2006年 10月 14日

北朝鮮を見て銀英伝を思い出した

このエントリはアレである。

銀英伝をしらない人にはワケワカメだし、
銀英伝を知っている人が読んだら、
オニミキ暗殺指令が出るような内容である。

つまり。。。
将軍様がヤン・ウェンリーに見えてきた。

あ。石を投げないで。。。
自分でもわからないんだ。どうして
こんなことを思いついたのか。

銀英伝とは。。。
専制君主制を敷く銀河帝国と、
民主政治を掲げる同盟軍の戦いを描いた作品である。

銀河英雄伝説 Vol.1
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30711686

民には善政を敷き、不公平はただす
最高の専制君主ラインハルトは、衆愚政治に
道を失いつつある地球連邦の併呑に乗り出す。

同盟軍最高の知将ヤン・ウェンリーが
知略を駆使してその侵略に対抗するが、
果たせず、銀河帝国に敗北する。

最高の専制君主より最悪の民主制のほうが
まだマシと考えるヤンは、民主政治の思想を
守るため、主砲トールハンマーを備える要塞に
立てこもり、最後の抵抗をおこなう。

まー、そんな話である。
でだ、どうして、そこで将軍様を
思いついたかというと、だ。。。

最高の民主主義より最悪の社会主義のほうが
まだマシと考える将軍様は、社会主義の思想を
守るため、核兵器を搭載した半島に立てこもり、
最後の抵抗をおこなう。


なにを思ったんだろうねー。これがふと
閃いちゃったわけよ。なんでだ?
わからん。病んでいるのかな。

いや、ワタシはヤンがチョー好きなんですよ。
貶めようとかそういう気持ちは一切ないんです。
でも、なんでだろーなんでだろー。

ちなみに、将軍様がヤンなら、ブッシュがラインハルト?
これはこれで、オニミキ暗殺指令2が出そうだな。。。
ならば、ノムヒョンがボリス・コーネフかな。

そうか。。。そうだったんだ。
今、すべての未来が見えた!!!

ヤンこと将軍様は地球教こと中国に
テロにより暗殺されるんだよ!!!!

そして、敵を失ったラインハルトことブッシュの
心の空白を埋めるため、彼の忠実なる部下、
ロイエンタールこと日本が反逆するんだ!

ユリアン役はそう、あの人がイマスね。
将軍さまの、数年前に来日した息子さんが。

つまり!!!
銀英伝はこの極東アジアの未来を
予見していた本だったんだよ!!!!

NANNNDATTTTTEEEEEE!!!!









ホント。ごめんなさいm(__)m
ワタシ、偽りなく銀英伝大好きです。はい。
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-10-14 23:25 | 雑記


<< 連ドラ「鉄板少女アカネ!!」は...      テレビ番組「セーラー服と機関銃... >>