2007年 01月 26日

三国志大戦DSファーストインプレッション

さて。昨日はブログを急きょ、お休みしたわけだが、
前日の日記を読めばわかるだろうが、お察しの通り、入手した
三国志大戦DSをプレイしていた。




FEZへの愛情を熟年夫婦の成熟した愛情などと形容したが、今回は
若夫婦の、さかりのついた犬のごとき劣情
という勢いで、ごりごりとガッツきプレイをしている。

さて。三国志大戦をそれなりに愛でたものとしての
感想としては。。。これ、イイネ!!!

うまく三国志大戦を再現している。
発表当初は、ペン一本で何が出来る!!!
と思っていたのだが、かなり健闘している。

そりゃー、両手でやるよりは直感的ではないよ。
だけど、やりにくいか、といわれるとそうでもなく、
別にフツーにプレイできる。

タッチ画面が小さい分、ペンの移動が少なくすむ。これがミソ。
アーケード版よりもすばやく、細かく指示がしやすいという利点がある。
つまり、手数で勝負。。

強いて難点をつけるなら、カードの回転かな。

三国志大戦は、武将ごとに計略という必殺技が
設定されれているのだが、計略によっては、
カードの向きで発動方向を変える必要がある。

アーケード版なら、カードを手で回すだけなのだが、
DS版の場合は、十字キーの↓を押しながら、ペンで
ぐりっと回転させる動きをする。

文章で書くと、わりと簡単そうなんだが、計略を
うつ場合、たいていは、急いでいるので、この程度の
手順でも慣れるまでは苦労する。というか、わたしは
まだ慣れていない。。。

槍、馬、弓の三兵種の、プレイした印象としては、
槍撃がメチャつよい。ヌルヌルでて、
ズバズバ削る。あれ、パラメタ間違えてない?

弓は接近されたときのモロさがヒドくなっている
気がする。槍撃が強すぎるからかな? 接近を
許すと悲しい結果になる。

馬は相変わらず高性能。ゲーセンと同じ感覚かな。

プレイ環境の関係上、DS版では弓が優勢になる
という見方が強かったので、その関係で弓が弱体化
されて、弓に弱い槍が強くなっているのかな?

カードは勝ち負けにかかわらず1戦につき1枚入手できる。
「もう1戦したらイイカードでるんじゃね?」
と思いプレイを重ねてしまう。。。

で、集めたカードを眺めつつデッキを妄想する楽しさ。
このあたりの面白さは本家と遜色ないです。ハイ。

わたしのような、
・1プレイ300円たかいー!!!
・並んで待つのヤダー!!!!
・大きいゲーセンにいくのメンドいー!!!

という不埒ものには、よいゲームだと思う。

つーか、これだけ三国志大戦を再現していて、
無料で、かつ、お家でWIFI対戦できるってどうよ。

わたしみたいな、ヌルい三国志大戦プレイヤーには、
こいつで充分なんじゃないかなー。と思っちゃう。

さて、100戦ほどさっくりとプレイした。
資産も増えたし、ゲームにも(そこそこ)慣れた。
明日にでもWIFIに出撃してみるかなー。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-26 23:32 | 雑記


<< ファンタジーアース・ゼロ「ビス...      三国志大戦DSの動画らしい >>