2006年 10月 16日

連ドラ「のだめカンタービレ」千秋は良かったが

さて「のだめカンタービレ」である。
ワタシは原作を読んでいるので、
そのうえで感想を書く。

第一話は「連弾」の話である。

天才ピアニストの千秋は、担任と
ケンカしたために教室からハズされ、
音大のおちこぼれの「のだめ」と連弾を
するはめになる。そのやりとりを通じて、
千秋はのだめの才能を認める話。

脚本に関しては、こんなもんだろう。
今回と次回予告から察するに、原作の
エピソードをミックスさせながら展開するんじゃない?

今回は、登場人物について語ろうかな。

千秋ものだめもだが、外見上に違和感がない。
ほぼ完璧にイメージどおりである。

特に千秋を演じる玉木宏が完璧。
シブい声とかも含めて。あれはすごくイイ。

ただ、のだめのほうがイマイチかな。。。

ふにゃふにゃしたしゃべり方がどーも。
のだめらしいといえば「らしい」しゃべり方だけど、
なんか酔っぱらいみたいで受け付けない。

別にセリフ全体をふにゃふにゃにせんでも
イイと思うのだが。語尾を変にするとか、
奇声を発するだけでも充分じゃないかな。

なんつーか、演技がオーバーすぎて、
見ていて厳しいものがある。。。
見てたら慣れるのかしらん?

演技がオーバーすぎるといえば、
ミルヒーことシュトレーゼマンもキツいな。
つーか、こっちはシャレにならん。

竹中直人をあてている時点で覚悟は
していたが、うさんくさい外人役を
実にステレオタイプに演じている。

コレガー、ウサンクサイ、ガイジンデース!!
という感じなので、何か、キャラクター的な
深みを感じないんだよねー。。。

ワタシには竹中ミルヒーは、日本に出稼ぎに来て
夢やぶれて路上生活する中東の人にしか見えない。。。
やっぱ、田村正和のほうが良かったな。

あ、ヴィエラ先生は、もはや原作とは
別物です。100%外国人ですね。むしろ、
ヴィエラのほうを竹中直人のほうが良かったような。。。

という感じかな。個人的には、これもウケ悪そうと見る。
というのも、オーバーな演技が多すぎるので、
鉄板少女同様、あんまり一般受けしそうにない。

ファンからすると、竹中ミルヒーはキツすぎるだろう。
のだめに関してはどうかな? ワタシ的には厳しいが。
こっちは自信がないな。。。

そんな感じ。
今クールも月9は苦戦に一票。
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-10-16 22:51 | テレビ番組


<< 連ドラ感想「役者魂」は結構イイかも      スコールの原材料を見てみると >>