2006年 09月 21日

DSのFinalFantasyIIIは面白いのです

ワタシはFC版をやっていないだが、
DSのFinalFantasyIIIは面白い。

個人的によいなーと思うのは。。。
・PS1程度のレベルはあるグラフィック
・濃すぎず薄すぎないキャラクターの個性


というところかな。

グラフィックなのだけど、
DSでここまでやれるのかよ!?
という感じである。

別に超美麗とかいわないけれど、個人的には
DSでやれるだろう、と思っていたレベルを越えていたので、
チョービックリ。
え? わたしの見識が甘い? ソンナバカナ。。。。

キャラからフィールドまでフルポリゴンであるため、
実にPS1ライクな雰囲気が漂っている。ゆえに、
PS1レベルは保証されているかと。

ROMカードリッジでCDソフトレベルは
ちょっとビックリしたねー。


で、肝心の内容。RPGとしてのゲームバランスは
非常によく、ジョブチェンジシステムもあって、
普通に面白いと思う。

いくつかの壊れジョブがあるけどねー。
吟遊詩人とか吟遊詩人とか吟遊詩人とか
吟遊詩人とか吟遊詩人とか吟遊詩人とか。


そのあたりは触れるつもりはないので置いといて、
自分としては話をいろどるキャラクターの設定が
わりと気にいったかな。

FC版ではただの「みなしご」だったらしいが、
DS版ではキャラクター設定がなされている。

個人的には、このキャラクター設定がクドすぎず、
かといって薄すぎず、という感じで非常によい。


ゲームの最中にいろいろとミニイベントがあって、
キャラクターはそこで性格に応じた反応を見せる。

トードの魔法でカエルになると聞いて落ち込む少女や、
「僕は勇敢なところを見せる!」と言って、村を出たくせに
「やっぱ無理。一緒にきて」と言う少年やら。
ほんと、彼にはがっかりだった。。。

こういう小さなイベントで見せる小さな仕草が、
実にキャラクターに個性を持たせて楽しませてくれる。
かといって、別に重厚なストーリーが展開されるほど設定が込み入ってないので
ゲームの進行を止めることもない。

ポリゴンによる暖かみのあるキャラクター。
クドすぎじ、さっぱりとしたイベント。

最近のFFの指向を薄めた感じがするけど、
ゲームとしてはこれくらいでいいかなーと
思うんだよね。ワタシはゲームには映画化を求めない人なので。

さじ加減が非常によいゲームと思うので、
おすすめでございます。

DSで出るほかのRPGにプレッシャーになるよな。この完成度は。。。
不用意なものは出せないよ。出しちゃうと。。。フフフ。。。

おまけ。
ちなみに、ワタシの最終PT構成は。。。
忍者、吟遊詩人、赤魔導士、導士。
全員後衛配置で、被ダメージを減らしている。

役割は。。。

忍者。
PTのフォワード。ニンジャはFC版よりも
弱いので、実はシーフでもよい。DS版では何げに
シーフが戦士並みに強かったりする。。。

吟遊詩人。
PTのファンタジスタ。味方のHPを回復する唄、
相手がボスだろうとHP1割を確実に削る唄、
と楽器を持ち替えて歌いまくる。この人のおかげで、
回復魔法を使うことはほとんどない。

導師。
PTのゴールキーパー。ゴーレム要因1。
ゴーレムの杖を二刀流にして二人で攻撃すると、
相手を確実に殺せるという脅威の技の使い手。
唄で回復が間に合わないなら、長老の杖でケアルラ連発。
仲間が事故死したときのため、アレイズも完備。

赤魔導士。
PTのディフェンダー。ゴーレム要因2。
何げにエクスカリバーが装備できるので第2アタッカー。
導師の回復が間に合わないときなどのサブヒーラー。
PTの縁の下の力持ち。地味ながらいないと困る。
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-09-21 23:29 | 雑記


<< 「子供の問いかけ難題20」へ解...      自民党の新総裁は安倍氏 >>