2007年 01月 16日

ホワイトカラー・エグゼンプションにおもうこと

残業代ゼロ制度などと叩かれたホワイトカラー・エグゼンプション
なのだが、提出が見送られるらしいね。

「働く人、敵に回せぬ」世論読み誤った残業代ゼロ断念
http://www.asahi.com/politics/update/0116/014.html?ref=rss

これを提案して可決された場合、次の選挙で負ける
のはほぼ確実な勢いだったからねえ。。。

そもそも名前が気にくわない。意味がわからん。
というか、わたしは最初、もっとポジティブなものかと
思ったよ。ほら、エグゼクティブって言葉あるじゃん。
なんかこー、セレブな感じの。あれと勘違いしてたんだ。。。

でね。あまりにも叩かれまくった制度だったので、
前にネットで探してみたんだ。ホワエグの長所を。

でもなー。。。どこを探しても残業代ゼロばかりで
長所が書かれていないのね。
まー、その切り口でしか報道されていないわけだから、
それ以外の解釈が見つからないのは仕方がないかな。

ああー、一応あったな。某国の首相が
> 「日本人は少し働き過ぎじゃないかという感じを
> 持っている方も多いのではないか」と、制度が
> 労働時間短縮につながると説明。
とかほざいていた。

あのなー。。。残業させたら雇用主をタイーホするような
制度ならともかく、「残業代がつかなくなる」制度で
どうやって、労働時間が短縮されるのか問いつめたいのだが。

労働内容と責任が変わらない以上、賃金がつかなくても
やらざるをえんだろう。。。あ、ここで責任放棄>トンズラ
のコンボ発動できる人を増やすのが「美しい国」構想なんですね!
さすが、某国の首相。。。そこまでは気づかなかった。。。

そ ん な わ け な い。

そういえば、最近、裁量労働制に移行したわが社も、
今月の社報を見ると「4時間しか働かなくても、
自分の仕事を終わらせたら帰宅できちゃうお!」などと
子供どころか赤子すらダマせない
文章を書いていたな。

せめて、もうちょっと、そのウソにだまされそうになる
レベルの言い回しを考えてほしいものだ。なんか、
そういうのを見ていると、少し悲しくなるんだな。

「仕事に対して裁量ある立場」の人が成果主義を
求められるのは正しいと思う。が、その裁量のある立場を
はかるものさしが、今回の内容ではあまりにも薄弱すぎる。

・仕事の妥当性を測る物差しとはなんぞや?
・裁量があるとはどういう定義なのか?

この2つをきっちりと確定し、国民に理解できるように
伝えなければ、ホワエグが認められることはないだろうね。

さて。では、名政治家オニミキさんが、ホワエグに変わる、
超画期的な「残業時間カット」の政策を発表しよう!

それは。。。
残業代を通常の時給の2.5倍にすること。

普通は1.3倍前後のアップ率だと思うのだが、
これだと、二人の人間を雇うよりも、ひとりの
人間をこき使ったほうが会社が儲かる図式である。

なら、二人ぶんの給与以上を支払うようにすれば、
その図式は崩壊する。会社も残業させないために
新しく社員を増やすだろう。

残業時間は減り、労働者人口は増える。
悲しく残業する場合も給料がっぽり!!!
キタコレ!!!

ディスイズザ・ベストソリューション!!11
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-16 23:04 | 雑記 | Comments(4)
Commented by ムライ at 2007-01-17 02:08 x
オニミキ大臣すげぇ!!
あんた天才や~( ・∀・)

ホワエグに対する逆転の発想ですねw


残業代はもう十分だから早くお家に帰りたい(;´Д`)
Commented by Felis at 2007-01-17 08:41 x
オニミキ株式会社でヤトッテクレマセンカ?(´・ω・`)
Commented by オニミキ at 2007-01-17 09:12 x
> ムライさん
まー、ぶっちゃけると、残業したらタイホ!
のほうが、強制的に残業しなくてすむので
ありがたいですな。。。

わたしも残業したくないっす。。。orz
Commented by オニミキ at 2007-01-17 09:12 x
> フェリ助くん
オニミキ株式会社にご応募ありがとうございます。
残業代2.5倍が弊社の特徴でしたが、社則を変更
致しましたのでご報告いたします。

先進性を重視する弊社では、残念ながら今国会での提案が
見送られてしまったホワイトカラー・エグゼンプションを
他社よりも先に導入することを決定しました。

これからも、労働者の方々の一層の努力に期待し、
労働環境の改善をおこなっていきたいと思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Let's Note ...      ファンタジーアース・ゼロ「単な... >>