2006年 08月 15日

ニュース「靖国参拝を考えてみた」

さて、小泉首相が靖国参拝した。
ワタシは参拝賛成派なのでメデタイ限りである。

> <首相靖国参拝>小泉首相、靖国神社に参拝
http://www.excite.co.jp/News/politics/20060815074400/20060815E10.004.html

が、だ。
ここで少し冷静に考えてみたいのだが。。。

ワタシを含めて、参拝賛成派という人たちで、
「靖国だから賛成」という人はどれくらいの
割合なんだろうか?

靖国参拝を巡る問題は、ここ数年で
鎮魂という意味を越えているように思える。

参拝支持者が賛成をする理由は、どちらかというと、
「靖国うんぬんというより、日本の首相の行動に
 外国から文句をつけられることにムカツク」

という意図のほうが大きいのではないだろうか。

つーか、ワタシがそうなんだがwww

実際問題として、「靖国」それ自体に何かしらの
愛着があるわけではない。参拝も行ったことはない。
東京在住ではないので、たぶん行くことはないだろう。

単に日本の主権の主張をする道具として、
「靖国参拝」というものが争点となり、象徴となっている。
ゆえに、参拝を支持するだけである。

A級戦犯の分祀という提案も、死者の居場所を勝手に動かす
ことに対する嫌悪感はあるが「靖国」に祭らなければならない
という強固な意志はない。

分祀してもいいのだが、そうすると外圧に屈したみたいでイヤだから、
しゃくに触る、というのが本音であるw

てか、こういう人、けっこう多いんじゃないかなー。

参拝を支持するヒトは、自分に問うてみよう。
もし、中韓がクレームをつけなければ、自分はこれほど、
首相の靖国参拝を熱望するだろうか?

そうすれば、少なくとも靖国参拝を政治的な側面から
少しは切り離せるんじゃないかな。

靖国は魂を祭る場所であって、政治的なパフォーマンスとは別。
靖国参拝を賛成するならば、自分がなぜ、そうするのかを
明確に意識したほうがいいんじゃないかな。

でないと、いろいろなものがゴチャゴチャになって
本質を見落としてしまうからね。

・日本の主権を主張すること
・靖国に祈りを捧げること
・過去の戦争を肯定すること

これらは、すべて別々の問題であって、
決して、同じものではないのだから。

何が言いたいかというと。。。






> 朝日新聞社の取材、靖国神社が拒否
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060815k0000e040066000c.html

靖国、GJ!w
このややこしい時期に職員寮の地図を掲載する意図を教えてくれ、朝日。
明日の一面で掲載ヨロシクw
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-08-15 21:55 | 雑記


<< 下北サンデーズがよかった。先週...      「激しくテニプリ最終回特集」だ... >>