2007年 01月 04日

ゲーム「遊戯王スピリットサマナー」を買ってみた。

遊戯王というマンガが、ジャンプで連載していた。

もともとは二重人格の遊戯くんが、闇のゲームで
悪いやつを成敗する必殺仕事人のような話だったのだが、
そのゲームのひとつとして扱ったカードゲームが
人気を博し、いつのまにやらカードバトルマンガになった。

遊戯のライバルとして名を轟かせる海馬も、もともとは
遊戯のカードをパクるセコいやつ
として成敗されたのだが、そのあたりの関係で地位が昇格。

ドラゴンボールでいうベジータポジションの
キャラになったのだが、自分が負けそうになったら、
自殺をちらつかせて遊戯を脅し、
遊戯が自分のターンを放棄すると「わははははは! 
それがお前の弱点だアア!」と大喜びで遊戯をブチ倒すあたり、
セコさは変わっていない。それで勝って嬉しいのか、海馬?

で、そのカードゲーム人気をあてこんで、実際に
カードゲーム化されたのが「遊戯王デュエルモンスターズ」。
これがお子様に大人気のようで、過去に何度もゲーム化されている。
スピリットサマナーはそれのDS版である。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER

今まで敬遠していたのだが、今回からWIFIで
対戦できるらしいので、試しに買ってみた。まだ
WIFIで対戦はしていないんだが。。。

これ、面白いね!

召喚したモンスターを、魔法カードや罠カードを
駆使して守りきり、逆に相手の戦力をそぎ落として
いかに相手本体のHPを0にするかというゲームである。

ゲームバランスがかなり絶妙なポイントで成り立っている。
いや、崩れている気もするんだが。。。

まず、プレイヤなのだが、油断すると即死する。
プレイヤのHPは8000というたいした数字なのだが、
モンスターの攻撃力は下級で1500、上級になると
2000~3000クラスになる。

自軍にモンスターがいなければ、直接攻撃を喰らうことになる。
相手のモンスターが3、自分が0の場合、たった2ターンで
瞬間的に蒸発することもある。

このあたりの瞬間的な死にっぷりは、逆に言えば逆転の
要素といえなくもないので、逆転が狙いやすいかもしれない。

あと、やたらとぶっ壊れカードが多い。
こいつらバランス考えているのか? みたいな。

たとえば、自分の手札1枚を捨てるかわりに、
相手陣地のモンスターをすべて破壊とかね。

せめて自分のモンスターも壊れろよ!
じゃないと、オカシイだろ!!111

もう、海馬もビックリである。
「わはははは!! ブルーアイズ三体召喚!!
 恐れおののくがいい、遊技!!」

なーんていっても、一瞬で全滅である。
他にも優良なモンスター除去カードが多いので、
強いモンスターを1体召喚しても意味がない。

「わはははははは! ブルーアイズ三体を融合して、
 ブルーアイズ・アルティメット・ドラゴン召喚!!!」
「奈落の落とし穴、発動! 召喚したモンスターは
 そのまま破壊だぜ、海馬!」
「(´・ω・`)」

。。。ヒドイ。。。
対クリーチャー除去が優秀すぎるので、原作のように
強いクリーチャーを出して高笑いするような展開は
ムリがある。

他にも、手札やデッキを破壊するカードも
異常なスペックのものが多い。

召喚しただけで、相手デッキから5枚を強制的に墓場に送るとか。
同一カードは3枚まで入るので、そいつらだけで15枚ぶん
カードが消し飛ぶ。デッキは40~50枚くらいしかないんだが。

これが高コストモンスターならガマンしてもいいが、
実に安いイモ虫くんなのだ。
こんなのが、5枚除去とかマジでありえないだろ?

カードゲームには、自らカードを墓場に捨てて、
それを復活で拾い、一瞬で高コストモンスターを召喚する
ネクロ戦術というのがあるのだが、それも完備である。

また、これが安いんだ。ライフ800を払うんだとさ。
初期ライフ8000あるんですよ? コスト安すぎだろ。
モンスター除去魔法が豊富なので、バランスがとれている
といえば、とれているんだろうが。。。

まー、実に壊れているんだが、逆に壊れカードが多いので、
互いが互いを抑止している感じで、
ミョーにバランスがとれているのかもしれない。

ちなみに、ゲームの内容としては実にわりきった作りである。
ひたすら、デュエルデュエルデュエル。
まだ序盤だが、ストーリーがほとんどなく、ひたすらデュエルである。

デュエルが君は、したいんじゃろ?
という感じ。まー、確かにそうなので、
ここまで割り切った作りはアリだろう。

あと、詰めデュエルというのが地味に面白い。
与えられた手札で、1ターンで相手を倒さないと
いけないのだが。。。けっこー考える。

ムカつくことに、わざとひっかけのダミーカードも
用意されていて、そっちを軸に考えていると、
ドン詰まりになって「キィィィィッ!」な気分になる。
それが面白いんだけどね。問題が実に秀逸である。

ちょいと地味にハマっている。こいつで、
三国志大戦DSが出るまでは楽しめそうだ。
[PR]

by netnetnet_78 | 2007-01-04 10:48 | 雑記


<< 夜勤をやってみたわけだが      ファンタジーアース・ゼロ「スキ... >>