2006年 10月 12日

テレビ番組「嫌われ松子の一生」にガックリ。。。

そろそろ見たいドラマが始まりだしたので、
その感動をボチボチと書く。

今回は「嫌われ松子の一生」。

嫌われ松子の一生
http://www.tbs.co.jp/kiraware-matsuko/

小説で出版され、映画化され、ついにドラマ化。
これは期待できませんかね? ちなみに、読書好きの
ワタシであるが、嫌われ松子はまだ未読である。
何年も前から読みたいとは思っているんだが。。。

56歳で他殺死した川尻松子さんの
転落人生を描いたストーリーとなっている。

話は昭和48年、30年前にさかのぼる。
松子は美人で生徒にも人気のある中学教師で23歳。

第一話から彼女の転落人生がはじまる。
でねー。なんだかねー。微妙だった。。。
なんというか、盛り上がらないというか。

なんでだろうねー。マジでわからないんだよ。
1.エロ校長にダマされ襲われそうになる。
2.修学旅行で教え子が旅館の金を盗んだと疑われる。

などなど。いろいろと事件は起こっているんだよ。
でもなんか、見ていてハラハラ感もなにもないんだよな。
なんでだろーなー。。。

今考えても、何で盛り上がらなかったのかわからない。
ブラウン管ごしに絵が流れていただけというか。

唯一面白かったところは、
金を盗んだ泥棒犯と疑われ、その場の勢いでうっかり
「ワタシが犯人」と言ってしまうところか。

教え子が自分は犯人じゃない、と言い返すので、
松子さんは事件をうやむやに終わらせるため、
返金しようとする。

返金したところ、旅館職員に「犯人の生徒を出せ!」と
詰め寄られてしまう。そのまま、テンパってしまい、
「犯人は生徒じゃない」と言ってしまい、さらに突っ込まれ、
「犯人はワタシです」と土下座してしまう。

ねーよ!

その展開はちょっと強引すぎるが。。。
一気にエスカレートしていく持っていきかたは
それなりに面白かったかな。ドラマに強引さは必要。

でもまー。。。別にそれほどうわなにをするやめr
第一話は序章のようにも思えるので、これからか。
あんまり期待できない感じだけど。。。

あと、どーも、バックミュージックがなー。。。
「In The Mood」っていうんですか、あれ?

テレレレン♪ テレレレン♪ テレテレテレン♪ テッテー♪
ってやつ。あの古き日本という感じの風景に
パリな感じの曲がまったくあってないんだが。

ハズレの雰囲気をちょっと感じちゃう。
コトーみたほうが良かったかな。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-10-12 23:40 | テレビ番組


<< 中日が優勝しましたね      エンジニア★流星群『理系の人々... >>