2006年 07月 23日

当然じゃないのか?「<高校野球>監督が故意の三振指示 秋田大会準決勝 」

今回のお題はこのニュース。

<高校野球>監督が故意の三振指示 秋田大会準決勝
http://www.excite.co.jp/News/society/20060723010700/20060723M40.132.html

こういうことらしい。

> 問題のプレーは、本荘が12―1とリードした七回表の攻撃中、
> 1死二塁の場面で起こった。県高野連によると、尾留川監督が
> 打者に三振するよう指示、打者は明らかなボール球を空振り三振した。
> 県高野連は、本荘の野球部責任者を呼び「アンフェアな
> プレーがないように」と指導した。しかしその後、三塁に進んだ走者も
> 本盗を狙ってタッチアウト。七回裏の秋田は無得点で、
> 本荘は七回コールド勝ちした。

で、これに対して、高野連がフェアプレーの指導と
始末書の提出を求めたそうだ。

負けた側の監督は
> 「負ける以上の屈辱だ。最後まで正々堂々とやりたかった」
という伝説の名言を残している。

何が言いたいかというと。

君たちの言いたいことが良くわからんということだ。
どこが正々堂々じゃないんだ?

今回、勝っている側が
降雨で流れることを怖れて自分たちの
攻撃を放棄した。それがフェアプレーではないらしい。

ワタシはスポーツマンではないので、スポーツは
よくわからないんだが、これ、そんなにダメなの?

そら、わざと相手と交錯して故障を狙うとか、
故意にデッドボールをぶつけるとかは論外である。

それは相手に迷惑を掛けるから。
相手の選手生命をつぶすかもしれないからね。
危険なプレイはいけない。

が、だ。
今回は、相手に迷惑を掛けていない。
単に自分たちの攻撃のチャンスを放棄しているだけだ。

スポーツとはいえ、勝つためにベストを
尽くしているのだから、もっとも勝利に貢献できる手を
うつのが当然じゃないのか?

一発勝負で、しかも11点差をつけた試合を流されたら、
監督も選手もたまったものじゃないだろう。

わざと三振、わざとアウトは
「見ていて見苦しい」というだけで別に問題ない。
彼らはプロじゃないから、泥臭くていいんだよw

と切り捨てるワタシは性格が悪い?
何て事を言うんだ!!!

やっぱ、正々堂々しないとダメだよね!
うん! 正々堂々! 正々堂々でいこう!
正々堂々サイコー!!!!

ゲブランド兵オニミキは正々堂々な戦いを愛します。
ホントだよ?w
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-07-23 21:11 | 雑記


<< 三国志大戦2「わたしの資産」      三国志大戦2「貴様等それで終わ... >>