2006年 12月 24日

テレビ感想「M-1グランプリ。チュートリアル優勝」

わたしはM-1が好きである。
漫才で1位を決める番組なのだが。

今年はチュートリアルが1位になった。
しかも、決勝戦では全員がチュートリアルに
投票するという圧倒的な勝利である。

個人的には「麒麟」が好きなので、ひそかに
応援していたが、3位だった。彼らは何というか、
永遠の3位というイメージがあるな。。。

会場の盛り上がりを見ていると、チュートリアルの
優勝は当然といえば当然かもしれないなー。

会場が盛り上がりまくっていたせいか、ネタの途中で
ボケ担当者が突然笑い出したが、あれは計算じゃないだろう。

おそらく、自分のネタに笑ってしまったんだろう。
相方のツッコミが焦っていたからねえ。
それくらい、ネタにノっていたということか。

審査員の誰かが「自転車のチリンチリンの話から
行きずりの女が出てきたのが最高」と言っていたが、
あのあたりは確かに見事だった。

別に「行きずりの女」や「インド旅行」という
単語やネタがイイわけじゃない。
話を一気に飛躍させたこと
を審査員は評価したのだろう。

ひとを笑わせる技術の一つとして、
話をポーンと飛躍させる手段がある。

Aという話について語っていたのに、いきなり話を
過激に飛ばすと、そこに笑いが生まれるのだよね。
ありえねーみたいな。

ただ単に飛ばせばいいというわけではなく、
飛ばしすぎると、次につながらなかったり、
お客がついていけなかったりとなかなか難しい。

こういう感じに話をエスカレーションしていくのが
おそらくは漫才の妙なんだろう。

島田伸介が途中で「小ネタばかりでパンチがない」
と評していたが、そのパンチがこれで、漫才全体の話として
いかに物語を盛り上げるかが
ポイントなのだろう。

この話の盛り上げが非常にウマかったのが、
前年度チャンピオンのブラックマヨネーズだったね。
つい先日も再放送をしていて見たんだが、ネタを
知っていても普通に腹を抱えて笑えたよ。すごいね。

おそらく、M-1を制するには、一発ネタの積み重ねや、
ハイテンションだけではムリなんだろう。漫才としての
面白さをいかに提示するか。それが重要なんだろうね。

と、誉めていたが、実はチュートリアルが優勝した
ロジックは理解できるのだが、私的には笑いのツボが
ずれているのか、それほど面白くはなかった。。。
観客のノリを見れば優勝は当然なのだがね。

個人的にツボったのは、シロウトコンビ「変ホ長調」。
あの淡々とした喋り方がじわじわとボディーブローの
ようにダメージを与えてくる。。。あの二人は、また見たい。

漫才師ごとにネタの傾向があるのでまとめておく。

・チュートリアル:ツッコミのネタふりにボケがずれた指摘をする。
 そこからツッコミがツッコんでいくという形。
・麒麟:ボケ役の声の良さを利用したアナウンサーや実況ネタ。
 声のイイほうがふざけたことを言って、ツッコミが返す。
・ブラマヨ:ブツブツがネガティブな発想をして、ハゲがそれに
 キレて打開案を出し、さらにブツブツがネガに返すを繰り返す。
・南海キャンディーズ:しずちゃんの外見的な特長を生かした、
 勘違い系妄想ネタ。山ちゃんのシュールなツッコミがポイント。

結局、漫才師といっても、さまざまな笑いのバリエーションを
もっているわけではなく、自分たちのコンビに応じたパターンを
見つけ出して、それを磨き上げる。それが自分たちとかみ合ったとき、
プロとして世に認められていくのだろうね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-12-24 22:10 | テレビ番組 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ファンタジーアース・ゼロ「戦争...      ニュース「ロッテ西岡を「恋人握... >>