2006年 10月 13日

中日が優勝しましたね

ちょっと遅い内容だが。。。
中日が優勝しちゃったよ、と。

強いねー。いや、ホントに。

たらればの話は意味がないのはわかっているけど、
去年も交流戦の大コケがなければ優勝していただろう。
だとすれば3連覇。これはヤバい。

3年連続で優勝か、優勝してもおかしくない
成績を残し続けるってスゴイよね。監督が
変わるとこうも変わるものなのか。。。

優勝したときの落合の涙が印象的だったね。

落合はよくチームの雰囲気を意識してか、
「よそは気にしない発言」をしているが、
実際のところ、阪神の猛追のプレッシャーは
すごかったんだろう。

8月にマジックが点灯し、ゲーム差もかなり
広がっていた。セ・リーグは終戦ねーと
思っていたが、そこから落合が評するところの
「球史に残る追い上げ」を見せた。

スポーツ新聞で読んだところ、このあたりの
阪神の勝率は8割を超えていたそうだ。ホントか?

まー、最後は力尽きたが、最後の最後まで
セ・リーグを楽しませた点では良かったんじゃないかな。
最小ゲーム差2まで詰め寄ったのは上出来だ。

中日との直接対決に負けすぎたな。
特に山本昌ががががががが。何なんだあの人は。
老いてますます盛んという感じだね。

終盤の直接対決でノーヒットノーランしてくるか。
なんか、あの人一人に負けたような気分ががが。
そこで折れたと思ったけど、それでも猛追する
阪神の気合いと根性もスゴかったけど。

まー、2強時代がより鮮明になりつつある
セ・リーグだけど、来年から大丈夫かねー。

ほら、来年からプレーオフ導入でしょ?
今年の展開、普通につまらないんだが。1位と2位は確定。
ゲーム差が離れまくった3位と4位だけが必死になる。。。

僅差のゲーム差なら、プレーオフも
納得できなくはないがねー。。。

阪神、直接対決で中日に勝てる気がしないんだが。

ま。来年の展開を見てからかな。
やるのは決定しているからねえ。

ところで、阪神の片岡が引退したんだが、
引退セレモニーが実にイイ感じだったね。

中日の選手である親友の立浪から花束を渡され、
最後の胴上げに中日の選手がまざっていた。

片岡的には親友の前で引退試合ができたのは
よかったんじゃないかな。

こういう他チームの人も引退セレモニーに
参加するのって、あんまり見ないけど
なかなかイイね。もっと増えればいいのに。

あんまり阪神では活躍できなかったけど、
彼と挨拶を交わす選手たちの顔を見ると、
彼が裏側でどれだけ貢献していたかよくわかる。
うん。彼も確かに、阪神の一員だった。
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-10-13 21:01 | 雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< テレビ番組「セーラー服と機関銃...      テレビ番組「嫌われ松子の一生」... >>