

話題性のあるニュース「だけ」をひたすら流し、次の新しい
話題が出たら、あっさりと投げ捨てて次の話題「だけ」を
ひたすら流す。それはどうなんだろうね。報道として。

あるあるショックで一番よろこんでいるのは、
不二家だろう。あっちに興味がうつったので、
追撃が一段落ついた感じだからねえ。

ひとつの事件を引っ張りまくるのは、日本が平和で、
深刻なニュースがないからだろう。そういう意味では、
こういうのは喜ぶべきかもしれないが。。。

そうそう。平和といえば、これなんて、その極みだね。

「子産む機械」で野党、審議拒否構え…与党にも辞任論
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070130i116.htm?from=main1

今、話題の「女は子を産む機械」発言。
失言は失言だろうが。。。

> 柳沢厚生労働相の辞任を求め、辞任しなければ
> 31日以降の衆院予算委員会の審議に応じない方針を決めた。

失言ひとつでクビにするために、予算審議欠席。
政治がしたいのか、政治でゲームがしたいのか。。。
大臣のクビは日本の未来より優先される事項のようです。

平和ですなー。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-31 01:25 | 雑記


<< 2日ブログを休んだのは仕事のせいです      目玉焼きになにをかけますか? >>